スポンサーリンク

【MLBニュース】”ビッグ・パピ”ことデービッド・オルティズが故郷DRで背後から銃撃される事件が発生(追記あり)

デービッド・オルティズが撃たれる

現地2019年6月9日、信じられないニュースが入ってきました。

レッドソックスのレジェンドで2013ワールドシリーズMVPほか数々の実績を残したデービッド・オルティズ(David Ortiz)が現地2019年6月9日、故郷ドミニカ共和国で銃で撃たれ、病院に緊急搬送されるという事件が発生しました。

バーで背後から

ESPNの情報によると、オルティズはローカルタイムで2019年6月9日の午後8時50分頃、ドミニカ共和国のサントドミンゴのバーで知り合いと話をしていたところを突然バイクから降りた男に背後から銃撃されたとのことです。

腹部貫通も経過は良好

当初、NBCなどの情報では脚を撃たれたと報じられていましたが、防犯カメラの映像の拡散やCBSなどの情報によると、オルティズが撃たれたのは腰付近で腹部を貫通した模様です。

そして怪我を負っていているのはあと2人いて、一人は現地ドミニカンTVのホスト、ジョエル・ロペス氏(Jhoel Lopez)。ロペス氏は脚を撃たれました。警察は流れ弾が当たったとの見方を示しています。

そしてもう一人について、警察は誰であるかを語っていません。オルティズの知り合いなのか、別のバーのお客さんなのかも定かではありません。

命の危険を脱する

 アベル・ゴンザレス・クリニック(Abel Gonzalez clinic)に運ばれ、緊急手術を受けたオルティズは命の危険は脱し、経過は順調です。

その点は何よりでした。

また、主だった臓器に損傷はなく、傷が癒えれば元の生活に戻れるとのことです。

物盗りの犯行ではない

オルティズを撃った犯人は一般の人たちに生け捕りにされ、かなりひどく制裁を食らったあと、逮捕されていますが、動機はわかっておりません。

ヒットマンのように狙撃したのが気になります。単に人違いだったのか、それともオルティズ本人を狙ったのかはまだ明らかになっていません。

そこは謎です。

デービッド・オルティズについて

デービッド・オルティズは1975年生まれの43才。

1997年から2016年まで通算20年間MLBでプレー。

主だった実績だけでこれだけあります。

  • オールスター10度出場 (2004-2008、 2010-2013、 2016)
  • 2004 ALCS MVP
  • 2013 World Series MVP
  • AL シルバースラッガー賞受賞:7度 (2004-2007、 2011、 2013、 2016-DH)
  • 2006 AL HRタイトル
  • 40HR 3度(2004:41本/ 2005: 47本/ 2006:54本)
  • 50 HR 1度(2006:54本)
  • 100 RBI 10度(2003-2007、 2010、 2013-2016) キャリア・ハイは2005年の148RBI
  • ワールドシリーズ3度制覇(2004,2007, 2013)

どうして”Big Papi”に?

オルティズのニックネームがどうして「ビッグ・パピ」になったかについて、次のような記載があります。

David: To be honest with you, I’m not good at remembering peoples’ names, so I used to call everybody Papi. So, that’s why they named me “Big Papi.”

NESN CLUBHOUSE

オルティズ:「正直に言うと、人の名前を覚えるのが苦手で。だから会う人みんなを”Papi”って呼んでたんです。そしたらいつのまにか”Big Papi” って呼ばれるように」

では”Papi”とは何か?と言うと、スペイン語で「パパ」の口語。英語で言うと”Dad”が”Daddy”になっているとか、日本語なら「父」というところが「父ちゃん」になったりする感じの言葉。たぶん「父ちゃん」よりももっと砕けているニュアンスなんでしょうね。

なおかつ、カリブ海周辺の人々は親戚や友人、あるいは恋人など親しい人に愛情を込めて「Papi」と呼んだりするようです。

とにかく、早く回復することを祈るばかりです。

追記:2019年6月13日

まずオルティズですが、現地11日にボストンにあるマサチューセッツ・ジェネラル・ホスピタルに移送され、2度目の手術を受け、12日時点の情報で回復も順調です。

またドミニカ警察の発表では犯人は発砲したガンマンを含め6人おり、ガンマンに40万ドミニカペソ(約8,000ドル=86万円ほど)でオルティズを射殺するよう依頼していたことが明らかとなりました。

グループのリーダーほかは逮捕されておりません。また、今のところどうしてオルティズを狙ったのは明らかになっておりません。

追記 現地2019年7月30日

オルティズは現地2019年7月29日、退院しました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました