スポンサーリンク

【MLB移籍2023】オリオールズがアーロン・ヒックスと契約!負傷のセドリック・マリンズのスポットに!

レイズをピッタリとマークしているオリオールズ

 3月・4月を19勝9敗でスタートしたボルチモア・オリオールズは、5月に入ってからもその勢いをキープし、現地2023年5月30日終了時点で16勝11敗と好成績をマーク。

 開幕から13連勝とロケット・スタートを切ったレイズに対してピッタリと後を追う形を続けたことで、現地2023年5月30日終了時点でレイズが39勝18敗、オリオールズが35勝20敗と、もはや手の届くところまで差を詰めております。

速攻で補強に動いたオリオールズ

 そんな好調のオリオールズにトラブルが発生したのは、現地2023年5月29日のガーディアンズ戦のこと。

 リード・オフでOPS.835を誇るセドリック・マリンズが8回裏の第4打席で、SSゴロを放って1塁に到達する際に右足を負傷。駆け抜けることが出来ませんでした。一応自力では歩けたものの、そのままゲームを後に。

 診断の結果、マリンズは右鼠径部の張り(捻挫)で、即座に10 Day ILとなりました。

 セドリック・マリンズはここまで53試合に出場。打率.263、OBP .356、SLG .479、OPS .835、8 HR、26 Run、39 RBI、13盗塁をマーク。さすがに好調なクラブのリードオフというだけあって、素晴らしい成績を残していました。マリンズの場合、俊足を活かした守備もチームの勝利に貢献していただけにこの離脱はオリオールズにとって痛いものとなりました。

 ちなみにマリンズが負傷退場したゲームはガーディアンズが5-0でシャットアウト勝ちを納めています。

 そんな中、オリオールズに迷いはありませんでした。速攻でマリンズの穴に対処。そのスポットに選んだのはなんと、ヤンキースからDFA、そしてリリースとなったアーロン・ヒックスでした。この対処は、マリンズのIL入りが決まって24時間経過していない段階でのディールでまさに電光石火の補強。

オリオールズ、アーロン・ヒックスと契約 

 アーロン・ヒックスは現地2023年5月20日にヤンキースからDFAとなり、現地2023年5月26日にリリース。2年半以上の契約期間を残してのディールでした。

契約内容

 今回のディールはマイナーディールでなく、メジャーディールとなりました。即座に40manそしてアクティブ・ロスターに入るからです。

 オリオールズは、アーロン・ヒックスに対し、MLB最低年俸の0.72Mのうち、日割りの約0.483Mドルだけの支払いにとどまります。

 元いたヤンキースは 上記のリンク記事の通り、2025年までの契約と2026年のクラブオプション破棄の際のバイアウト$1Mが残っていますので、$9.5M x 2 (2024-25) + $1M + 2023年の残りを負うことに変わりありません。

ヒックス、即座には出場せず 

 現地2023年5月30日、オリオールズは引き続きガーディアンズとのゲームを行いました。

 このゲームのCFにはオースティン・ヘイズが入り、LFにはテリン・バーブラ(Terrin Vavra)、RFはアンソニー・サンタンダーという布陣で、アーロン・ヒックスはアクティブ・ロスターではあったものの、即座に出場ということにはなりませんでした。

 なお、ゲーム途中でライアン・マッケナがLFに入り、バーブラがCFにシフトしました。

特に守備に期待

 オリオールズのブランドン・ハイド監督は、「カムデンヤーズには2人のCFが必要だ」と言います。それくらいOFが広く感じるスタジアムな訳ですが、オリオールズはヒックスに対し、CFをしっかりとカバーしてくれることに期待を寄せているようです。

 アーロン・ヒックスは打撃不振により、ヤンキースからリリースされた訳ですが、特に怪我がないようであれば、移籍により打撃が上がることも十分に考えられます。この点はこれからヒックスがどういう打撃ができるか、非常に興味深いところです。スイッチ・ヒッティングも広いカムデンヤーズなら有利な要素になるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました