スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】レッドソックス、サイ・ヤング賞2度受賞のコーリー・クルーバーと1年契約で合意

サイ・ヤング得票TOP3を計4度

 現地2022年12月28日、ネイサン・イオバルディとリッチ・ヒルをFAで他クラブへ流したレッドソックスが、ローテーション右腕を獲得。

 2014年と2017年に2度、サイ・ヤング賞に輝いたコーリー・クルーバー(Corey Kluber )と1年契約で合意に至りました。

契約内容

 レッドソックスとコーリー・クルーバーの契約にはパフォーマンス・ボーナスとオプションがあります。

  • 1年/$10M (2023) + 2024 $11Mクラブオプション
    • パフォーマンス・ボーナス
      • 20スタートで+$0.5M、25スタート及び30スタートでそれぞれ+$0.75M(計$1.5M)
      • クラブオプションが行使された場合、2023年のパフォーマンス・ボーナスが2024年のベースサラリー$11Mに追加され、さらに前年と同じ設定のパフォーマンス・ボーナスも設けられている

 2023シーズンに20スタートとなった場合のサラリーは$10.5M、30スタートまで行けばさらに$0.75Mが2度加算されるので、$2M追加の$12Mに。

 そして、2024年のサラリーは前年のパフォーマンス・ボーナスがベース・サラリーにプラスされるので、仮に2023年に30スタート以上をこなした場合、2024年のベース・サラリーに$2Mが追加されて$13Mに。さらに、2024年も30スタート以上をこなした場合には+$2Mのパフォーマンス・ボーナスが追加されるので計$15Mに。

 よって2年でMAX$27Mが可能という設定になっています。

直近の契約

 コーリー・クルーバーの2022シーズンのレイズとの契約は以下の通り。

  • 1年/$8M (2022)
    • パフォーマンス・ボーナス: 10スタート、15スタートでそれぞれ+$0.5M。20スタートで+$1M、25、30スタートでそれぞれ+$1.5M

 コーリー・クルーバーは2022年に31スタートをこなしましたので、ボーナスは$0.5Mx2 + $1M+ $1.5M +$1.5Mで計$5M。よって2022年のサラリーは$13Mでした。今回のレッドソックスの契約は若干ではありますが、前年よりも安めの設定にはなっています。

2019年以降のコーリー・クルーバー

 コーリー・クルーバーは2014年から2018年の5シーズンの間に、サイ・ヤング賞の得票でTOP3を4度、9位を1度獲得したことことのある実績ある右腕。その後は災難にも遭遇していました。

打球直撃で骨折(2019)

 2019年は5月1日にマーリンズのブライアン・アンダーソンのラインドライブの打球を右腕にダイレクトに受けて骨折。

 さらに、リハビリ中に腹筋痛(腹斜筋か?)にも悩まされました。この間、当時在籍していたインディアンスではシェーン・ビーバーやザック・プリサックらのプロスペクト達が台頭。コーリー・クルーバーはトレードの対象となり、2019年12月にデリノ・デシールズJr.とエマニュエル・クラせとのトレードでレンジャーズに移籍。クラセは禁止薬物で出場停止処分を受けるも、2022年に大飛躍しましたね。

肩の筋肉の断裂(2020)

 コーリー・クルーバーの2020年は肩の筋肉を断裂し、1試合のみの登板にとどまりました。

 シーズン終了後にFAとなり、スカウト向けのショーケースで好印象を与え、2021年1月にヤンキースと1年/$11Mでサイン。フィジカルチェックが注目されていましたが、それにパスしただけでなく、開幕からローテーションのNO.2の座を手に入れました。

肩の疲れ(2021)

 5月19日には、2021シーズンで通算6度目のノーヒットノーランを達成。ヤンキースの投手のノーヒットノーランは、21世紀に入ってから初めてあり、グローブ・ライフ・フィールドでのノーヒットノーランの達成は、4月9日にパドレスのジョー・マグスグローブが達成して以来2人目となりました。

 しかし、5月25日のブルージェイズ戦で、肩の疲れを訴えてわずか3イニングで降板。これ以降、IL入りとなり、復帰は8月30日まで待たなければならなくなりました。結局、2021シーズンは16試合で5勝3敗、ERA 3.83。ポストシーズンには登板せず、ヤンキースはワイルドカードゲームで敗退しました。

ベロシティー・ダウンにどう対応するか?

 2018年までの輝かしい実績の後は、上述のように利き腕に大きな怪我を負い、一時は選手生命も危ぶまれましたが、2022年はレイズで31スタートで164.0イニングを投げ、10勝10敗、ERA 4.34、奪三振139で、とにかくシーズンにフル稼働した実績を残しました。

 大怪我も完治し、さあこれからというところですが、コーリー・クルーバーは1986年4月10日生まれの36才。2023シーズンが始まってすぐに37才になります。

 サイ・ヤング賞を2度受賞し経験豊富とは言え、年齢によるベロシティー・ダウンにどう対応できるのか?が最も関心のあるところ。

 全盛期の2015年はシンカーの平均ベロシティーが93.5mph、4シームは93.2mph、武器のスライダーは88.9mphを誇りましたが、2022年は平均ベロシティーで90mphを上回る球種はなく、4シームとシンカーが88.9mph。ビデオゲームのようなスライダーは封印。カットボールを投げており、86.3mphで投球スタイルも変わりました。

 さすがなのはBB%で、2021年は9.7%だったのが、2022年は3.1%に激減。キャリア平均が5.4%ですから2021年はやや高すぎはしましたが、3.1%はキャリアハイです。

 ただ、2017年に34.1%をマークしたSO%は、2022年は20.2%に低下。これがベロシティー・ダウンの影響の出ているところです。

 なお、ハードヒット%は全盛期でも33%前後でしたが、2022年は35%とそれほどアップしておりません。

 とにかく、ヘルシーでさえあればローテーションは回せます。あとは狭いフェンウェイパークで一発に注意するあまり、腕が振れなくなるのに注意したいところです。ただ、昨年のレッドソックスの投手陣で一発を多く浴びたのはほとんどがど真ん中への投球。彼のコントロールと実績を信じるしかありませんね。

 マイケル・ワカと再契約してもよかったのでは?なども考えてしましますが。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました