スポンサーリンク

【MLB2021】ブルワーズがNLセントラルを制覇

6月10日以降、首位を譲らず!

 現地2021年9月26日、ミルウォーキー・ブルワーズは、ニューヨーク・メッツとのゲームに8-4のスコアで勝利し、見事ナ・リーグ中地区の優勝を決めました!

 Congratulations!

 今季、非常に充実したピッチング・スタッフを抱えていたブルワーズは、安定した戦いを見せ、6月10日に首位を奪って以来、その座を明け渡すことなく、首位を独走しました。

4年連続PSへ

 これでブルワーズは2018年以降、4年連続でポストシーズンへ出場することになりました。2018年は現エースのブランドン・ウッドラフがNLCSにリリーフで登板。カーショウからHRを放つというすごいシーンがありましたね。

 クラブ創設が1969年のブルワーズは、これで4度目の地区優勝。実は、1981年もカウントすると5度目になるのですが、この年はストライキがあったため、前期・後期制というややイレギュラーなシーズンだったので、これをカウントしないなら、4度目ということになります。

【ブルワーズの地区優勝】

  • 1981 (ストライキ 後期優勝)
  • 1982
  • 2011
  • 2018
  • 2021

 なおブルワーズはリーグチャンピオンは1度(1982年)、ワールドシリーズ制覇はまだありません。

2021シーズンは投手力で制覇

 ちょっと悪い要素から書きますが、今季のブルワーズのチーム打率は,234で、これはマーリンズに次いで2番めに悪い数字。

 回復の兆しを見せた瞬間もありましたが、やはりクリスチャン・イェリッチの不調は痛かったです。

 攻撃は打率の要素だけではありませんが、現地9月26日時点で得点は717。これは同地区ライバルで3位のレッズの方が高く、757点を上げています。

 それでもナ・リーグ中地区を制覇したのは投手力ということが言えるでしょう。失点587はドジャースに次いで2位の少なさ。得失点差は+130。ナ・リーグセントラルではダントツで、これよりいいのはジャイアンツとドジャースだけです。

 チームERA3.45はジャイアンツ、ドジャースに次いでナ・リーグ3位です。

先発4名が安定

 ブランドン・ウッドラフを筆頭に、オールスターにも出場したコービン・バーンズ、一時はサイドラインにいたものの復活したフレディー・ペラルタ、エイドリアン・ハウザーがとにかく安定。さらにエリック・ラウラーも100イニング以上投げ、貢献しています。

 なによりクローザーに、ジョシュ・ヘイダーがいることが大きな安心につながっています。そこにつなげるセットアップにデビン・ウィリアムスもいるのですから。

デビン・ウィリアムスは右手を骨折

 なお、追記ですが、デビン・ウィリアムスは26日のセレブレーション(祝勝会)で、酔った勢いで壁をパンチ。右手を骨折する凡ミスを犯してしまいました。これには手術が必要です。29日に10Day IL入り。

 今季、58試合に登板、8勝2敗、ERA2.50、WHIP 1.19のブルペンのキーマンがポストシーズンでは投げられそうもありません。

トレードも成功

 今季、驚いたトレードの一つが、現地2021年5月21日にレイズとの間で行われたトレード。これでブルペンのJ.P. ファイヤライゼンとドリュー・ラスムッセンを放出し、SSのウィリー・アダムスを獲得。

 ラスムッセンはいまやレイズのスターターのうちの1人ですね。

 ウィリー・アダムスはブルワーズでは打率.285と大活躍。守備もいいですから、内野が非常に安定しました。その分、エラーの多かったケストン・ヒウラがポジションを失ってしまいましたね。

 ブルワーズはALDSではブレーブスと対戦します。

 楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました