スポンサーリンク

【MLB2021】ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成!パドレスは24得点

パドレスは大量24得点

 現地2021年7月16日、後半戦初戦のパドレス@ナショナルズ戦は、大荒れのゲームとなりました。パドレスが6回を終えて19-8のスコアのスコアでリード。結局、その後も得点を奪い続け、終わってみれば、22安打、計24得点というゲームに。

 1ゲーム24得点はパドレスのフランチャイズ史上、最多得点です。

ジェイク・クロネンワースがサイクル安打を達成

 そうなれば大当たりする選手もいるわけで、この日3番2Bで出場したジェイク・クロネンワース(Jake Cronenworth)が、サイクル安打を達成しました。

 Congratulations!

ジェイク・クロネンワースのこの日の成績  

 ジェイク・クロネンワースの成績はご覧の通り。大量得点を上げたので、1回から3回まで毎回打席が回ってきました。

  1. 1回表:SSライナー(シフトを敷いてなければCF前シングル)
  2. 2回表:LFへ2点タイムリー二塁打
  3. 3回表:RF線へ三塁打
  4. 5回表:右中間へソロHR
  5. 6回表:本来のSSへ守備位置にボテボテの内野安打

 第1打席はシフトを敷いていた野手の正面に飛び、惜しくもシングルにはならなかったものの、2打席目以降でサイクル安打を達成。

 一番難しいと言われる三塁打は3打席目で生まれました。今季、すでにサイクル安打を達成したトレイ・ターナーがSSにいる中での達成で、3塁打はターナー同様、RF線への打球となりました。

 最後はシングルのみを残すというゆとりのある状況で、3B内野安打で記録を達成。実際はSSの位置にボテボテのゴロが転び、見事に記録達成です。

 サイクル安打を達成したジェイク・クロネンワースは7回裏の守備からジュリクソン・プロファーに交代しました。

2010年からの歴代サイクル・ログ

 ジェイク・クロネンワースのサイクル安打達成は今季、MLBでは2度めの達成。下記のリストは2010年以降のサイクル安打達成ログですが、それ以前の記録を通しても、今回の達成はパドレス史上3度目の達成です。

歴代NOTeamTeamTeamM-D-Year
332ジェイク・クロネンワースJake CronenworthSDP07-16-2021
331トレイ・ターナーTrea TurnerWSH06-30-2021
330キャバン・ビジオCavan BiggioTOR09-17-2019
329ジョナサン・ビヤーJonathan VillarBAL08-05-2019
328トレイ・ターナーTrea TurnerWSH07-23-2019
327ジェイク・バウアーズJake BauersCLE06-14-2019
326大谷翔平Shohei OhtaniLAA06-13-2019
325ホルヘ・ポランコJorge PolancoMIN04-05-2019
324ブロック・ホルトBrock HoltBOS10-08-2018
323チャーリー・ブロックモンCharlie BlackmonCOL09-30-2018
322クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL09-17-2018
321クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL08-29-2018
320ムーキー・ベッツMookie BettsBOS08-09-2018
319ホセ・アブレイユJose AbreuCWS09-09-2017
318エバン・ロンゴリアEvan LongoriaTBR08-01-2017
317コディー・ベリンジャーCody BellingerLAD07-15-2017
316ノーラン・アレナドNolan ArenadoCOL06-18-2017
315カルロス・ゴメスCarlos GomezTEX04-29-2017
314トレイ・ターナーTrea TurnerWSH04-25-2017
313ウィル・マイヤーズWil MyersSDP04-10-2017
312ジョン・ジェイソJohn JasoPIT09-28-2016
311ラージャイ・デービスRajai DavisCLE07-02-2016
310フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL06-15-2016
309マット・ケンプMatt KempSDP08-14-2015
308エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-03-2015
307チェ・シンスShin-Soo ChooTEX07-21-2015
306ブロック・ホルトBrock HoltBOS06-16-2015
305マイケル・カダイヤーMichael CuddyerCOL08-17-2014
304アレックス・リオスAlex RiosTEX09-23-2013
303ブランドン・バーンズBrandon BarnesHOU07-19-2013
302マイク・トラウトMike TroutLAA05-21-2013
301エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-24-2012
300アーロン・ヒルAaron HillARI06-29-2012
299アーロン・ヒルAaron HillARI06-18-2012
298スコット・ヘアストンScott HairstonNYM04-27-2012
297パブロ・サンドバルPablo SandovalSFG09-15-2011
296ジョージ・コターレスGeorge KottarasMIL09-03-2011
295カルロス・ゴンザレスCarlos GonzalezCOL07-31-2010
294ケリー・ジョンソンKelly JohnsonARI07-23-2010
293ベンジー・モリーナBengie MolinaTEX07-16-2010
292ジョディ・ゲラットJody GerutMIL05-08-2010

なぜ大量失点に?

エリック・フェディが2回途中6失点

 ナショナルズの先発は右腕のエリック・フェディ(Erick Fedde)。今季は14ゲームに先発し、無失点投球も3度あったのですが、それ以外は大量に失点する登板もちらほら。ERAは今回の登板前は4.59。 

 もともとベロシティーはLow-90mphという投手で、ファストボールはシンカーがほとんど。変化球はチェンジアップ、カーブ、カットボール。

 この日は持ち味の散らす投球が影を潜め、コースがまとまっており、打たれたボールは当然甘いところがほとんどでした。

 これだけ打たれると癖も出ていたのかもしれません。また1回表に、足でかき回されたのもかなり投球のペースを乱した原因になったのかもしれません。

 2回表には四球を連発。満塁となったところでアンドレス・マチャードにスイッチしたものの、ジェイク・クロネンワースにタイムリー2塁打を打たれ、フェディが貯めたランナーを全て返し、流れを止めることができませんでした。

 そしてアンドレス・マチャードからパオロ・エスピーノに代った直後、ウィル・メイヤーズにグランドスラムを打たれたのも痛かったです。その後、ワンダー・スエロ、ジェフリー・ロドリゲスが6失点、5失点と最後まで流れを止めることができませんでした。

San Diego Padres vs Washington Nationals Box Score: July 16, 2021 | Baseball-Reference.com
San Diego Padres beat Washington Nationals (24-8). Jul 16, 2021, Atten...

 ちなみにナショナルズはゲーム終盤にポジション・プレーヤーを起用することなく、全て投手で賄いました。

ウィル・マイヤーズも大当たりで2HR

 当たっていたのは、ジェイク・クロネンワースだけでなく、ウィル・マイヤーズが2本もHRを放ち、この日は7RBI。

ソトも2HR

 3点を先制されたナショナルズは1回裏、フアン・ソトが3ランHRを放ち、3-3の同点に。しかし、これだけ投手陣が打たれれば、もう追いつく気力も奪われたという感じ。

 ソトは6回裏にもソロHRを放ち、HRダービーの余韻が残っているような活躍で、この日は5打数4安打でした。

 このカード、Game2の先発は、パトリック・コービンとブレイク・スネルの投げあいです。落ち着いたゲームとなるか?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました