スポンサーリンク

【MLBプロスペクト2022】マリナーズ、マット・ブラッシュがセンセーショナル・デビュー!

CWS相手に黒星も、圧巻のピッチング

 マリナーズに生きの良いプロスペクトが出てきました。

 現地2022年4月12日、マリナーズ@ホワイソックス戦で右腕のマット・ブラッシュがデビュー。ホワイソックス相手に最終的に黒星はついてしまったものの、投球内容は圧巻で、非常にセンセーショナルなデビューを果たしました。

Matt Brash College & Minor Leagues Statistics | Baseball-Reference.com
Matt Brash College & Minor Leagues Statistics including batting, field...

マット・ブラッシュ、とんでもないスライダーを投げる!

 まずはマット・ブラッシュをだいぶ前からチェックしていて、この日のデビュー戦に待ってましたとばかりに網を張っていたピッチング・ニンジャさんのツイートの埋め込みを。

 勢いを活かすピッチング・フォームはかつてアスレチックス、ブレーブスで活躍した、通算222勝のティム・ハドソンを彷彿とさせるものがあります。

ルイス・ロバートから初奪三振

 メジャー初マウンドに上がったマット・ブラッシュは、1回表、先頭のティム・アンダーソンに97.3mphのファストボールでご挨拶。スライダーでRFフライに打ち取りました。

 メジャー初奪三振はルイス・ロバートから奪ったもので、2球で追い込んだ後、ボールを1つ挟んで85.7mphのとんでもないスライダーで空振り三振。あのルイス・ロバートが追いかけるスイングを見せましたね。なお、ルイス・ロバートには4球連続スライダー。

 つづくホセ・アブレイユも三振に打ち取り、非常にセンセーショナルな立ち上がりを見せました。

 マリナーズ打線は、2回表にエウヘニオ・スアレスがLFへきれいなソロHRを放ち、先制。

 3回裏、マット・ブラッシュは1アウト後にジョシュ・ハリソンにボールを見られて四球。つづくリース・マグワイアにはRFへシングルを打たれ、1アウト1、3塁のピンチに。

 ここでつづくティム・アンダーソンを強気に2球で追い込み、5球目のスライダーを見事にSSゴロに仕留めたまでは良かったものの、名手のJ.P.クロフォードがゴロをファンブル。これで3塁ランナーが生還し、1-1のタイスコアに持ち込まれます。

 6回裏、1アウトからルイス・ロバートにスライダーをCFに放り込まれ、2-1と逆転を許します。つづく、ホセ・アブレイユにもシングルを許したところで、降板。

 マット・ブラッシュは、5.1イニング、85球で被安打4、失点2、与四球1、奪三振6、被本塁打1という成績でデビュー戦を終えました。ホワイトソックス打線をこれだけ手こずらせるとはすごいです。

マット・ブラッシュとは

 このマット・ブラッシュのことを簡単にご紹介します。1998年5月12日生まれの23才(現地2022年4月12日時点)。

 カナダの出身で、ナイアガラ大学を出ています。ドラフトは2019年のパドレスの4巡目指名。ドラフト・イヤーはルーキー、ハイAに所属。計5試合、5.1イニングに登板。

 実施的にプロ初年度となる2020年、残念なことにCOVID-19のパンデミックでマイナー・リーグがキャンセルとなったことで、成長する機会を奪われました。

パドレス、痛いトレード

 そして2020年8月31日、パドレスはマリナーズから右腕のテイラー・ウィリアムズを獲得。

Taylor Williams Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

 この時は交換相手はPTBNL(Player To Be Named Later: 後日指名)だったのですが、それにあてがわれたのがマット・ブラッシュで、9月17日にマリナーズに移籍しました。

 テイラー・ウィリアムズは2020年はパドレスで1イニングに登板しただけ。2021シーズンは5試合5.1イニングでERA1.69だったものの、9月にDFA。それをウェーバーでマイアミがクレームオフするも、同月にFAとなり、2022年3月はFAとしてジャイアンツとサイン。今はジャイアンツのマイナーに在籍。

 パドレス4巡目指名ということで、マット・ブラッシュを適正に評価していなかった模様です。

2021シーズンにコールアップ

 マット・ブラッシュは2021シーズン、ハイAからスタート。そして圧倒的な力を見せます。ハイAでは42.1イニングでSO9が13.2、ダブルAでも55.0イニングでSO9は13.1をマーク。

 この圧倒的な数字で、2021年9月28日にメジャー昇格を果たします。しかし、2021年はメジャーでの登板はありませんでした。マリナーズは終盤、投手力が良かったですからね。

 そして今スプリングトレーニングでは、3試合中、2試合に先発。9.1イニングを投げて、被安打3、失点1、奪三振12、ERA 0.96をマーク。マリナーズのローテーションのNO.5スポットを手に入れたのでした。

プロスペクト・ランク

 Pre-2022のMLBパイプラインのプロスペクトランキングではTOP98位にランクイン。これはかなり過小評価でした。Baseball Americaでは45位で、さすがの老舗パワーの眼力です。

ファストボールがHigh 90/スピンレートが豊富なスライダー

 この日のピッチングの通り、マット・ブラッシュのファストボールはハイ90mph。2021年はアベレージで96.4mphをマーク。そして高いスピンレートが明白なウィッフルボールのように曲がるスライダーが武器。その他、ナックルカーブ、チェンジアップと速度差を活かせるボールも持ち合わせています。

 2021年はハイA、ダブルAでBB9が4.4。コマンド(コントロール)にやや不安があったものの、このデビュー戦では四球が1つ。きっちり仕上げてきました。

 非常に楽しみな投手です。名前の響きも何か良いものがありますね。

ベラスケスが好投

 なお、ついでのようになってしまいましたが、ホワイトソックスの先発はビンス・ベラスケス。ピッチャーらしいピッチャー。この日は4.0イニングで被安打2、失点1、BB3、奪三振2、被本塁打が1。勝ち投手にはならなかったものの、見事にゲームメイクしました。

 ゲームはマット・ブラッシュに援護がなく、3-2のスコアでホワイトソックスが勝ちました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました