スポンサーリンク

【INJURY2019】ブレイク・スネル(レイズ)とジョーイ・ギャロ(レンジャーズ)が手術へ!トレードデッドラインへの影響は?

ともに今季復帰見込み

現地2019年7月25日、主力プレーヤーの手術のニュースが入ってきましたので、記載しておきたいと思います。

タンパベイ・レイズの左腕で2018年サイヤング賞のブレイク・スネル(Blake Snell #4)とレンジャーズの長距離砲、ジョーイ・ギャロ(Joey Gallo #13)がともに手術となりました。

まずギャロの方から見ていきます。

飛ばしすぎのギャロは例の有鉤骨(ゆうこうこつ)

HRしか狙っていないレンジャーズのジョーイ・ギャロ(Joey Gallo #13)が傷めた箇所は右手の有鉤骨(ゆうこうこつ)。バットのグリップが当たるところですね。こちらを骨折していたようです。

マット・オルソンの場合

さて、日本開幕戦でアスレチックスのマット・オルソンが傷めたのも有鉤骨でした。

マット・オルソンの場合、復帰までどうだったかというと、3月23日のゲームで骨折。米国帰国後の3月27日に手術し、5月1日にマイナーへのリハビリ出場が可能となり、5月7日にメジャーに上がってきました。

怪我発症からMLB復帰まで1ヶ月超というところですね。

そして今回のジョーイ・ギャロのケースも復帰まで4−6週間と見られており、おそらく8月を過ぎて9月初旬での復帰になるのではないかと思います。

ジョーイ・ギャロの2019年の成績は現地2019年7月25日時点で70試合、297打席で打率.253、OBP .389、SLG .598。 ホームラン22本、打点49。 今季はオールスターにも出場。

シングルヒットより多いHR数

今季は計61安打中、シングルヒットは23本。かろうじてHR数を上回っています。

なお、キャリア通算では全281安打中、シングルヒットは105、HRは110。やはりまだHRがシングルヒットを上回っています。

レンジャーズのトレードデッドライン

現地2019年7月25日、レンジャーズはアスレチックス戦に11−3で勝利(BOX SCORE)。今季52勝51敗。勝率5割を超えていますが、首位アストロズとは13.5ゲーム差、ワイルドカード争いでは6番め。

今回、ジョーイ・ギャロがシーズンの追い込みの1ヶ月間サイドラインに退くことになり、レンジャーズは「売り」へ加速しそうです。マイク・マイナーが出る確率は非常に高くなったと見ていいと思います。

ブレイク・スネルは関節鏡手術へ

一方、レイズのブレイク・スネル(Blake Snell #4)が傷めたのは、左肘関節内遊離体、俗称「関節ネズミ」です。

こちらはレッドソックスのネイサン・イオバルディと同じ手術で、関節内視鏡を使い、肘内の骨の破片を除去していきます。

こちらも復帰まで最低で4週間はかかると見込まれています。

イオバルディの場合は発症から復帰までおよそ3ヶ月かかりました。

症状により個人差があるので、早ければ8月中の復帰もあるかもわかりませんが、おそらくシーズン中にかえってきてくれればというペース感になると思います。

2019年のブレイク・スネルは20スタート、101.0イニングで6勝7敗、ERA 4.28。2018年、シーズンを通して1.89だったERAは今季は悪化。やはり肘の痛みが影響していたと思われます。

レイズのTDLへの影響は

ここで問題になるのはレイズのトレードデッドラインの戦略。

ブレイク・スネルがサイドラインに下がったということで、フルタイムのローテーション投手は現地2019年7月24日のレッドソックス戦でアメージングなピッチングを見せたチャーリー・モートン一人となりました。

ヨニー・チリノスも入れていいと思いますが、それでも最大で二人。

ルーキーのタイラー・グラスノーは無理させられない状況。本当に手術が必要な状態でなかったか?と今でも疑ってはおります。

スネルの代わりということになれば、今トリプルAに落としているブレンダン・マッケイの再昇格しかないのではないかと思います。

何をやらかすかわからないレイズなので、大きなトレードもあるかもわかりません。

見込みがなくなれば思い切って売りにも出るのでしょうが、ただ、残り2ヶ月ある中でたかだか1勝か2勝の差だけで安易に売りに出るようなことをすれば、むしろこれから勝利の女神に見捨てられると思うので、大事に戦ってもらいたいと筆者は思います。

工夫に工夫を重ねた積み重ねが今の成績なのですから。

戦い抜いてほしいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました