スポンサーリンク

【MLB2021】ジャレン・デュランがメジャー初HR!

レッドソックス

打線に火をつける一発

 現地2021年7月19日、レッドソックスのルーキーで、クラブ内NO.3プロスペクトのジャレン・デュラン(Jarren Duran)がブルージェイズ戦でキャリア初HRを放ちました。

ジャレン・デュランとは 

 簡単にこのルーキーについて記しておきたいと思います。

ジャレン・デュラン(Jarren Duran)は1996年9月5日生まれの24才(現地2021年7月19日時点)。右投げ左打ちの外野手で、ドラフトは2018年のレッドソックスの7巡目指名。カリフォルニアのロングビーチ大学出身。身長は非常に高く見えるのですが、188cmです。

 21才でプロ入りしたデュランは、2018年のドラフト後、ルーキー・リーグを経ることなくクラスAマイナスに。さらにこの短い期間にクラスAにも上がりました。クラスAでは30試合で打率.367、HR 1。

プエルトリコWLで開眼

 2019年にはダブルAまで昇格。ダブルAでは打率.250、OBP .309、SLG .325、HR 1。2020年はマイナーがキャンセルとなり、実績はなし。しかし、プエルトリコのウィンターリーグに参加し、打率.400、OBP .500、SLG .640、HR 1をマーク。カリビアン・シリーズにも参加しました。

 もともとコンタクトには定評のある選手でしたが、プエルトリコのウィンターリーグで開眼という感じで何かを掴んだようです。

 2020年はコロナ禍によりトレーニングサイトでじっくりと時間を過ごしましたが、いろいろな面で向き合うことができたのがよかったのではないかと思います。おそらく、J.D.マルチネスとも交流があったはずで、もはやコーチ級に信任の厚いJ.D.からのアドバイスがあったと思われます。

トリプルAでHRも増加

 さらに注目を浴びたのは2021年のスプリング・トレーニング。24試合に出場し、47-16、打率.340、OBP .367、SLG .702、HR 3、RBI 7をマーク。開幕メジャーをとの声もありましたが、まずはトリプルAで実績をということで、開幕ロスターには入らず。

 5月から始まったトリプルAでは打率.270、OBP .365、SLG .561、HR15、二塁打8、RBI 32。もう長打も期待できる存在になりました。

1AB、1st Pitch、1st Hit

 現地2021年7月16日の後半戦スタートでメジャーにコールアップ。

 現地7月17日、レッドソックスがヤンキースに6回降雨コールドで1-3で敗れ、アレックス・ベルドゥーゴがファンにボールをぶつけられたあのゲームでメジャー・デビュー。

 このゲームはなかなかハードでしたね。アンパイアーから何からなかなか厳しい1日となりました。

 ジャレン・デュランは初打席でゲリット・コールと対峙し、初球を見事に弾き返し、メジャー初ヒットを記録したのでした。スタンドにいたお父さんの鍛えられた体格にも注目が行ってしまいました。  

打線シャッフルでジャレン・デュランを2番に

 ジャレン・デュランがデビューを果たした17日のヤンキース戦はある意味、事故のようなゲームでしたが、それでもゲリット・コールのファストボールを前に、打線は沈黙。

 さらに翌日の18日のゲームではジェイムソン・タイヨンに6回途中、4安打に抑えられ、またも打線が沈黙。後半にはリリーバー(ダーウィンゾン・ヘルナンデスが4失点)が、打ち込まれて1-9の完敗。

 アレックス・コーラ監督は一部、休養させる選手をつくりつつも、打線をシャッフルすることに決めて臨んだブルージェイズ戦でした。

 そしてジャレン・デュランを2番に置いたのが正解でした。

6-1も内容のある打撃で高評価

 ジャレン・デュランはこの日は6-1。第1打席でHRを放った後は、3Bライナー、2Bゴロ、三振、三振、3Bゴロで1打席目しか結果は出なかったのですが、意図した打席にコーラはじめ首脳陣はかなり納得。

BOS、初回に8得点 

 そして2番のデュランの一発をきっかけにレッドソックスはハンター・レンフローにグランドスラム、さらにキケ・ヘルナンデスにも2ランHRが出て、初回に8得点。デュランが打線に火をつけました。

 その後、レッドソックスは2回にラファエル・デバースにソロHR、4回にはダニー・サンタナにソロHR、6回にはキケ・ヘルナンデスにこの日2本目となるHRが飛び出し、合計13得点。

 先発のニック・ピベッタは7回途中で被安打11というのが気になるポイントでしたが、失点4で抑えて、今季8勝目。

 レッドソックスが13-4でブルージェイズを下し、また2位レイズも敗れたため、ゲーム差を拡げました。

 ジャレン・デュラン、玄人目にかなり受けがいいので、期待ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました