スポンサーリンク

【MLB2021】ブルワーズがNLセントラルを制覇

6月10日以降、首位を譲らず!

 現地2021年9月26日、ミルウォーキー・ブルワーズは、ニューヨーク・メッツとのゲームに8-4のスコアで勝利し、見事ナ・リーグ中地区の優勝を決めました!

 Congratulations!

 今季、非常に充実したピッチング・スタッフを抱えていたブルワーズは、安定した戦いを見せ、6月10日に首位を奪って以来、その座を明け渡すことなく、首位を独走しました。

4年連続PSへ

 これでブルワーズは2018年以降、4年連続でポストシーズンへ出場することになりました。2018年は現エースのブランドン・ウッドラフがNLCSにリリーフで登板。カーショウからHRを放つというすごいシーンがありましたね。

 クラブ創設が1969年のブルワーズは、これで4度目の地区優勝。実は、1981年もカウントすると5度目になるのですが、この年はストライキがあったため、前期・後期制というややイレギュラーなシーズンだったので、これをカウントしないなら、4度目ということになります。

【ブルワーズの地区優勝】

  • 1981 (ストライキ 後期優勝)
  • 1982
  • 2011
  • 2018
  • 2021

 なおブルワーズはリーグチャンピオンは1度(1982年)、ワールドシリーズ制覇はまだありません。

2021シーズンは投手力で制覇

 ちょっと悪い要素から書きますが、今季のブルワーズのチーム打率は,234で、これはマーリンズに次いで2番めに悪い数字。

 回復の兆しを見せた瞬間もありましたが、やはりクリスチャン・イェリッチの不調は痛かったです。

 攻撃は打率の要素だけではありませんが、現地9月26日時点で得点は717。これは同地区ライバルで3位のレッズの方が高く、757点を上げています。

 それでもナ・リーグ中地区を制覇したのは投手力ということが言えるでしょう。失点587はドジャースに次いで2位の少なさ。得失点差は+130。ナ・リーグセントラルではダントツで、これよりいいのはジャイアンツとドジャースだけです。

 チームERA3.45はジャイアンツ、ドジャースに次いでナ・リーグ3位です。

先発4名が安定

 ブランドン・ウッドラフを筆頭に、オールスターにも出場したコービン・バーンズ、一時はサイドラインにいたものの復活したフレディー・ペラルタ、エイドリアン・ハウザーがとにかく安定。さらにエリック・ラウラーも100イニング以上投げ、貢献しています。

 なによりクローザーに、ジョシュ・ヘイダーがいることが大きな安心につながっています。そこにつなげるセットアップにデビン・ウィリアムスもいるのですから。

デビン・ウィリアムスは右手を骨折

 なお、追記ですが、デビン・ウィリアムスは26日のセレブレーション(祝勝会)で、酔った勢いで壁をパンチ。右手を骨折する凡ミスを犯してしまいました。これには手術が必要です。29日に10Day IL入り。

 今季、58試合に登板、8勝2敗、ERA2.50、WHIP 1.19のブルペンのキーマンがポストシーズンでは投げられそうもありません。

トレードも成功

 今季、驚いたトレードの一つが、現地2021年5月21日にレイズとの間で行われたトレード。これでブルペンのJ.P. ファイヤライゼンとドリュー・ラスムッセンを放出し、SSのウィリー・アダムスを獲得。

 ラスムッセンはいまやレイズのスターターのうちの1人ですね。

 ウィリー・アダムスはブルワーズでは打率.285と大活躍。守備もいいですから、内野が非常に安定しました。その分、エラーの多かったケストン・ヒウラがポジションを失ってしまいましたね。

 ブルワーズはALDSではブレーブスと対戦します。

 楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました