スポンサーリンク

【MLBヒストリー】20年前の1997年7月22日、マダックスがたった76球で完投した日

スポンサーリンク

マダックスの芸術性

こんにちは。

現地2017年7月22日もMLBでは熱戦が繰り広げられておりますが、面白い情報を見つけましたので、おつきあいください。

ちょうど20年前のこの日、ブレーブスの大エース、グレッグ・マダックスがなんとたった76球で完投勝利を上げました!

現地1997年7月22日 @リグレー

123456789RHE
ATL100010200480
CHC000100000150

WP: Greg Maddux (14-3) • LP: Geremi Gonzalez (7-3)

マダックスのピッチングの成績です↓。

IPHRERBBSOHRERABFPITSTR
95110602.36317663

9イニング投げて、被安打1、1失点。球数が76でそのうちストライク(STR)がなんと63。まったくの無駄なし。

その模様です。

マダックスの球速レンジ

動画を見てもボールの動き具合が半端ではないですね。

MAXで90mph=144kmhほど

マダックスの球速は速い部類に入るシンカーでも90マイル(144キロ)をちょこっと上回る程度。

ほとんどが85mphから90mph。キロに直すと135キロから144キロのレンジに収まります。

チェンジアップが78mph

チェンジアップがこのレンジを少し下回る78mph(125キロ)から85mph(135キロ)ほど。

カーブは60マイル後半を記録

そしてカーブ・スライダーに至ってはそれ以下。60マイル半ばを記録したことがあります。

特にカーブの曲がりが非常に大きいですね。

これでメジャーで355勝。

コントロール(急激な曲がりを伴う変化球があるというのが大前提ですが)とコンビネーションでこれだけ勝てるのですね。

芸術を見るようです。本当にすごいピッチャーでしたね。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク