スポンサーリンク

【ギリギリ】STL、ベースランニング・ミスで同点を逃し、MILにスイープされる

ホーム画面にも書かせていただいておりますが、ナ・リーグ中地区、西地区、ワイルドカード・スポットは日毎に様相が変わる大激戦が行われております。

現地2018年9月26日は、ワイルドカード2枠目を狙うカージナルスとNL中地区のペナントを狙うブルワーズとの3連戦最後のゲームが行われました。

なお、MLBレギュラーシーズン2018はほとんどのチームが28日からの3連戦が最後のシリーズです。ほんとに残りわずか。

Game前の状況

ゲーム前の順位はこうなっておりました。

NL central

NL-Central
2018 Sep 25
W
L
勝率
Gm
1 CHC
Lose0-6 PIT
91
66
.580
2 MIL
Win12-4 @STL
91
67
.576
0.5

NL WC

NL WC
2018 Sep 25
W
L
勝率
1 MIL
Win12-4 @STL
91
67
.576
2 COL
Win 10-3 PHI
87
70
.554
3 STL
Lose4-12 MIL
87
71
.551

Game1、Game2とブルワーズが連勝したため、カージナルスはワイルドカード2枠目から外れてしまう緊急事態に。

一方のブルワーズはペナントを奪う最大のチャンス。首位カブスにトラブルが発生。アディソン・ラッセルはDV容疑で欠場を余儀なくされ、クリス・ブライアントは左手首に死球を受けて離脱。肝心なときに主力が離脱するトラブルに見舞われ打線が沈黙。この最大のチャンスにチームの士気も上がっております。

そしてポストシーズン出場が目の前まで来ているカージナルスはなんとかGame3を奪いたかったのですが、意外なトラブルが勝敗を左右しました。

イェリッチがキーマン

イェリッチがキーマン

ゲームは締まったいい展開。ブルワーズ先発のジョーリス・チャシーン、カージナルス先発のジョン・ガント(3年目)が決戦の空気を読む素晴らしい立ち上がりを披露します。

先制したのはブルワーズ。3回表、1アウトから好調クリスチャン・イェリッチが四球で出塁。次打者のヘスス・アギラルがレフトへクリーン・ヒットを放ち、イェリッチが3塁へ進塁し、1アウト1、3塁に。つづくトラビス・ショーがライトへシングルを放ち、まず1点。

カージナルスも負けておらず、直後の4回裏、四球と二塁打で作ったチャンスにジェド・ジョーコが犠牲フライを放ち、1−1の同点に。

中盤にゲームが動き、お客さんも盛り上がっておりました。

ブルワーズが強いのはその直後に1点を勝ち越したことです。5回表、イェリッチが警戒されてまたしても四球でチャンスを作り、ヘスス・アギラルの打球がボテボテでちょうど送りバントのような形となり、2アウトでランナー2塁を状況を作ります。ここでトラビス・ショーがまたしてもタイムリーを放ち、2−1と勝ち越しに成功。

イェリッチのターンなので危ないイニングと警戒していてもこうなってしまうんですね。恐ろしい。

流れを呼び込んだSTLのブルペン

このままゲームは終盤へ。7回表、カージナルスのマウンドにはジョーダン・ヒックスが上がり、イェリッチに四球を出すも、3人で仕留める好投。この日も速かったです。14球を投げて、100mile超えが8球。Maxは102.6mph (165.12km/h)。

8回表もカージナルスのブルペンが好投。カルロス・マルチネスがライアン・ブラウン、マイク・ムスターカス、エリック・クラッツと主力を3者連続三振に仕留め、攻撃への流れを作りました。

代走ガルシアがつまづいてしまう

そして問題の8回裏。いい流れだったカージナルスでしたが、7回2アウトから登板しているジョシュ・ヘイダーが立ちはだかり、先頭と次打者が凡退し、2アウトに。しかし、マット・カーペンターが粘りに粘って四球を獲得。この辺のマット・カーペンターの価値は計り知れないですね。

ここでブルワーズはジョシュ・ヘイダーからジェレミー・ジェフレスにスイッチ。カージナルスは代走にアドリス・ガルシアを起用。バッターはホセ・マルチネス。

ご覧ください。

3Bのムスターカスも一か八かで投げたと思うのですが、後逸するような送球は避けたかったですね。みんなギリギリのプレーなので責められません。しかし、まさかつまづいてアウトになるとは。甲子園だったらテロのようなヤジが飛んでいそうですね。

それにしてもブルワーズは運も味方につけております。

代走のアドリス・ガルシアはキューバ出身の25才のルーキー。2016年4月に読売ジャイアンツと契約し、8月に契約解除になっています。2017年にカージナルスとマイナー契約し、今季メジャー・デビューという選手です。

この後もジェフレスがしっかりと締め、2−1でブルワーズが勝利しました。

新外国人選手との契約合意について
 読売巨人軍は、キューバ出身のホセ・アドリス・ガルシア外野手(23)と今季の選手契約について合意しましたのでお知らせいたします。背番号は「79」で、5月中旬以降の来日予定です。 ガルシア選手はキューバ国内リーグの強豪「シエゴ・デ・アビラ」で18歳からプレーし、昨シーズンはリーグ最多安打(110)、今シーズンはリーグ最多...

ブルワーズはこれで4連勝。この日、カブスが勝利しましたので0.5差で2位は変わりません。2018最後はタイガースとの3連戦。調子の悪いチームにコロッと負けることがよくあるので3連勝してもらいたいですね。

一方のカージナルスの2018最後の3連戦の相手はカブス。ブルワーズはカージナルス頑張れ!という感じでしょう。なお、ブルワーズはこの日、ポストシーズン進出が決定しました。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました