スポンサーリンク

【MLBプロスペクト2022】マリナーズ、マット・ブラッシュがセンセーショナル・デビュー!

CWS相手に黒星も、圧巻のピッチング

 マリナーズに生きの良いプロスペクトが出てきました。

 現地2022年4月12日、マリナーズ@ホワイソックス戦で右腕のマット・ブラッシュがデビュー。ホワイソックス相手に最終的に黒星はついてしまったものの、投球内容は圧巻で、非常にセンセーショナルなデビューを果たしました。

Matt Brash College & Minor Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com
All Professional Baseball Statistics for Matt Brash.

マット・ブラッシュ、とんでもないスライダーを投げる!

 まずはマット・ブラッシュをだいぶ前からチェックしていて、この日のデビュー戦に待ってましたとばかりに網を張っていたピッチング・ニンジャさんのツイートの埋め込みを。

 勢いを活かすピッチング・フォームはかつてアスレチックス、ブレーブスで活躍した、通算222勝のティム・ハドソンを彷彿とさせるものがあります。

ルイス・ロバートから初奪三振

 メジャー初マウンドに上がったマット・ブラッシュは、1回表、先頭のティム・アンダーソンに97.3mphのファストボールでご挨拶。スライダーでRFフライに打ち取りました。

 メジャー初奪三振はルイス・ロバートから奪ったもので、2球で追い込んだ後、ボールを1つ挟んで85.7mphのとんでもないスライダーで空振り三振。あのルイス・ロバートが追いかけるスイングを見せましたね。なお、ルイス・ロバートには4球連続スライダー。

 つづくホセ・アブレイユも三振に打ち取り、非常にセンセーショナルな立ち上がりを見せました。

 マリナーズ打線は、2回表にエウヘニオ・スアレスがLFへきれいなソロHRを放ち、先制。

 3回裏、マット・ブラッシュは1アウト後にジョシュ・ハリソンにボールを見られて四球。つづくリース・マグワイアにはRFへシングルを打たれ、1アウト1、3塁のピンチに。

 ここでつづくティム・アンダーソンを強気に2球で追い込み、5球目のスライダーを見事にSSゴロに仕留めたまでは良かったものの、名手のJ.P.クロフォードがゴロをファンブル。これで3塁ランナーが生還し、1-1のタイスコアに持ち込まれます。

 6回裏、1アウトからルイス・ロバートにスライダーをCFに放り込まれ、2-1と逆転を許します。つづく、ホセ・アブレイユにもシングルを許したところで、降板。

 マット・ブラッシュは、5.1イニング、85球で被安打4、失点2、与四球1、奪三振6、被本塁打1という成績でデビュー戦を終えました。ホワイトソックス打線をこれだけ手こずらせるとはすごいです。

マット・ブラッシュとは

 このマット・ブラッシュのことを簡単にご紹介します。1998年5月12日生まれの23才(現地2022年4月12日時点)。

 カナダの出身で、ナイアガラ大学を出ています。ドラフトは2019年のパドレスの4巡目指名。ドラフト・イヤーはルーキー、ハイAに所属。計5試合、5.1イニングに登板。

 実施的にプロ初年度となる2020年、残念なことにCOVID-19のパンデミックでマイナー・リーグがキャンセルとなったことで、成長する機会を奪われました。

パドレス、痛いトレード

 そして2020年8月31日、パドレスはマリナーズから右腕のテイラー・ウィリアムズを獲得。

Taylor Williams Stats | Baseball-Reference.com
Career: 3-5, 5.29 ERA, 105 SO, P, Brewers/Mariners/... 2017-2021, t:R, born in WA 1991, T-Willy

 この時は交換相手はPTBNL(Player To Be Named Later: 後日指名)だったのですが、それにあてがわれたのがマット・ブラッシュで、9月17日にマリナーズに移籍しました。

 テイラー・ウィリアムズは2020年はパドレスで1イニングに登板しただけ。2021シーズンは5試合5.1イニングでERA1.69だったものの、9月にDFA。それをウェーバーでマイアミがクレームオフするも、同月にFAとなり、2022年3月はFAとしてジャイアンツとサイン。今はジャイアンツのマイナーに在籍。

 パドレス4巡目指名ということで、マット・ブラッシュを適正に評価していなかった模様です。

2021シーズンにコールアップ

 マット・ブラッシュは2021シーズン、ハイAからスタート。そして圧倒的な力を見せます。ハイAでは42.1イニングでSO9が13.2、ダブルAでも55.0イニングでSO9は13.1をマーク。

 この圧倒的な数字で、2021年9月28日にメジャー昇格を果たします。しかし、2021年はメジャーでの登板はありませんでした。マリナーズは終盤、投手力が良かったですからね。

 そして今スプリングトレーニングでは、3試合中、2試合に先発。9.1イニングを投げて、被安打3、失点1、奪三振12、ERA 0.96をマーク。マリナーズのローテーションのNO.5スポットを手に入れたのでした。

プロスペクト・ランク

 Pre-2022のMLBパイプラインのプロスペクトランキングではTOP98位にランクイン。これはかなり過小評価でした。Baseball Americaでは45位で、さすがの老舗パワーの眼力です。

ファストボールがHigh 90/スピンレートが豊富なスライダー

 この日のピッチングの通り、マット・ブラッシュのファストボールはハイ90mph。2021年はアベレージで96.4mphをマーク。そして高いスピンレートが明白なウィッフルボールのように曲がるスライダーが武器。その他、ナックルカーブ、チェンジアップと速度差を活かせるボールも持ち合わせています。

 2021年はハイA、ダブルAでBB9が4.4。コマンド(コントロール)にやや不安があったものの、このデビュー戦では四球が1つ。きっちり仕上げてきました。

 非常に楽しみな投手です。名前の響きも何か良いものがありますね。

ベラスケスが好投

 なお、ついでのようになってしまいましたが、ホワイトソックスの先発はビンス・ベラスケス。ピッチャーらしいピッチャー。この日は4.0イニングで被安打2、失点1、BB3、奪三振2、被本塁打が1。勝ち投手にはならなかったものの、見事にゲームメイクしました。

 ゲームはマット・ブラッシュに援護がなく、3-2のスコアでホワイトソックスが勝ちました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました