スポンサーリンク

ペレス&アルシア、MILの二遊間がすごい!ブルワーズ、カブスに完勝!ジオ・ゴンザレス、2019初勝利

二遊間の強さが際立ったゲーム

現地2019年5月10日、平日木曜日のデーゲームでしたが、シカゴのリグレー・フィールドはお客さんでいっぱい。

ブルワーズ@カブスのお隣同士のライバル対決はレベルのスコア以上にレベルの高い好ゲームでした。

あらためてミルウォーキーとシカゴの位置

一応、互いの位置関係を記しておきたいと思います。球場から球場には車で2時間ほどの距離ですね。

ライアン・ブラウンが先制HR

カブスがホセ・キンタナ、ブルワーズがジオ・ゴンザレスの先発で始まったこのゲームの先制したのは4回表、ブルワーズでした。

立ち上がりは両投手ともよく、かなりレベルの高いゲームが期待できる予感がありました。

ホセ・キンタナがロレンゾ・ケイン、クリスチャン・イェリッチと2者連続三振を奪い、2アウトとなってからのHRでしたので非常に効果的。

ライアン・ブラウンは5月4日にメッツと延長18回を戦ったゲームで8-6と大暴れでしたが、その後は疲れが出たのか2試合ノーヒット。現地8日のナッツ戦で1本出たので、このカブスとのシリーズはかなり期待できそうです。

その後、6回終了までゲームに動きがなく、投手がいい仕事をしたと思います。

ブルワーズはゲーム後半の7回、8回、9回に2点ずつ上げ、最終的には7-0となりましたが、途中までは紙一重で流れが変わるというレベルの高いゲームだったと思います。

MIL二遊間の4つの好プレー

この日のブルワーズの二遊間は非常によかったです。

ゲームリキャップに基づいて記していきます。

(1:12) 2Bのペレスの好守備の1つ目。ニースローが素晴らしかったです。

(2:40) 2Bのペレスの好守備の2つ目。5回裏、守備位置の妙がありますが、ジェイソン・ヘイワードの完全にライト前の当たりをストップし、1塁へ好送球。

(4:26) 7回裏、ノーアウト1・2塁でのアルシアの好処理。これも守備位置の妙が大前提のプレーでしたが、ベースを踏んで二塁ランナーをランダンプレーで追い込み、一気に2アウトを取ったのは大きかったです。まだ3−0だったので、カブスの反撃の勢いを殺したプレーでした。

(5:52) 9回裏、2Bペレス、SSアルシアのダブルプレー。これはもうアルシアがかっこよすぎるプレーを見せてくれました。

カブス、痛かった2つのミス

こちらもゲームリキャップに基づいて記しますが、カブスは序盤の先制のチャンスを盗塁死で潰したのと、相手にさきに2点目を与えるフィルダースチョイスを犯してしまったのが痛かったです。

(0:54) カブスは2回裏1アウト2塁からのハビアー・バイエスの3盗失敗が痛かったです。ちょっと欲張ったかなと思います。左投手、右バッターでチャンスではあったのですが、じっくり行ってもよかったと思います。捕手はもちろん、ヤズマニ・グランダール。

ツイッターの動画も上がってましたので併せて載せます。

(3:46) 7回表、リッゾのフィルダースチョイス。これは1塁でアウトにしてほしかったですね。2点目が入り、ブルワーズの方に流れが動きました。

ジオ・ゴンザレス、2019年初勝利

何と言ってもブルワーズ先発のジオ・ゴンザレスの好投がよかったです。

6回途中、被安打2、失点0で1-0のリードを守り抜き、後半の攻撃の流れを作りました。

ジオ・ゴンザレスは2019年初勝利です!!

好守備のMIL2B、エルナン・ペレスとは

Hernán Pérez Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

いい守備を見せてくれたエルナン・ペレスHernán Pérez)について記しておきたいと思います。

エルナン・ペレスは1991年3月26日、ベネズエラ生まれの28才。

2007年7月にアマチュアFAとしてタイガースと契約。メジャー・デビューは2012年、21才の時です。

2015年7月、ウェーバーにかけたところをブルワーズがクレーム(獲得)。この年はタイガースでもメジャーでプレーしていましたが(22試合)、ブルワーズでは90試合に出場。枠の関係でタイガースはマイナーへの降格を意図したと思いす。

2015年11月にFA。すぐにブルワーズが再契約し、現在に至っております。

MLB通算8年(現地2019年5月10日時点)で、573試合に出場、打率.255、OBP .284、SLG .389、HR 40、RBI 168、盗塁 66。

なお、2016年には34盗塁を決めております。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました