スポンサーリンク

【MLB2021】”完璧!” ブルワーズのリリーバー、J.P.ファイヤライゼンが14試合でERA0.00

ブルワーズ

目立たないから取り上げておきたい

 現地2021年4月29日(木)、この日は結構色々なトピックがありました、例えば、前日に97mphのファストボールを顔に受けたブライス・ハーパーが欠場したお話、SNSでも話題になっていたブルワーズのコルテン・ウォンとルイス・ウリアスの今季1番かっこいいアメージングなダブルプレーがあったこと、あるいはトレバー・バウアーが好投するも援護がなかったなど・・・まあブルワーズ周りのお話が多いとも言えますが、その中で目立たないものの、非常に重要な役割をしっかりこなしている選手の話題を取り上げておきたいと思います。

ブルワーズのブルペンといえば、ヘイダー

 まず、ミルウォーキー・ブルワーズのブルペンと言えば、やはりクローザーのジョシュ・ヘイダー。今季も安定した活躍を見せ、すでに6SV。現地2021年4月29日時点ではパドレスのマーク・マランソンが8SVで両リーグ通じてSVポイントではトップを走っていますが、ヘイダーの存在感の大きさはやはりは見逃せませんね。

 ちなみに非常にスレンダーに見えるジョシュ・ヘイダー。小さく見えなくもないですが、実は身長は6フィート3インチ、190cmもあります。

セット・アップと言えばデビン・ウィリアムス

 そしてジョシュ・ヘイダーへつなぐセットアップ・ロールを任されているのが、デビン・ウィリアムス(Devin Williams)。TV中継ではウィリアムズと発音しているブロードキャスターも多く、もう実際はその人次第で、表記ゆれもありますが、ここではウィリアムと濁らないパターンで表記しておきたいと思います。

 デビン・ウィリアムスは2020年22試合でERA0.33でNL ROYを獲得。

  2019年のフューチャー・ゲームにも出ていました。

 今季は現地2021年4月29日までにすでにERA4.66となっていますが、これはそれだけ厳しい場面でマウンドに立っているという面もあるので、額面通りにとらえるわけにはいきませんね。

プレ・セットアップのJ.P. ファイヤライゼン

 そして、そのセットアップのデビン・ウィリアムスの前で投げているのが、J.P. ファイヤライゼン(J.P. Feyereisen)です。セットアップの前に投げるということで、プレ・セットアップと表現していますが、これは筆者の造語のようなものです。

 このJ.P. ファイヤライゼンがアメージングな投球を続けています。

7回の男

 ジョシュ・ヘイダーが9回を、デビン・ウィリアムスがセット・アップで8回を。そしてJ.P. ファイヤライゼンはその前を投げていることから、「7回の男」でもあります。

14試合でERA0.00

 そのJ.P.ファイヤライゼンですが、今季は現地2021年4月29日のドジャース戦を含め、14試合、13.0イニングに登板し、ERAは0.00。完璧です。

6連続ホールド中

 正確に言うと、失点は2あります。4月7日のカブス戦、4月18日のパイレーツ戦でそれぞれ1失点。ただし、前の投手が出したランナーを還した失点であったため、ER(自責点)はJ.P.ファイヤライゼンについていないということです。

ゲームに出てほぼ打たれていない

 また4月18日のパイレーツ戦では敗戦投手になっているのですが、延長10回からの登板で、つまりはランナー2塁からスタートのタイブレークでの登板でありました。

 14試合、13.0イニングを投げて被安打がたったの4。しかも、ここまで1登板につき、被安打2以上を打たれたことがありません。つまり14試合で10試合はヒットレス。ERがないので、もちろんHRはありません。長打は敗戦投手になったパイレーツ戦で打たれた2塁打のみ。与えたフォアボールは7。4月19日から4月29日まで6登板で6連続ホールド中です。

 そして奪三振は13。

武器は落差のあるチェンジアップ

 最大の武器はなんと言ってもチェンジアップ。落差が大きいです。縦方向に3.8inch(9.652cm)という数字も出ていますが、もっと落ちているように見えます。シンカーのように左打者からすれば、逃げていくように落ちていくという理想的なチェンジアップ。速く、大きな変化をするのが特徴です。

 デビン・ウィリアムスも素晴らしいチェンジアップの使い手ですが、似ています。ファストボールは4シームとシンカーで94mph(151.27kmh)。チェンジアップが88mph(141.62kmh)ほどですから10kmの球速差と落差。これはかなりやっかいですね。

 あとはスライダーも投げます。

J.P.ファイヤライゼンとは

 彗星のように表れたブルワーズのブルペンの救世主ですが、1993年2月7日生まれの28才。ミルウォーキーのあるウィスコンシン州のネイティブですので、この活躍でファンの心も掴んでいます。

 ドラフトは2014年のインディアンスの16巡目。

2016年、ヤンキースへ

 ドラフトから2年後の2016年のトレードデッドラインで、クリント・フレイジャー、ベン・ヘラー、ユストゥス・シェフィールドらとともにヤンキースへ移籍。そう、インディアンスが左腕のアンドリュー・ミラーを獲得したトレードです。アンドリュー・ミラーはポストシーズンで大活躍。2016 ALCSのMVPを獲りました。

 2016年オフにAFL(アリゾナ・フォール・リーグ)に参加。14.0イニングでERAは2.57。ただ、ヤンキースではデビューに至りませんでした。

2016 Arizona Fall League: J.P. Feyereisen

2019年にブルワーズへ 

 そして、2019年9月にマイナー選手とインターナショナル・ボーナス・スロットとのトレードでブルワーズに移籍。

2020シーズン、デビュー

 デビューは2020シーズンの開幕となった7月24日。2020年は6試合、9.1イニングでERAは5.79。

VTRも少ない

 中継ぎ投手はゲームで重要な役割を果たしているものの、ゲーム全体を見たときにどうしても、目立たない存在になりがち。VTRでも得点シーンやクロージングのシーンがメインでどうしてもスルーされがち。よってVTRも少ないです。

 J.P. ファイヤライゼンには活躍してもらうほかありません。

 ブルワーズも育ててきますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
【ルール】独立Lのパイオニア・リーグが2021年に新ルール導入!目玉は延長戦なしでホームラン・ダービー!
【MLB2021】”完璧!” ブルワーズのリリーバー、J.P.ファイヤライゼンが14試合でERA0.00
【MLB 2021】レッドソックス、デグロム戦で勝利!ニック・ピベッタが好投!
【MLBトレード】ヤンキース、マイク・トークマンをジャイアンツへ!左腕のワンディー・ペラルタを獲得
【MLB 2021】歴史的快挙!大谷選手、先発投手兼2番打者で初勝利
延長10回「代打、カーショウ」!すさまじい総力戦はパドレスに軍配
【MLB 2021】”D-Backs Day !”ザック・ギャレンが1ヒッター、M・バンガーナーがノーヒッター!
【MLB 2021】パドレス、なぜ代えた?ドジャース、ブレイク・スネル降板後に一気に逆転して勝利!まるでWSの再現
【MLB 2021】アスレチックス、13連勝!クリス・バシットが6回2失点、好調マット・オルソンに加え、ジェド・ラウリーが活躍(追記あり)
【MLB 2021】パドレス、連勝!ダルビッシュ投手が9K!タティス・Jr.が2HR
【MLB 2021】埋もれていたコール・アービンも再生させ、アスレチックス、12連勝!
【MLB 2021】ジェイコブ・デグロムを今見られる幸せ!15奪三振などこの日、デグロムがやった7つのこと
タイトルとURLをコピーしました