スポンサーリンク

【INJURY2020】レッズのスアレスが右肩を手術、MILの若手ルイス・ウリアスは有鉤骨骨折

2人とも開幕はアウトかも

 現地2020年1月28日、怪我のニュースが入ってきております。いずれもクラブ内で注目したい選手で、開幕に間に合うかどうかというとたぶんアウト。4月半ばに復帰出来るかどうかという怪我です。

 まずはレッズの3Bスアレスの状態です。

レッズのスアレスはプールで事故→手術へ

 シンシナティ・レッズの3Bで、2019年に49HRを放ち、HRタイトルの2位に入ったエウヘニオ・スアレス(Suarez )が肩を手術しました。

自宅プールでの災難

 エウヘニオ・スアレスが手術したをしたのは右肩の軟骨除去のため。約10日ほど前の1月半ば、スアレスは自宅プールで怪我をしたことが判明。シンシナティの病院で検査したところ、手術に至ったのでした。プールでの怪我ということですが、詳細は出ておりません。かなり高い確率で転んだ時に傷めたと思われます。

 不注意でなければよいですが、たとえ不注意であったとしても責めてもなんにもなりませんから、こうなったら完治を目指して欲しいなとは思います。

スプリングトレーニングは軽めのスタートから

 ただ、不幸中の幸いでそれほど重い怪我ではなく、すぐにリハビリに入るようです。とは言え、2月半ばから始まる野手のスプリングトレーニングのワークアウトまであと2週間。さすがにこれには間に合わず、スアレスはリハビリでのワークアウト・スタートということになりそうです。

 また二次災害を防ぐべく、しっかりと治すでしょうから、スローイング、スイングのチューンナップの期間を入れるとゲーム復帰は3月下旬になるかもしれません。そうなると、開幕はアウトの可能性が高いです。

アグレッシブなレッズに悪いニュース

 このオフ、FA市場に非常に積極的なレッズはプラス要素が加算されるばかりでしたが、このスアレスの怪我のニュースはやや冷水を浴びせた感があります。攻撃の軸にスアレスを考えているでしょうから、しっかりと治してもらいたいですね。

ムースが開幕3Bか?

 レッズは外野の補強だけでなく、オフの早い時期にマイク・ムスターカスとサイン。仮にスアレスが開幕アウトでもムースが3Bを守り、穴はありませんが、スアレスがいるのといないのとでは打線の厚みが変わってきます。

リンドーア獲得に加速??

 これは筆者の予測ですが、こうなるとレッズは本気でインディアンスのフランシスコ・リンドーア獲得に至るかもわかりません。もっともインディアンスが誰を欲するかにもよりますが、背中を押す要素にはなっているかと思います。

 もう一人注目の選手の怪我のニュースが入ってきました。

MILのウリアスが有鉤骨骨折

 今オフ、ブルワーズとパドレス間で成立したトレードでパドレスからブルワーズに移籍してきた期待のプロスペクト、ルイス・ウリアス( Luis Urias )が”eft hamate bone”、左手有鉤骨を骨折。全治6から8週間と診断されています。

まさかの有鉤骨骨折

 期待のウリアスですが、オフの間頑張りすぎたようでスプリングトレーニングに入る前に有鉤骨骨折となりました。これはちょうどバットのグリップが当たるところですね。

 ホセ・ラミレス、ジョーイ・ギャロも2019シーズンに骨折し、シーズンに影響しました。鍛えて治すわけにもいかず、骨の回復を待つしかありません。

ブルワーズはウリアスをメインで考慮していた

 ブルワーズですが、2020年のSSをルイス・ウリアスありきで考えていたような形跡があります。オーランド・アルシアという素晴らしいSSがいるにもかかわらず、アルシアと競争させた上での話ですが、出来ればウリアスをSSで使いたかったようです。

 ただ、上記のように回復まで6から8週間かかるので、スプリングトレーニングではリハビリスタートとなり、強くバットが振れるようになるまでの時間も含めると、おそらく開幕もアウトの見込みです。

内野手がたくさん

 ブルワーズは開幕SSをオーランド・アルシアで乗り切りそうですが、今オフはエリック・ソガード、ジェド・ジョーコを獲得しており、2Bのヒウラも含めて競争が激しくなりそうです。

 オーランド・アルシア好きの筆者とすれば、彼を起用してもらいたいですが、やはりルイス・ウリアスも早く見てみたいですものです。

 2選手ともにしっかりと治してフィールドに戻ってきて欲しいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました