スポンサーリンク

【MLB噂2022】ラファエル・デバースは「生涯レッドソックス」となるような超長期の契約を希望

デバースとの契約延長

 現地2022年4月13日、ヤンキースとの3連戦、タイガースとの3連戦の開幕2カードを、それぞれ1勝2敗、2勝1敗で過ごし、3勝3敗で勝率5割のレッドソックス。

 次は現地15日のジャッキー・ロビンソン・デーから始まるツインズとの4連戦で、これはフェンウェイでのホーム・オープニング・シリーズです。

 その次が打撃がセンセーショナルなトロントとの3連戦(19日から21日@フェンウェイ)、さらに前年も苦戦したレイズとの3連戦(22日から24日@タンパ)、そして再びトロントと今度は4連戦が控えています(25日から28日@トロント)。このレイズ、トロントとの10連戦が今季の実力を測るシリーズになりそうです。

好調デバース

 まだまだ本調子とは言えないレッドソックスの中で打撃の中心となっているのは、3Bで25才(現地2022年4月14日時点)のラファエル・デバース。

Rafael Devers Stats | Baseball-Reference.com
2022: 1 HR, .346 BA, 5 RBI,Career: 113 HR, .280 BA, 372 RBI, 3B, AllStar, RedSox 2017-2022, b:L/t:R, 1x 2B Leader, born in Dominican Republic. 1996

 6試合で、打率.346、OBP .370、SLG .577、OPS. 947、2塁打3、本塁打1、RBI 5。

 打席でのあの構えがなんとも言えません!

2022年は調停を避けてサイン

 今季のデバースのサラリーは、1年/$11.2M(2022)。これは3月22日に調停を避けて、サインしたもの。前年が$4.575Mで、今季の予想では$10.5Mという数字が出ていた中、そのレンジより上の数字でオファーされ、サインしました。

 2022年1月時点でのデバースのMLSは4.070。このまま怪我なく過ごせば、2023年終了後にFA資格を得ます。

 そこで出ているのが、ラファエル・デバースの契約延長のお話であるのはご承知の通りです。

1度目のオファーは昼と夜の差

 シーズン前、レッドソックスはラファエル・デバースに契約延長の話をオファーしました。この件は、具体的な期間、金額は明かされておりません。

 ただし、「昼と夜の差」があったと言われているほど、両者の間に大きな開きがあったのは事実のようです。

デバースは生涯レッドソックスでいられる超長期を希望

 レッドソックスがオファーしたのは、デバースが考えていた期間の半分、そして金額にして$100M以上の開きが合った模様。

 デバースが求めていると言われているのは、「生涯レッドソックスで」いられるくらいの期間と金額。こちらも具体的には明かされてはいませんが、今季25才のシーズンを過ごすデバースですから、これは筆者の推測ですが、35才のシーズンはもちろん、37-38才くらいまで、ひょっとしたら、40才くらいまでの設定を求めているのではないか?と思われます。

40才はともかく、35才+2年で計12年くらいのラインを求めているのではないか?と、あくまで筆者の推測ですが、そう思います。

大型ディール例

  過去にまとまった大型ディールとして、例えば今オフでは、レンジャーズとコーリー・シーガーのケースがあります。28才のシーズンのコーリー・シーガーは、10年/$325Mでレンジャーズとサイン。38才までのシーズンまでの契約。

 2021年2月17日、パドレスはフェルナンド・タティス・Jr.と14 年/$340M (2021-34)でサイン。2021年は22才のシーズンであったタティス・Jr.の場合、35才のシーズンまでの契約となります。同じドミニカ共和国の出身ゆえ、意識しているところはあるかと。

 その他、野手の大型契約をあげますと、ご覧のようなディールがあります。

PLAYERYearValueAAV
1. M・トラウト /LAA12$430M$35.8M
2. M・ベッツ/ LAD12$365M$30.4M
3. F・タティス・Jr./ SDP14$340M$24.3M
4. B・ハーパー/PHI13$330M$25.3M
5. G・スタントン/MIA13$325M$25M

 これらから類推すると、デバースは10年から12年/$300Mくらいで考えていたのかもしれません。

 ところがレッドソックスがオファーしたのはその半分ほどであると考えた場合、選手のピークを少し過ぎた32才くらいまでだとしたら、7年/$150M-180Mくらいのオファーだったのかもしれません。下手をすると、5年のオファーだったかも(あくまで筆者の邪推です。すみません)。

ボガーツにはスラップ・イン・ザ・フェイスのレベル

 なお、デバースの友人でもあるSSのザンダー・ボガーツは、2019年4月に下記の契約でサイン。

  • 6年/$120M (2020-25)+ 2026 オプション
    • $20M/2020-2025
    • $20M/2026 (2025シーズンに535PA達成、尚且つ2025シーズン終了後にヘルシーであるなら、この金額で保証)
    • プラスAwardボーナスあり
    • 2022シーズンオプトアウトあり!

 ボガーツの場合、2022年終了後にオプトアウトがあるのです。

 今季29才のシーズン(1992年10月1日生まれ)のボガーツにとって、このオプトアウトは選手寿命を左右しかねないので非常に重要です。これを機に現状の契約を上書くのも可能。レッドソックスがシーズン前にオファーしたと言われているのが、オプションの設定であった2026年の1年分の追加のみ。その1年は$30Mのサラリーであると。

 このオファーは、Slap in the face(スラップ・イン・ザ・フェイス)、顔面平手打ちレベルのオファーであったとも揶揄されています。ボガーツ自身も思っている額と$100Mのギャップがあった言っています。

 ボガーツはオールスター出場が3度、シルバースラッガー賞受賞が4度もあります。

シーズンに専念

 なお、デバースはシーズン中に契約の話はしたくないと言っており、とにかくシーズンに集中する姿勢を見せています。

 よって、この半年の間にレッドソックスがどこまでコンセプトを変えられるのか?これはハイム・ブルーム・ベースボール・オペレーション社長の意向というよりはオーナーの意思、理念次第ということになりそうです。

 これが案外いい加減なところがあって、かつてエイドリアン・ゴンザレスとカール・クロフォードの2人を獲得したことがあって、その理由がNESNでの視聴率アップを狙って、ビジュアルのいい2人を獲得したという前科があります。当時はテレビの位置づけが重要だったんですね。今は違いますね。本物志向でないと受け入れられない時代です。

  お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました