スポンサーリンク

【MLB移籍2020】FAのマイク・ムスターカスがレッズと4年契約!ついにロングタームをゲット

ムース、念願の複数年契約

 FAとなって3年め。過去2年のFAの契約では辛酸を嘗めてきたマイク・ムスターカス(Mike Moustakas )がついにロングターム契約をゲットしました!

 現地2019年12月2日、ブルワーズからFAとなっていたマイク・ムスターカスがレッズとの4年契約に合意しました。

契約内容

 契約は4年/$64 M。レッズのフランチャイズ史上最高規模となりました。オプションと支払いスケジュールは現地2019年12月2日時点では確認できておりませんが、2020シーズンで31才となるムスターカスが34才になるまでの4年間です。仮に均等払いだったとして年$16Mのサラリーになります。

がっかりの契約が続いた過去2年

 2017年10月にロイヤルズをFAとなり、11月にクオリファイング・オファーを受けるも拒絶。FA市場に打って出たものの、この年から始まった遅いFA市場の影響をもろに受け、結局2018シーズンの開幕が見えてきた3月にようやくロイヤルズと1年$6.5 Mプラスボーナス(最高$2.27M)で契約。

 $17.4Mのクオリファイング・オファーの1/3ほどの額で契約せざるを得ませんでした。

 FA2年めとなった2018シーズン終了後も再びFA市場に打って出たものの、またしてもストレスフルな市場に阻まれ、2019年2月17日にブルワーズと1年$10Mのミューチュアル・オプションで合意。FA1年目よりはよい条件にはなったものの、結局は2年間で最初のクオリファイング・オファーの額をやや下回る契約となっていたのでした。

 そして迎えた2019シーズン終了後のこのオフ。ブルワーズとのミューチュアルオプションをムース側が拒否。三度FA市場に打って出て、ついに大型の4年契約をゲットしたのでした。しかも年内決着。

 この2年間、結果を残してきた甲斐があったというものですね。ムース、おめでとうございます!

ムースの2年間のスタッツ

 マイク・ムスターカスは2018年のトレードデッドラインでロイヤルズからブルワーズに移籍。過去2年の主な成績はご覧の通り。

  • 2018: 152Gm/ BA .251/ OBP .315/ SLG .459/ HR 28/ RBI 95
    • KCR: 98 Gm/ BA .249/ OBP .309/ SLG .468/ HR 20/ RBI 62
    • MIL: 54 Gm/ BA .256/ OBP .326/ SLG .441/ HR 8/ RBI 33
  • 2019: 143Gm/ BA .254/ OBP .329/ SLG .516/ HR 35/ RBI 87

2019シーズンのWARは3.2、100が目安のOPS+は114。ブルワーズにとって欠かせない存在となっていました。

レッズでも2Bの予定

 ESPNのバスター・オルニーさんが出していた現状のロスターによるレッズの予想スタメンです。内野が非常に豪華です。3Bのスアレスは2019年にHRタイトル2位。ジョーイ・ボットはレッズのスターで、そして今のところ、フレディー・ガルビスとのコンビでダブルプレーを成立させることになりそうです。

 2019シーズン、打撃でも良い結果を出した名手ホセ・イグレシアスはFAです。彼とのコンビも見てみたかったです。

ムースの魅力

 上のムスターカスの過去2年のスタッツを見てもクリスチャン・イェリッチのような飛び抜けたものがないのはおわかりいただけると思います。

 そして実はそれは映像の方でも同じでムースがゲームを決めたとシーンがそれほど多くないのです。下の動画は2018年のポストシーズンでNLCS行きをムースが決めたシーン。結構貴重です。

 これほどの選手なににどうして紙面を賑わせることが少ないのか。

 それは、ゲームの流れを左右するここぞという重大な極点で結果を残しているものの、スポーツメディア(当ブログもその端くれですが)がついついチョイスしてしまいたくなるゲームの最も目立つ美味しい部分を他の人にくれているからです。美味しいところへのお膳立てが出来る選手。それがマイク・ムスターカスと言えます。筆者はそう見ています。

 ゲームでは非常に頼りになり、勝負強いです。レッズでの活躍も期待したいと思います。

 それにしてもレッズはかなり大盤振る舞いでしたね。エージェントがスコット・ボラス氏ですから、ブルワーズの影をちらつかせながら交渉したのかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました