スポンサーリンク

【MLB2021】ブルワーズがNLセントラルを制覇

ブルワーズ

6月10日以降、首位を譲らず!

 現地2021年9月26日、ミルウォーキー・ブルワーズは、ニューヨーク・メッツとのゲームに8-4のスコアで勝利し、見事ナ・リーグ中地区の優勝を決めました!

 Congratulations!

 今季、非常に充実したピッチング・スタッフを抱えていたブルワーズは、安定した戦いを見せ、6月10日に首位を奪って以来、その座を明け渡すことなく、首位を独走しました。

4年連続PSへ

 これでブルワーズは2018年以降、4年連続でポストシーズンへ出場することになりました。2018年は現エースのブランドン・ウッドラフがNLCSにリリーフで登板。カーショウからHRを放つというすごいシーンがありましたね。

 クラブ創設が1969年のブルワーズは、これで4度目の地区優勝。実は、1981年もカウントすると5度目になるのですが、この年はストライキがあったため、前期・後期制というややイレギュラーなシーズンだったので、これをカウントしないなら、4度目ということになります。

【ブルワーズの地区優勝】

  • 1981 (ストライキ 後期優勝)
  • 1982
  • 2011
  • 2018
  • 2021

 なおブルワーズはリーグチャンピオンは1度(1982年)、ワールドシリーズ制覇はまだありません。

2021シーズンは投手力で制覇

 ちょっと悪い要素から書きますが、今季のブルワーズのチーム打率は,234で、これはマーリンズに次いで2番めに悪い数字。

 回復の兆しを見せた瞬間もありましたが、やはりクリスチャン・イェリッチの不調は痛かったです。

 攻撃は打率の要素だけではありませんが、現地9月26日時点で得点は717。これは同地区ライバルで3位のレッズの方が高く、757点を上げています。

 それでもナ・リーグ中地区を制覇したのは投手力ということが言えるでしょう。失点587はドジャースに次いで2位の少なさ。得失点差は+130。ナ・リーグセントラルではダントツで、これよりいいのはジャイアンツとドジャースだけです。

 チームERA3.45はジャイアンツ、ドジャースに次いでナ・リーグ3位です。

先発4名が安定

 ブランドン・ウッドラフを筆頭に、オールスターにも出場したコービン・バーンズ、一時はサイドラインにいたものの復活したフレディー・ペラルタ、エイドリアン・ハウザーがとにかく安定。さらにエリック・ラウラーも100イニング以上投げ、貢献しています。

 なによりクローザーに、ジョシュ・ヘイダーがいることが大きな安心につながっています。そこにつなげるセットアップにデビン・ウィリアムスもいるのですから。

デビン・ウィリアムスは右手を骨折

 なお、追記ですが、デビン・ウィリアムスは26日のセレブレーション(祝勝会)で、酔った勢いで壁をパンチ。右手を骨折する凡ミスを犯してしまいました。これには手術が必要です。29日に10Day IL入り。

 今季、58試合に登板、8勝2敗、ERA2.50、WHIP 1.19のブルペンのキーマンがポストシーズンでは投げられそうもありません。

トレードも成功

 今季、驚いたトレードの一つが、現地2021年5月21日にレイズとの間で行われたトレード。これでブルペンのJ.P. ファイヤライゼンとドリュー・ラスムッセンを放出し、SSのウィリー・アダムスを獲得。

 ラスムッセンはいまやレイズのスターターのうちの1人ですね。

 ウィリー・アダムスはブルワーズでは打率.285と大活躍。守備もいいですから、内野が非常に安定しました。その分、エラーの多かったケストン・ヒウラがポジションを失ってしまいましたね。

 ブルワーズはALDSではブレーブスと対戦します。

 楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました