スポンサーリンク

【MLB 2020】カブスの開幕投手はカイル・ヘンドリクスに決定!ダルビッシュ投手は2戦目に

カブス

シーズン・オープナーの決定

 おはようございます。

 昨夜は色々と業務が立て込んでしまいまして、更新が遅れました。

 さて、現地2020年7月16日、シカゴ・カブスは2020シーズン・オープナーを決定。今季から指揮を執るデービッド・ロス監督がどんな人選をするのか興味深かったのですが、カイル・ヘンドリクス(Kyle Hendricks)に決まりました!

ダルビッシュ投手は2戦目

 カブスのオープニングデーは現地24日。リグレーにてNLセントラルの宿敵、ブルワーズとの3ゲームシリーズ。

 ダルビッシュ投手のシーズン・オープナーも十分に考えられたのですが、今季は60試合と短いので、回転も考慮してカイル・ヘンドリクスに決定したと思われます。

カイル・ヘンドリクス、自身初の開幕投手

 カイル・ヘンドリクスは今季30才のシーズン。メジャー7年目のシーズンとなる今季で、開幕投手は初となります。

 2014年7月10日がデビュー戦で、13試合に登板。2015年の2年目以降はローテーションの柱の一角として機能し、2017年の24試合以外は、ほぼ皆勤となる30試合登板をこなしてきました。

Kyle Hendricks Stats | Baseball-Reference.com
2020: 6-5 (4th), 2.88 ERA (7th), 64 SO,Career: 69-48, 3.12 ERA, 882 SO, P, Cubs 2014-2020, t:R, 1x ERA Leader, born in CA 1989, The Professor

現在、マダックスに一番近い投手

 カイル・ヘンドリクスと言えば、ベロシティー(速度)が出ないことでも有名。MAX 88mphほどで乗り切ります。球種はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダー。

 その投球術で2019年は81球で完封したこともありました。

被弾率、BB率が低い

 2019シーズンは30試合スタートで、177.0イニング、11勝10敗、ERA 3.46。2019年はジュースド・ボール(改造ボール)で、HR数が格段に伸びた中、HR 9は1.0。サイヤング賞3位となった2016年の0.7にはさすがに及びませんが、味なピッチングがますます冴えを見せています。

 またコントロールの良い投手で、2019年のBB9は1.6。2018年は2.6でしたので、改善してきています。これはすごいですね。

スカウトが見抜いたプロ資質 

 カイル・ヘンドリクスはもともとレンジャーズに所属。2011年のレンジャーズの11巡目でした。

 2012年のトレードデッドラインで、カブスがレンジャーズにライアン・デンプスターをトレードに出したときの交換要員の一人がカイル・ヘンドリクスでした。

 その際、カブスフロントは彼のベロシティーの無さに大いに疑問が湧いていたのですが、正当な評価を下したのではスカウトの力。彼の練習熱心さや性格を絶賛されていることを突き止め、彼の獲得で良いと推したのでした。

 この話に触れる度に、クリント・イーストウッド監督の『人生の特等席』という映画を思い出してしまいます。まさにスカウトの眼力と情報収集力。人間の力の偉大ささえ感じさせてしまいます。

 そして、メジャー6年で通算63勝43敗(2019シーズン終了時点)。

 カイル・ヘンドリクスは応援したくなる投手です。

J・レスターは2020がカブスでのファイナルイヤー

 2019年シーズン・オープナーのジョン・レスターですが、今季はもちろんロスターには入っていますが、今ひとつ調子が上がってきていない様子。

 よって、カイル・ヘンドリクスに開幕投手を譲る形となった訳ですが、彼の契約は2015年から2020年までの6年/$155Mで、今季がカブスでのファイナルイヤー。

 2021年はべスティング・オプションのようなプランで、2019−20の2シーズンで400IPを投げれば、2021年も保証するという内容。仮に今季が162試合のシーズンであったとしても、ちょっと厳しい内容かもしれません。2019シーズンは171.2 IPでした。

 最後はボストンでという希望も持っているレスター。

 彼の活躍も期待したいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
タイトルとURLをコピーしました