スポンサーリンク

【MLB移籍FA2021】ロイヤルズが早めに動く!左腕のマイク・マイナーと2年で契約合意

マイク・マイナー、2度めのロイヤルズ

 現地2020年11月29日、12月も目前に迫り、動いてきましたね。と言ってもまだまだコールドFAではありますが、それにしてもまさかロイヤルズがこんなに早く動くとは驚きです。

 ロイヤルズと左腕のマイク・マイナー(Mike Minor)が2年で契約合意しました。現地2020年11月29日時点でフィジカルチェックの結果待ちです。

契約内容

 契約内容は、現地2020年11月29日時点では2年(2021-2022)というところまでしかわかっていません。こちらは判明し次第、記載します。ESPNのジェフ・パッサンさんがとにかく情報を集めて独占でスクープした内容のようです。それだけ動きが少ないということでもありますね。

前の契約 

 参考までに、マイク・マイナーは2017年12月に、テキサス・レンジャーズと3年/$28M(2018-2020)でサインしていました。$28Mの内訳はご覧の通りでした。

  • サイニング・ボーナス: $1M
  • 支払い:2018:$8M/  2019:$9.5M/  2020:$9.5M

2020年のTDLでアスレチックスへ

 マイク・マイナーは2020年は上記の通り、レンジャーズで開幕を迎えましたが、8月31日に設定されていたトレードデッドラインでアスレチックスへ移籍。この時、レンジャーズはアスレチックスに契約の残り金額である$1.417Mのうち、$0.708Mをアスレチックスに支払っています。

 これはプロレーティッド(日割り:37%)をベースとしたお話です。2020年のマイク・マイナーのサラリーの場合、$9.5M x 37% で$3.52Mが修正サラリー。このうち、8月31日までの分は所属していたレンジャーズが支払い。その残りが$1.417Mだったということですね。アスレチックスはそのうちの半分の支払いで済んだものの、PTBNLでいい若手をレンジャーズに獲られるということです。

 なおこのトレードでアスレチックスがレンジャーズへトレードさせたPTBNLは以下の2名です。

  • マイク・マイナーのトレードでのPTBNL(OAK→TEX)
    • PTBNL1:ダスティン・ハリス(21)/1B&DH/ 右投げ左打ち/ 2019年ドラフトOAKの11巡目
    • PTBNL2:マーカス・スミス(20)/ OF/ 左投げ左打ち/ 2019年ドラフトOAK 3巡目指名

2020年のマイク・マイナー

 マイク・マイナーの2020年はレンジャーズとアスレチックスの成績を合わせて12試合に登板し、そのうち11試合で先発。1勝6敗、ERA 5.56。レンジャーズで7試合、7先発、アスレチックスで5試合、4先発でした。

ブレーブス・デビューのマイク・マイナー

 もともとスターターだったマイク・マイナー。プロフィールは1987年12月26日生まれの32才。2020年12月の誕生日で33才になります。2009年ブレーブス1巡目指名で、デビューもブレーブス。

 2012年に30先発、2013年に32先発を経験。これは先発としては、皆勤と言ってもいい登板数です。2013年には13勝9敗。

ショルダー・イシューで2シーズン全休

 しかし、左肩の関節唇を損傷し、2015年は全休しました。2015年終了後、FAとなったマイク・マイナーは12月にロイヤルズとサイン。この時、2年/$7.25M(2016-2017)という内容でした。ロイヤルズは怪我からの復帰を見越してサインしたのでした。

 2016年、関節唇から復帰して登板したのですが、ダブルAとトリプルAで合わせて10試合でマイナーでのリハビリ登板に終わり、メジャーでは投げませんでした。2年連続で全休に。

2017年リリーバーとして復帰

 2017シーズンにメジャーに復帰。しかし、このシーズンはすべてリリーフでの登板。65試合に投げ、セーブが6。

 このままリリーバーに転向するのかと思いましたが、上記の通り、レンジャーズではスターターに復帰しました。

ロイヤルズではクローザー・ロールか?

 今回、ロイヤルズに復帰した形となったマイク・マイナー。グレッグ・ホランド、イアン・ケネディーが抜け、その経験値からクローザー・ロールを任されるのではないかと見られています。

 ロイヤルズには100mph右腕のジョシュ・ストーモントがいますが、彼はセットアップに起用したいのではないかと思います。

 ブレイディー・シンガー、ダニー・ダフィー(L)、ブラッド・ケラー、クリス・ブビックと先発はなんとか4名を確保していますから、おそらくブルペンで深いイニングを任されることになると思われます。

【ロイヤルズのFA状況】

  • マット・ハービー(32)/ RHP/ RR→10/28 FA
  • グレッグ・ホランド(35)/RHP/RR→10/28 FA
  • イアン・ケネディー(36)/RHP/RR→10/28 FA
  • アレックス・ゴードンが引退。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました