スポンサーリンク

【MLB2023FA】2年連続好救援のアンドリュー・チェイフィンは古巣Dバックスへ復帰

FA左腕の「残り福」リリーバーは結局、古巣へ

 現地2023年2月11日、FA左腕リリーバーのアンドリュー・チェイフィン(Andrew Chafin)のディールが決定。古巣Dバックスに復帰となりました。

 アンドリュー・チェイフィンは、2022年3月にFAとしてデトロイト・タイガースと2年/$13M(2022-2023)でサイン。この契約には2022年終了後にオプトアウトがついており、アンドリュー・チェイフィンは今オフにこれを行使し、FAとなっていました。なお、このオプトアウトにはイニング数などの条件は一切ついておらず、動向はチェイフィンの一存ということになっていました。

 狙い目左腕リリーバーで、レッドソックスにぜひとも!と、こっそり思っていたのですが、沈黙も無に終わり、Dバックスとのディール成立ということに。

契約内容

 今回のディールも前回同様、ショート・タームとなりました。

  • 1年/$6.25M (2023) 保証+ 2024 クラブオプション
    • $5.5M (2023)、$7.25M(2024) クラブ・オプション($0.725Mバイアウト)
    • パフォーマンス・ボーナス:$1M ( 55試合登板で)

 前回の契約では2022年のサラリーは$5.5Mで、オプトアウトしなければ2023年は$6.5Mと設定。よって、今回の契約の2023年のサラリーはバイアウト分も含めて若干ダウンというところ。

 チェイフィンのエージェントはMeister Sports Management (マイスター・スポーツ・マネジメント)。もうちょっと頑張ってもらいたかったなというのが部外者から見た感想でもあります。

2年連続高品質ERAを実現

 そこまで考えてしまうのは、アンドリュー・チェイフィンの直近2年の素晴らしいパフォーマンスがあるからです。

2021年、カブスでの投球

 2021年、シカゴ・カブスで開幕を迎えたアンドリュー・チェイフィンは、開幕後2試合ほどリリーフに失敗したゲームがあったので、4月のERAは4.22と数字的には跳ねましたが、その2試合を除いては完全に抑えきってはおりました。

 5月に入ってからはエンジン全開となり、13.2イニングで失点は1。ERAは0.66と一気に品質を上げました。さらに凄みを増したのは6月。イニング数は9.2と減りましたが、失点は0で当然、ERAは0.00。

 7月に入っても好調をキープし、無失点リリーフを続けていましたが、カブスでの最後の登板となった2021年7月24日のDバックス戦で、アウトを取れずに3失点し、4月24日以来の敗戦がつきました。

 この好リリーフが目立ったアンドリュー・チェイフィンに白羽の矢を立てたのはオークランド・アスレチックスでした。

2021年、アスレチックスでの投球

 2021年のアスレチックスは、開幕6連敗の後、4月9日から4月24日まで13連勝をマークするなど結果的に4月の猛ダッシュに成功。4月20日に首位に立つと、途中5月20日に1日だけ首位をアストロズに譲ったものの、翌日にはすぐに挽回。6月20日まで首位をキープしたのでした。

 その後もアストロズと競り合い、ポストシーズンが見えてきたことからトレードデッドラインで、アンドリュー・チェイフィンを獲得。

 良い補強ではあったのですが、アスレチックス自体に余力が残っておらず、7月は11勝13敗で負け越し。8月は14勝12敗と勝ち越しはしたものの、月半ばからは5勝10敗と苦しい展開に。9月に入ってからも4度の3連敗を喫するなど、マリナーズにも抜かれて結局は3位となり、ポストシーズン進出とはならず。

 アスレチックス移籍後のチェイフィンは、28試合、29.1イニングで2勝2敗、ERA 1.53をマーク。

 2021年は、71試合、68.2イニングで2勝4敗、ERA 1.83、SO9は8.4、BB9は2.5、HR9は0.5という数字でした。

 2022年、デトロイトで投げることになったチェイフィンは、64試合、57.1イニングに登板し、2勝3敗、ERA 2.83をマーク。SO9は10.5、BB9は3.0、HR9は0.8でした。

 この2シーズンは素晴らしい出来だったと思います。

古巣、Dバックスへ

 これほどの数字を残しているアンドリュー・チェイフィンですが、獲得競争に熱が帯びることは殆どなく、1月にカブスとメッツが関心を示した程度でした。

 2022年は大きな怪我もなく、競り上がらなかった理由も今ひとつ不明なところがありますが、強いて挙げるとするなら、2023シーズンは33才であり、直近2年で連続して60試合以上に登板していることから、その疲れを懸念しているのかもしれません。

 そのアンドリュー・チェイフィンは、もともとは2011年のDバックスの1巡目指名の投手。デビューは2014年で、2020年のシーズン半ばまで在籍しておりました。 

 今回は古巣への復帰ということで、力のあるプロスペクトが多数いる中で、チームがどこまで持ちこたえるのか、チェイフィン自身もベテランの力でポストシーズン進出に貢献していくということになりました。

 Dバックスがコンテンダーとならない場合、またトレードデッドラインで動くかもわかりませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
タイトルとURLをコピーしました