【2013ブルワーズ】レスラーのようにでかいコーリー・ハートが右ヒザ手術へ

良いなと思ったらシェアお願いします

コーリー・ハートが右膝手術

こんにちは(^^)

青木選手のチームメイトで、ライアン・ブラウンとともにミルウォーキー・ブルワーズの中軸を打つコーリー・ハートCorey Hart)が22日に右ヒザの手術を受けることが明らかになりました(現地2013年1月19日)。

今オフ、アリゾナのフェニックスでトレーニングを積んでいたハートは、右ヒザの周りに腫れが発症したことで、チーム・トレーナーのダン・ライトに状況を報告し、急遽MRIで詳細に検査することとなりました。

半月板の損傷

結果、半月板の損傷(meniscal tear)が発覚。さらに

断裂した箇所に炎症も見られ、壊死した細胞などがあることも発覚。腫れはそれが原因でした。22日の関節鏡視下手術(arthroscopic surgery)で損傷した半月板の修復と壊死した細胞の除去などが行われます。

完治には3ヶ月から4ヶ月かかると見られており、復帰は早くても5月になりそうで、ブルワーズは2013年の開幕を4番なしで戦うことを強いられました。

コーリー・ハートとは

コーリー・ハートは1982年3月24日生まれの31才(シーズンの年齢)。右投げ右打ちの、長打力と走力をあわせもった選手です。1Bあるいは外野(ライト)を守ります。2004年メジャー・デビューし、ブルワーズ一筋です。

通算成績は945試合に出場し、打率(.276)、OBP(.334)、SLG(.491)、OPS(.824)、HR(154)、RBI(508)。

オールスター出場2度(2008/2010)。

【Game Score】MIL9, HOU5(2012年9月29日)

※スタンドがやたら盛り上がっているのはこの当時、ブルワーズはワイルドカード出場の可能性があったからです。(結果、カージナルスとなりました)惜しいシーズンでした。

マット・ガメルが代役

1Bを守るコーリー・ハートの代役は、2012年5月に右ヒザ前十字靱帯を損傷(torn anterior cruciate ligament)してシーズンを21試合しか過ごせなかった27才のマット・ガメル(Mat Gamel)が務めることになりそうです。

ガメルは2012シーズンのカージナルスとの開幕戦で7番1Bで出場(その試合、コーリー・ハートは5番ライトでの出場でした)。もともと力のある選手です。

ブルワーズの2012年の成績

ブルワーズの2012年の成績は83勝79敗でナ・リーグ中地区3位でした。プリンス・フィルダーがいなくなって大変なシーズンでしたが、ライアン・ブラウン、コーリー・ハート、青木選手の活躍で後半かなり追い込みをかけ、ポストシーズンまであと1歩のところまで行きました。

2013年も厳しい船出になりましたが、青木選手が引っ張っていって欲しいですね(^^)

追記です。2017年6月、コーリー・ハートに引退セレモニーを行うためブルワーズは1日だけロスター復帰を用意しました。

When Brewers manager Craig Counsell conjured the idea of a Wall of Honor at Miller Park, similar to an installation he'd seen outside AT&T Park in San Franc...

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!