スポンサーリンク

【MLB 2020】カブスの開幕投手はカイル・ヘンドリクスに決定!ダルビッシュ投手は2戦目に

シーズン・オープナーの決定

 おはようございます。

 昨夜は色々と業務が立て込んでしまいまして、更新が遅れました。

 さて、現地2020年7月16日、シカゴ・カブスは2020シーズン・オープナーを決定。今季から指揮を執るデービッド・ロス監督がどんな人選をするのか興味深かったのですが、カイル・ヘンドリクス(Kyle Hendricks)に決まりました!

ダルビッシュ投手は2戦目

 カブスのオープニングデーは現地24日。リグレーにてNLセントラルの宿敵、ブルワーズとの3ゲームシリーズ。

 ダルビッシュ投手のシーズン・オープナーも十分に考えられたのですが、今季は60試合と短いので、回転も考慮してカイル・ヘンドリクスに決定したと思われます。

カイル・ヘンドリクス、自身初の開幕投手

 カイル・ヘンドリクスは今季30才のシーズン。メジャー7年目のシーズンとなる今季で、開幕投手は初となります。

 2014年7月10日がデビュー戦で、13試合に登板。2015年の2年目以降はローテーションの柱の一角として機能し、2017年の24試合以外は、ほぼ皆勤となる30試合登板をこなしてきました。

Kyle Hendricks Stats | Baseball-Reference.com
2021: 14-7 (5th), 4.77 ERA, 131 SO,Career: 83-55, 3.36 ERA, 1013 SO, P, Cubs 2014-2021, t:R, 1x ERA Leader, born in CA 1989, The Professor

現在、マダックスに一番近い投手

 カイル・ヘンドリクスと言えば、ベロシティー(速度)が出ないことでも有名。MAX 88mphほどで乗り切ります。球種はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダー。

 その投球術で2019年は81球で完封したこともありました。

被弾率、BB率が低い

 2019シーズンは30試合スタートで、177.0イニング、11勝10敗、ERA 3.46。2019年はジュースド・ボール(改造ボール)で、HR数が格段に伸びた中、HR 9は1.0。サイヤング賞3位となった2016年の0.7にはさすがに及びませんが、味なピッチングがますます冴えを見せています。

 またコントロールの良い投手で、2019年のBB9は1.6。2018年は2.6でしたので、改善してきています。これはすごいですね。

スカウトが見抜いたプロ資質 

 カイル・ヘンドリクスはもともとレンジャーズに所属。2011年のレンジャーズの11巡目でした。

 2012年のトレードデッドラインで、カブスがレンジャーズにライアン・デンプスターをトレードに出したときの交換要員の一人がカイル・ヘンドリクスでした。

 その際、カブスフロントは彼のベロシティーの無さに大いに疑問が湧いていたのですが、正当な評価を下したのではスカウトの力。彼の練習熱心さや性格を絶賛されていることを突き止め、彼の獲得で良いと推したのでした。

 この話に触れる度に、クリント・イーストウッド監督の『人生の特等席』という映画を思い出してしまいます。まさにスカウトの眼力と情報収集力。人間の力の偉大ささえ感じさせてしまいます。

 そして、メジャー6年で通算63勝43敗(2019シーズン終了時点)。

 カイル・ヘンドリクスは応援したくなる投手です。

J・レスターは2020がカブスでのファイナルイヤー

 2019年シーズン・オープナーのジョン・レスターですが、今季はもちろんロスターには入っていますが、今ひとつ調子が上がってきていない様子。

 よって、カイル・ヘンドリクスに開幕投手を譲る形となった訳ですが、彼の契約は2015年から2020年までの6年/$155Mで、今季がカブスでのファイナルイヤー。

 2021年はべスティング・オプションのようなプランで、2019−20の2シーズンで400IPを投げれば、2021年も保証するという内容。仮に今季が162試合のシーズンであったとしても、ちょっと厳しい内容かもしれません。2019シーズンは171.2 IPでした。

 最後はボストンでという希望も持っているレスター。

 彼の活躍も期待したいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました