スポンサーリンク

【MLB2023】ブルワーズ、2試合連続でレッズにシャットアウト勝利!コービン・バーンズ、フレディー・ペラルタらが輝く!(追記あり)

ブルワーズ、再び首位へ

 ブルワーズとレッズのナ・リーグ中地区の首位争いが面白くなっています。投手がきっちりと仕事をしていて非常に高品質なゲームが繰り広げられているという状況です。

特殊な6連戦

 この首位攻防のカードですが、もともと非常に特殊なスケジュール設定になっていて、前半戦の最後の3ゲームシリーズは、ブルワーズがホームの3連戦。

 そしてオールスター・ブレイクを挟んで後半戦のスタートも同じ顔合わせ。今度はレッズのグレート・アメリカン・ボールポークに舞台を移しての3ゲームシリーズです。

 このような設定はあまり見たことがないように思います。偶然にも首位攻防戦になったという奇跡の設定。

 前半戦最後の3ゲームシリーズは、2勝1敗でブルワーズがシリーズを勝ち越し。そして後半戦最初の3ゲームシリーズは、現地2023年7月14日と15日のゲームが終わり、ここまでブルワーズが2勝0敗と投手力の違いを見せつけているという状況になっています。

 前半戦終了からGame2を終えての両クラブの順位の推移はご覧の通り。一旦は勢いのあるレッズが一気に首位まで取りましたが、ブルワーズがそうはさせじと意地を見せ、再び首位に返り咲いているという状況です。

#07/0907/1407/15
1CIN
(50-41)
CIN/MIL
(50-42)
MIL
(51-42)
2 MIL
(49-42)
CIN
(50-43)
MIL/CINの首位争い(現地2023年7月15日終了時点)

Game1:コービン・バーンズが6回スコアレス、13K

 現地2023年7月14日のGame1を見て行きたいと思いますが、これはもう「コービン・バーンズのショーだったのか?」というくらいに素晴らしい投球でした。

 コービン・バーンズは6.0 IPを投げたのですが、奪三振が13 個! 6イニングなのでアウトの数は18個になりますが、そのうち13個が三振だったという恐るべきクオリティーの投球。

 被安打はたったの2で、もちろんスコアレス、そしてBBは2でHBPは1。投球数は102。エリー・デラクルーズは3打席連続三振でキーマンに仕事をさせませんでした。

 ブルワーズはコービン・バーンズの後は、エルビス・ペゲーロ、ジョエル・パヤンプスとつなぎ、最後はデビン・ウィリアムスでフィニッシュ。1-0のスコアでシャットアウト勝利を収めました。

アッシュクラフトも好投

 Game1のレッズの先発は、グラハム・アッシュクラフト。正直4点くらいは覚悟だろうなと思っていたのですが、こちらもナイスピッチングで、6.0 IPで被安打5、失点1でブルワーズ打線を沈黙させました。

 ブルワーズの1得点は7回表に出た得点で、ウィリー・アダムスとオーウェン・ミラーの連続長短打で作ったチャンスに、ビクター・カラティ二がCF前シングルで応えての1得点。この打球、不思議な打球でしたね。

 非常に好ゲームでした。

Milwaukee Brewers vs Cincinnati Reds Box Score: July 14, 2023 | Baseball-Reference.com
Milwaukee Brewers beat Cincinnati Reds (1-0). Jul 14, 2023, Attendance...

コービン・バーンズが脱水症状→OK!

 このゲームの5回裏、コービン・バーンズがマウンドでしゃがみ込むシーンがありました。「何事!?」と思いましたが、どうやら脱水症状を起こしていた模様。2、3分かけて水分を補給した後、再び投球することが出来ました。

 コービン・バーンズは8勝目を上げています。

Game2:フレディー・ペラルタが6回1ヒッター、スコアレス

 そして2023年7月15日行われたGame2では、ブルワーズ先発のフレディー・ペラルタがレッズ打線を翻弄。6.0 IPで1ヒッター、スコアレス、BB 2、SO 6と好投。

 またしてもレッズ打線に仕事をさせませんでした。エリー・デラクルーズは2Bライナー、ピッチャーゴロ、三振、3Bゴロで2試合連続でヒットレスに抑えています。

 ブルワーズはフレディー・ペララルタ降板後、前日と同じリレーを見せ、ペゲーロ、パヤンプス、デビン・ウィリアムスで締めました。

 ベテランのジョーイ・ボットも抑えられましたから、レッズ打線としては手の打ち用がありませんでした。

 レッズはこの日、アンドリュー・アボットの登板日でぜひとも勝っておきたいところでした。実際、6.0 IPで被安打3、失点2、BB 2、SO 3とクオリティー・スタートを記録しましたが、クリスチャン・イェリっちに先頭打者HRと4回のウィリアム・コントラレスのソロHRが効きました。

 このゲームは3-0でブルワーズが勝っています。

MLB Gameday: Brewers 3, Reds 0 Final Score (07/15/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ナ・リーグ中地区はレッズが出てきて非常に面白くなっています。これからトレードデッドラインに向けての動きも注目です。

追記:ブルワーズがスイープ

 現地2023年7月16日のGame3では、ブルワーズ先発のエイドリアン・ハウザーが6回、3失点とまずまずのゲームメイク。レッズ先発のベン・ライブリーは4.0 イニングで1失点で、こちらはさらに頑張りましたが、ブルワーズは5回表にクリスチャン・イェリッチのタイムリーで2-3と1点差に。そして終盤8回表、オーウェン・ミラーの犠牲フライで3-3の同点に追いつき、アンドリュー・モナステリオのタイムリーで勝ち越しに成功。最後はデビン・ウィリアムズが締めて4-3のスコアでブルワーズが勝利。この3連戦をスイープしました。デビン・ウィリアムズは3連投。後ろの差が出た3ゲームシリーズでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました