スポンサーリンク

【MLB2020】アリッサ・ナッケンがMLB史上初の女性コーチへ!ジャイアンツのアシスタントコーチに(追記あり)

ゲーブ・キャプラーの有言実行

 現地2020年1月16日、サンフランシスコ・ジャイアンツは新体制のゲーブ・キャプラー監督の下、アリッサ・ナッケンさん(Alyssa Nakken)をアシスタント・コーチとして就任することを決定しました。

 MLBレベルでの女性コーチ就任は史上初になります。

 ゲーブ・ケプラー監督は2019年12月のウィンター・ミーティングにおいて過去の慣例にとらわれないことをやると宣言。今回、アリッサ・ナッケンさんがユニフォームを着ることになり、それを有言実行しました。

監督付アシスタント・コーチへ

 アリッサ・ナッケンさんが就任するポジションは”an assistant under manager”、日本語だと監督付アシスタントコーチというところでしょうか。

 任務は“developing, producing and directing a number of the organization’s health and wellness initiatives and events.”

 日本語だと表現が難しいのですが、ジャイアンツ内の多岐にわたるヘルスアンドウェルネスの推進を先頭をきって行う役割というところのようです。

コンディショニング・コーチに近いか?

 「ヘルスアンドウェルネス」というと日本では「健康増進」ということでメディカル系やそれ以外の業界の会社においても人事の福利厚生的なイメージのポジションを想像するのですが、彼女はベンチにも入るはずです。当てはめることが適正かどうか現時点では不明ですが、我々の理解できるところで言えばコンディショニング・コーチに当たる仕事ではないか?とも思います。

 選手にヘルシーな状態を提供するということをメインに立ち回り、作戦面などはノータッチということかもしれませんね。

 なおゲーブ・キャプラー監督は勝つクラブとしてクラブハウスでの良いカルチャーづくりに彼女の力を貸してもらいたいとも話しています。

新鮮さでMLBを先導して欲しい

 今現在エレクリカル・デバイスを使用したサイン・スティーリング・スキャンダルで、もめにもめているMLBゆえ、彼女の存在は一筋の光明を見出してくれれればよいなと思います。コンディショニングの範疇がメンタルの部分も含むなら、ジャイアンツが正々堂々とゲームする組織であるという、ちょっとした内部監査的な役割にもチャレンジしてくれたら嬉しいなとファンとしては思います。そこまでの範囲ではないかもしれませんが。

 そして彼女のソフトボールでの輝かしいキャリアは現場の理解に大いに役立ちそうです。

ジャイアンツのコーチ陣

 一応、ジャイアンツのコーチング・スタッフを記載しておきたいと思います。

  • マネージャー: ゲーブ・キャプラー(Gabe Kapler
  • ベンチ/インフィールド・コーチ : カイ・コレア(Kai Correa
  • ヒッティング・コーチ:ドニー・エッカー(Donnie Ecker)/ ジャスティン・ビーレ(Justin Viele
  • ダイレクター・オブ・ヒッティング/アシスタントコーチ: ダスティン・リンド(Dustin Lind
  • ピッチング・コーチ: アンドリュー・ベイリー(Andrew Bailey
  • ダイレクター・オブ・ピッチング・コーチ:ブライアン・バニスター(Brian Bannister
  • アシスタント・ピッチング・コーチ: イーサン・カッツ(Ethan Katz
  • 1B/OF/ベースランニング・コーチ:アントアン・リチャードソン(Antoan Richardson
  • 3Bコーチ: ロン・ウォタス(Ron Wotus
  • ブルペン/キャッチング・コーチ:クレイグ・アルバーナズ(Craig Albernaz
  • ブルペン・キャッチャー:植松泰良(Taira Uematsu
  • MLBスタッフ/リプレー・アナリスト: ショーン・ダンストン(Shawon Dunston
  • MLBアシスタント・コーチ:マーク・ホールバーグ(Mark Hallberg
  • MLBアシスタント・コーチ:アリッサ・ナッケン(Alyssa Nakken
  • クオリティー・アシュアランス・コーチ: ニック・オルティズ(Nick Ortiz
  • バッティング・プラクティス・ピッチャー: ジョン・ヤンドル(John Yandle

ナッケンさんのキャリア

 アリッサ・ナッケンさんは年齢はほぼ30才。ほぼというのは生年月日が1990年か1991年生まれかまだ情報が明らかになっていません。2008年にカリフォルニアの高校を卒業。USC(University State University of Sacramento)のソフトボールチーム、サクラメント・ステート・ホーネッツで1Bを守っていました。リーグの優秀選手に与えられるオール・カンファレンス・プレーヤーに3度選出。さらにアカデミック・オールアメリカンにも4度選出された逸材。学位も心理学を取得しています。

 2014年にインターンとしてジャイアンツに関わりはじめ、今回の抜擢となっています。

過去、NFLでは実例あり

 なおNFLでは過去すでに女性コーチが何名か誕生しており、たとえば49ersはオフェンシブ・アシスタントとしてケイティー・ソワーズさんを採用しております。

追記:サマーキャンプで1Bコーチ

 現地2020年7月20日、ジャイアンツのサマーキャンプのイントラスクアッド・ゲーム(紅白戦)で、アリッサ・ナッケンは1Bコーチを経験。

 アマチュア時代にはその経験もあったのですが、MLBのゲームでは自身もちろん初。そしてレギュラー・シーズンで1Bコーチに就けば、史上初めて女性コーチが就くことになります。

 しかし、上述のように彼女はアシスタント・コーチでいわばコンディショニング・コーチに近い役割を担っていますから、公式戦では就くことはないと思われます。

 ジャイアンツ、とにかく良い意味で目立ってほしいですね。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました