スポンサーリンク

【MLB契約延長】ランス・リンがホワイトソックスとラグジュアリー・エクステンション

8Mドル→18Mドルへ

 すでに周知の事実ではありますが、書けていなかった話題で、今後何かと出てくるトピックですので、記しておきたいと思います。

 現地2021年7月17日、シカゴ・ホワイトソックスは右腕のランス・リンとの契約延長を発表しました。これがなかなかのラグジュアリー契約でした。

現契約

 2021年のランス・リンの契約は、2018年12月18にレンジャーズとサインした契約内容です。

  • 3年/ $30M(2019-2021)
    • サイニング・ボーナス:$4M ($3M は 2019に、,$1Mは 2020に支払い)
    • 2019: $8M/ 2020:$10M / 2021:$8M

ホワイトソックスへトレードで移籍

 そして現地2020年12月7日に、契約途中にホワイトソックスがトレードでレンジャーズから獲得。ホワイトソックスからレンジャーズにはRHP デイン・ダニング(Dane Dunning)、LHP エイブリー・ウィームス(Avery Weems)が動きました。

  ホワイトソックスは上記の契約を踏襲していて、今季は上記契約のファイナル・イヤーでした。

延長契約

 今回、ホワイトソックスが延長契約した内容は以下の通りです。

  • 2 年/$38M (2022-23) + 2024 クラブオプション
    • 支払い:2022:$18.5M/ 2023: $18.5M/ 2024:$18Mクラブオプション($1M バイアウト)
    • サイヤング賞投票3位以内で、アウォード・ボーナスあり。

サラリーがざっと$8Mから$18Mに上がったということですね。

35才-36才の契約

 ラグジュアリー契約と言っていい理由は、この契約延長はランス・リンが2022年で35才、2023年で36才、そしてクラブオプションですが、2024年で37才になる年齢での契約ゆえです。

 まず数年前からFAで$10Mサラリーの契約は遠慮がちになっている流れがあり、コロナ禍でさらにコストが厳しくなる中、シーズン途中で2年+バイアウトの契約を勝ち取ったのも驚きです。さらに通常、35才を超えるベテラン投手には$10M以上の更新はなかなかつかないのですが、現状よりも倍以上の額でサインしたというのがなかなかその理由です。

ラルーサとの信頼関係

 1つにはもともとカージナルスで投げていたランス・リンは、2011年、カージナルスのラルーサ体制でのファイナル・イヤーでデビュー。ラルーサの秘蔵っ子のような存在でもありました。

 カージナルスは2012年からマイク・マシーニに監督が変わりましたが、マシーニにとってはリンは頼もしい存在であることは間違いなく、今後の監督としての編成を考えた時に、リンは外せなかったのでしょう。

 ローテーション右腕に頑丈な人は欲しいですから。

2021年は絶好調 

 2021年のランス・リンは絶好調。現地2021年7月19日時点で16試合に登板し、9勝3敗でERAは1.99。奪三振は105で、WHIPは1.037。BB 9は3.1、SO9は10.4。

ERAとIP

 突如、ERAランク1位から消えたのはなぜか?実はそれを調べていたら書きそびれてしまったのですが、明確な答えはわかりませんでした。90.2 IPがどうやらERAランキングに入るには不足していた模様。ただ、今後、92 IPのデグロムが、前腕部の回復が遅れた場合、そのERAランキングはどうなるのか?注目しています。

 ERA(Earned Run Average)は、ERx9/IP というフォーミュラです。

 古い指標ではありますが、まだ堪えうる面もあり、これに代わる投手の実力を示す指標が出るのか?出ないのか?

大谷へのディスりとは?

 オールスターにも出場したランス・リン。何やら大谷選手をDISったというニュースもありましたが、それは、投手としてALのスターターとして投げるのはどうなのか?ということを言ったに過ぎません。

 10勝を上げている投手もいた中で、大谷選手は4勝でしたし、イニング数も67.0で半分とまでは行かないものの、100を超えるイニングを投げていた投手もいた中での先発指名だったからです。 

 「オールスターは盛り上げればなんでもいいんだよ」というのがいささか乱暴な言い方ではありましたが、リンは大谷選手の打撃は認めてはいましたし、投球も認めてはおります。ただ、NO.1ではないから翔平でなくてもよかったのでは?ということを正直に言ったまで。

 「俺がスターターに立候補する」みたいなことも言いましたが、結論としてノイジーな発言でもありませんでした。

 それより、リン自身のIPをなんとかしてもらわないと、ALのERAリーダーは誰なのかはっきりしないじゃないか?と筆者などは思います。頑張ってイニングを稼いでもらいたいです。

 しかし、今季はまたボールの重みが増したようなすごいボールを投げていますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました