スポンサーリンク

【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱

あまり聞かない目の治療での離脱

 現地2022年4月25日、アトランタ・ブレーブスは2021年のポストシーズン・ヒーローの一人であるエディー・ロザリオについて、数日中に右目に「レーザー手術」を施す予定であると発表しました。理由は右目のかすみ目と腫れを治すため。

 野球選手の場合、目にボールが当たるなどなんらかの外傷によりシーズン中に目の治療をすることはあっても、視力の悪化が原因でシーズン中に離脱するというのは初めて聞くパターンかもしれません。目のケアをしている選手は多いと思いますが、オフに済ませていると思います。

 今回は緊急を有したということでしょう。

8-12週、最大で3ヶ月

 この情報はAtlanta Journal-Constitutionのジャスティン・トスカーノ(Justin Toscano)記者による独占。これにより、エディー・ロザロオは8〜12週間の離脱を余儀なくされることに。4週で1ヶ月と考えると、復帰は早くて2カ月後。最長で3カ月の間休むことになります。

 もう5月がそこまで来ている中、手術により今の視力がよくなったとして、新しい視力による調整も必要でしょうから、おそらくじっくりと見積もった方がよく、前半戦はほぼ離脱ということになりそうです。それより早く復帰すればラッキーということかもしれません。

2021年ポストシーズン・ヒーロー

 現時点で30歳のロサリオは、2022年9月28日の誕生日で31才になります。

 ブレーブスがワールドシリーズを制した2021年のポストシーズン・ヒーローの一人だったのはご承知の通りです。

ブルワーズとのNLDSでは4試合で13-4で打率が.308。凄まじかったのはドジャースとのNLCSで6試合で25-14、二塁打1、三塁打1、HR 3、RBI 9で打率.506、OBP .607、SLG 1.040、OPS 1.647でNLCS MVPを獲得。ワールドシリーズでは打率.227でかなり警戒されたものの、アストロズの注意力を惹きつけ、他の打者にいい影響を与えたのは言うまでもありません。

オフに2年契約

 そしてロックアウト解除後の3月16日に、ブレーブスと2年/$18Mでサイン。

 ツインズ時代にゲームで大きなインパクトを残してきたエディー・ロザリオは現場の指揮官にとってとてもありがたい存在だったのですが、その活躍によるサラリー高騰とコロナ・パンデミックによるクラブの収益悪化という反比例が災いし、2020年終了後にはまさかのノンテンダー。

 お金のことを気にしないで良いファンにとっては、いかがなものか?としか言えない処遇ではありました。

 そんな仕事が出来るロザリオがブレーブスで活躍の場を手に入れたことはとても喜ばしいことではありました。

 しかし、2022シーズン開幕後、ロザリオはまさにプア・スタートという厳しい数字を叩き出していました。

プア・スタート 44-3

 現地2022年4月24日、ブレーブスが17試合を消化し、ロザリオが今季15試合の出場を果たした後の成績は悲惨なものでした。44打数3安打、打率.068、OBP .163、SLG .091、OPS .254。 長打は二塁打が1本のみでHRはなし。三振が10、四球が5。100がラインであるOPS+はなんと-25

 打撃だけではありません。彼の魅力は守備にもあるのですが、そのフィールディングにおいてもすでに3つのエラーを記録。2021年シーズンは現ガーディアンズでスタートを切り、ブレーブスに移籍。DHを除いて守備についたゲームは計100試合あったのですが、エラーは3つだけでした。

 この悲惨な結果はボールが見えてなかったのか!とようやくその理由が判明したとは言え、どうしてそこまで悪化したのか?も含めてまだ謎の部分はあります。

ブレーブスのOF

 現地2022年4月25日を終了した時点でブレーブスの成績は7勝10敗。上げた得点は68でこれはMLB30クラブ中14位の成績。チーム打率は.231で17位。

 フレディー・フリーマンをFAでドジャースに流出させた代わりには、マット・オルソンを補強。2021年途中に怪我とDVで離脱したマーセル・オズーナも復帰しました。戦力の割に打撃が上がらなかったのは一つはエディー・ロザリオの不調があったのです。

アクーニャの復帰

 ここまでブレーブスのOFはアダム・デュバルがCF、LFにマーセル・オズーナ、RFには日替わりではありましたが、エディー・ロザリオが入ることが多かったです。

 タイミングが良いと言っていいのか、ブレーブスはちょうど日本のゴールデン・ウィークの時期に、ロナルド・アクーニャ・Jr.が復帰する予定です。現時点では5月6日と言われています。アクーニャは2021年7月にACLを断裂。彼が本職のRFに入ることにはなり、問題はあと2週間どういうやりくりをするのか?という点だけ。

 アレックス・ディッカーソン、ギレルモ・ヘレディア、また、元SSのオーランド・アルシアで凌ぐか、あるいはドリュー・ ウォーターズも入れるのか。守備面で言えば、かつてMLB NO.1の俊足であったデリノ ・ デシールズのようなベテランを起用することも。

 それにしても、絶不調の原因が「見えてなかったんかい!」というエディー・ロザリオでした。

 手術がうまく行くことを祈るばかりですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました