スポンサーリンク

【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)

レジェンドの勇姿がPSも見られそう!

 いいニュースです。

 現地2022年9月14日、アストロズのダスティー・ベイカー監督が記者団に対し、現在15- Day ILに入っているジャスティン・バーランダーが現地2022年9月16日(金)に予定されているアスレチックス戦からローテーションに復帰させるつもりであると発表しました。

 ひょっとしたら、今季の復帰は難しいかもしれないと思っていただけにこれは朗報になりました。

暫定的とは言え、楽観視

 なお、ダスティー・ベイカー監督は、あくまで「暫定的」とも付け加えており、怪我の回復次第ではずれ込む可能性も一応示唆しております。

 39才という年齢もあり、アストロズの現場はワースト・シナリオも想定していたと思いますが、順調に回復していることで、これからポストシーズンに向けて強い味方になることは間違いありません。

右ふくらはぎのハリ

 ジャスティン・バーランダーが傷めた箇所は右ふくらはぎ。現地2022年8月28日のオリオールズ戦で3回を投げ、奪三振6と素晴らしい投球を見せていたのですが、右ふくらはぎにハリを覚えそのまま降板しました。なお、このゲームは6回を終えてスコアレスで、終盤にアストロズがアレックス・ブレグマンのHRなどで3点を奪い、勝利しました(スコア BAL 0 @ 3 HOU)。

 登板から2日後の現地2022年8月30日にMRIを撮影。その結果、筋膜に損傷はあるが、筋繊維の損傷は認められないと診断され、以降はリハビリに励んでおりました。

 現地2022年9月3日には傾斜のないところで、60フィート(約18.3m)の投球を開始。そこから徐々に距離と負荷を上げるリハビリに突入しました。今回のリハビリ過程にマイナーでのテスト登板の予定はなく、即本番となる見込みです。実際、バーランダーはすでにベンチに入っております(まだIL中ではりますが)。

 肩・肘の怪我でなかったのが、不幸中の幸い。とは言え、きれいな体重移動から右足の強いケリを伴うバーランダーのピッチング・フォームからすると、右ふくらはぎは非常に重要な箇所でもあります。

ALサイ・ヤング賞の有力候補

 ジャスティン・バーランダーがトミー・ジョン手術を受けたのは2020年10月のこと。37才でこの手術を受けるかどうかの決断したのは簡単なことではなかったと思います。復帰まで約18ヶ月が見込まれますから。

 そして、39才となった今季が術後初めてのフルシーズンです。術後は今までとは違う違和感があると言いますので、コントロールなど苦戦するのではないか?とも思われましたが、いざ蓋を開けて見ると、とんでもなく素晴らしいシーズンにしてしまいました。さすがのバーランダーです。

 現時点での成績として勝利数16(16勝3敗)はALで1位。MLB全体で言うと、カイル・ライトがすでに18勝をマークしていますが、バーランダーは2回ほどローテーションを飛ばしているにもかかわらず、この数字です。

 さらにERA1.84はALで1位。イニング数の152.0は、ALで18位。これはある程度イニング制限はかけているので致し方ないとは言え、16日に復帰となれば、アストロズの消化試合数を追い抜きそうです。あと10イニングを投げれば、そもそもの規定投球回数をクリアーとなり、ERAのタイトルをさらっていくことができます。

2023年はプレーヤーオプションに 

 バーランダーは2021年12月にアストロズと再契約。

  •  1年/$25M (2022) + 2023年はコンデイョナルなオプション

 このコンデイョナルな部分は、実質べスティング・オプション(Vesting Option)です。

 その内容は2022年に130.0IPを投げれば、2023年は$25Mのサラリーになるプレーヤー・オプションに変換できるというものでした。すでに悠々と条件をクリアー済みです。

 バーランダー、ポストシーズンに向けても楽しみですね。

追記:予定通り復帰!

 ジャスティン・バーランダーは回復も順調で、ダスティー・ベイカー監督がもらしたように現地2022年9月16日のアスレチックス戦にて復帰いたしました。

5回、ノーヒット投球!

 その復帰戦でバーランダーは5回、79球を投げてノーヒット投球を披露。もちろん、スコアレスです。与四球1のみでしかも9K!本当にすごい投手です。

 お読みいただき。ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました