スポンサーリンク

【2018】トレードデッドライン終了!サプライズはB・ドージャー

現地2018年7月31日16時でウェーバー公示なしで選手をトレードできる期限(トレード・デッドライン)が終了しました。

駆け込みで決まった選手は・・・

サプライズはB・ドージャー

ツインズのブライアン・ドージャー( Brian Dozier )のドジャース入りが決定しました!

ドジャースはもう悲願とも言っていいくらいにラブコールを送り続けてきた選手だったのですが、ただ、今トレードデッドラインでは動かないと思っておりました。ツインズ自体もまだまだ上を狙える訳ですから。

ですので、このトレードは虚をつかれたようで驚きました。

ドジャースは2018シーズン前にブライアン・ドージャーにアタックし続けたにもかかわらず、ディールならず。代わりにレイズからローガン・フォーサイスを獲得するに至ったのですが、今回は交渉が成功したようです。

ツインズへの交換要員はそのローガン・フォーサイスLogan Forsythe)です。

ブライアン・ドージャーとは

ブライアン・ドージャーは今季打率.224、OBP .305、SLG .402、16 ホーマー。ゲーム勘のある選手ですので、グランドにいると非常に頼もしい存在です。

ドジャースはさらにブルージェイズとの交渉もまとめました。

LAD、アックスフォードも獲得

リリーバーのジョン・アックスフォードJohn Axford )を獲得です。ブルージェイズには24才右腕のコーリー・コッピン(Corey Copping)が動きます。ジョン・アックスフォードは今季、45試合、51イニングを投げ、ERA 4.41、K/BB ratio (Strikeout to Walk ratio)は50K/20BBで2.5。

K/BB=奪三振÷与四球

制球力を図る指標の1つ。優秀な投手は3.50を超えるケースが多い。

ジョナサン・スコープも動く

オリオールズのジョナサン・スコープJonathan Schoop)も動きました。ブルワーズに決定です。オリオールズは内野手のジョナサン・ビヤー( Jonathan Villar) とマイナーリーガーの22才の右腕ルイス・オルティス(Luis Ortiz)、18才のSSジーン・カルモナ( Jean Carmona)を獲得しています。

ジョナサン・スコープとは

ジョナサン・スコープは現在26才。 今季は打率 .244、OBP .273、SLG .447 、17 HR、 40 RBIを記録しており、もうメジャーの内野ではお馴染みと言っていい選手ですね。

BALからケビン・ゴーズマンも

そんな解体状態のオリオールズですが、さらにケビン・ゴーズマンKevin Gausman)とダレン・オデイDarren O’Day)のトレードも決まりました。移籍先はナ・リーグ東地区の首位争いをしているブレーブス

ブレーブスからオリオールズには23才のキャッチャーのブルット・カンバーランド(Brett Cumberland)、23才の右腕エバン・フィリップス( Evan Phillips)、 左腕ブルース・ジマーマン(Bruce Zimmerman)、内野手ジャンカルロス・エンカーナシオン( Jean Carlos Encarnacion)が動きます。

ケビン・ゴーズマンは今季21試合先発、124イニングで 5勝8敗、4.43 ERA、 K/BB ratio of 104/32 で3.25。

クリス・アーチャーはパイレーツへ

注目されていたレイズのエース、クリス・アーチャー( Chris Archer )ですが、パイレーツへの移籍が決まりました。レイズにはタイラー・グラスノウ( Tyler Glasnow )と外野手のオースティン・メドウズ、さらに後日指名の選手が動きます。

移籍先としてはちょっと意外でしたね。

パイレーツはナ・リーグ中地区の優勝はちょっと厳しいかもしれませんが、ワイルドカードには十分に食い込める余地を残しています。クリス・アーチャーの獲得はそれを見込んでのことでしょう。

クリス・アーチャーは現在 29才。今季は 17試合、96イニングを投げ、2勝5敗、 4.31 ERA。 K/BB ratioは102/31で3.29。

メッツは右腕を出さず

かなり注目されていたメッツのジェイコブ・デグロムザック・ウィーラーですが、結局動きませんでした。

メッツは来年に向け、ノア・シンダーガードも含めた右腕トリオを軸にチーム構成を考えていく方針を出しました。

それが正解だと思います(えらそー 笑)。お金のことがわからないのに、勝手なことを言いますが・・・。悔しがっているチームは結構あったでしょうね。

ハーパーも動かず

もしや!と思い、当ブログでも記事にさせていただいたブライス・ハーパーですが、こちらも動きませんでした。ナッツGMのマイク・リッゾは “Bryce Harper is not going anywhere” 「どこにも出さないよ」と宣言。

「おい!」と突っ込んだのは私だけではないと思います。

リッゾGMは賢い人なので、シーズンオフに向けてどれだけ需要があるか、バルーンを打ち上げたのかな?と思います。引き止めるにしてもその需要をもとに資金を捻出しないといけませんし。

漏れもあるのですが、これが最終日の動きでした。

まとめ

ここで、今トレードデッドラインの各チームの動きを書いておきます。ビッグネームだけの記載になりますが、ご了承ください。概略だけはつかめる思います。

※凡例

acquired(アクワイアード:獲得した)、traded(トレイディッド:トレードに出された)、RHP(右投手)、LHP(左投手)、CL(クローザー)、SP(スターティング・ピッチャー)、RP(リリーフ・ピッチャー)

AL EAST

BOS
(Acquired)
イアン・キンスラー(LAA) 2B
ネイサン・イオバルディ(TBR) RHP-SP

(Traded)
省略
NYY
(Acquired)
ランス・リン(MIN) RHP- SP/RP
ザック・ブリットン(BAL)LHP-RP
J・A・ハップ(TOR)LHP-SP

(Traded)
タイラー・オースチン INF to MIN
アダム・ウォーレン RHP-RP to SEA
TBR(Acquired)
トミー・ファム(STL)INF

(Traded)
クリス・アーチャー RHP-SP to PIT
ウィルソン・ラモス C to PHI
TOR(Acquired)
省略

(Traded)
J・A・ハップ LHP-SP to NYY
ジョン・アックスフォード RHP-RP to LAD
BAL(Acquired)
省略

(Traded)
ザック・ブリットン LHP-CL to NYY
ケビン・ゴーズマン RHP-SP to ATL
ダレン・オデイ RHP-RP to ATL
ジョナサン・スコープ INF to MIL
マニー・マチャード SS/3B to LAD

AL CENTRAL

CLE(Acquired)
ブラッド・ハンド(SDP)LHP-RP
メルキー・カブレラ(FA)マイナー契約

(Traded)
省略
MIN(Acquired)
タイラー・オースチン (NYY)INF
ローガン・フォーサイス(LAD) 2B

(Traded)
ランス・リン RHP- SP/RP to NYY
ブライアン・ドージャー 2B to LAD
ライアン・プレスリー LHP-RP to HOU
エデュアルド・エスコバー SS to ARI
DET省略 大きな動きなし
CWS(Acquired)
省略

(Traded)
ホアキン・ソリア RHP-RP  to MIL
KCR(Acquired)
省略

(Traded)
ケルビン・へレイラ RHP-RP to WSH
マイク・ムスターカス 3B to MIL

AL WEST

HOU(Acquired)
ロベルト・オズーナ(TOR) RHP-RP
ライアン・プレスリー(MIN) LHP-RP
マーティン・マルドナード(LAA) C

(Traded)
ケン・ジャイルズ RHP-RP to TOR
SEA(Acquired)
キャメロン・メイビン(MIA) OF
アダム・ウォーレン(NYY)RHP-RP
ザック・デューク(MIN)LHP-RP

(Traded)
省略
OAK(Acquired)
ジェウリス・ファミリア (NYM) RHP-C
LAA(Acquired)
省略

(Traded)
マーティン・マルドナード C to HOU
イアン・キンスラー 2B to BOS
TEX(Acquired)
省略

(Traded)
コール・ハメルズ LHP-SP to CHC
ジェシー・チャベス RHP-RP to CHC

NL EAST

PHI
(Acquired)
ウィルソン・ラモス(TBR) C
アズドルバル・カブレラ(NYM) 2B/SS

(Traded)
省略
ATL
(Acquired)
アダム・デュバル(CIN)CF
ケビン・ゴーズマン(BAL)RHP-SP
ダレン・オデイ(BAL)RHP-RP
ジョニー・ベンターズ(TBR)LHP-RPP

(Traded)
省略
WSH(Acquired)
ケルビン・へレイラ (KCR)RHP-RP

(Traded)
ブランドン・キンツラー LHP-RP to CHC
NYM(Acquired)
省略

(Traded)
アズドルバル・カブレラ 2B/SS to PHI
ジェウリス・ファミリア  RHP-CL to OAKS
MIA(Acquired)
省略

(Traded)
キャメロン・メイビン OF to SEA
ブラッド・ジーグラー RHP-RP to ARI

NL CENTRAL

CHI(Acquired)
コール・ハメルズ (TEX) LHP-SP
ジェシー・チャベス(TEX) RHP-RP
ブランドン・キンツラー  (WSH) LHP-RP

(Traded)
省略
MIL(Acquired)
ジョナサン・スコープ (BAL) INF
ホアキン・ソリア (CWS) RHP-RP
マイク・ムスターカス (KCR )3BP

(Traded)
省略
STL(Acquired)
省略

(Traded)
トミー・ファム INF to TBR
PIT(Acquired)
クリス・アーチャー (TBR) RHP-SP

(Traded)
省略
CIN(Acquired)
省略

(Traded)
アダム・デュバル CF to ATL

NL WEST

ARI(Acquired)
ブラッド・ジーグラー (MIA)RHP-RP
エデュアルド・エスコバー(MIN) SS

(Traded)
省略
LAD(Acquired)
マニー・マチャード (BAL) SS/3B
ブライアン・ドージャー (MIN) 2B
ジョン・アックスフォード(TOR) RHP-RPP

(Traded)
ローガン・フォーサイス 2B  to MIN
COL大きな動きなし
SFG大きな動きなし
SDP(Acquired)
省略

(Traded)
ブラッド・ハンド LHP-RP to CLE

以上です。これで一旦は落ち着くものの、8月も手続きが多くなるだけで人は動きますのでよく見ておこうと思います。

今回のトレードデッドラインの勝者はどこでしょう。ブルワーズですかね。シーズン後半が楽しみです。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました