スポンサーリンク

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍

鈴木誠也選手も含め、ルーキーが活躍したカブス

 現地2022年5月17日にリグレーで行われたパイレーツ@カブス戦はルーキーが目立ったゲームでした。

 特にこの日、デビュー戦となった2人をまず見て行きます。

左腕ブランドン・ヒューズがデビュー

 まずは左腕のブランドン・ヒューズ。ヒューズは6回1アウトで急遽、ブルペンから呼ばれました。

 ちなみにブランドン・ヒューズのデビュー年齡は26才と決して若くないです。そうなったのはマイナーでの最初の2年間を打者として過ごしたため。詳細は後述します。

 カブス先発のキーガン・トンプソンが5回までパイレーツ打線を被安打4、スコアレス、奪三振5に抑える好投を見せた後、2番手にはダニエル・ノリスが登板。

 そのダニエル・ノリスは直近3試合でようやく本来の力を発揮し始めたのですが、1球目を投げた後に足がおかしい仕草を見せました。そして2球目。ジャック・スウィンスキーを3Bゴロに仕留めた後、明らかに様子がおかしいことからトレーナーなどもマウンドに集まり、足の状態を確認。結局降板という判断となりました。ダニエル・ノリスは右アキレス腱を傷めた模様。おそらく10Day ILに入るのではないかと思われます。

 そこで緊急で呼ばれたのが、この日がデビュー戦となったブランドン・ヒューズ。

Brandon Hughes Stats | Baseball-Reference.com
2022: 0-0, 0 ERA, 5 SO,Career: 0-0, 0 ERA, 5 SO, P, Cubs 2022, t:L, born in MI 1995

最初の5アウトが全て三振=MLB史上初

 26才のルーキーはとても大きなことをやってのけました。5月17日(火)にトリプルAのアイオワ・カブスからメジャーに上がったブランドン・ヒューズは、さすがにメジャー初登板で緊張したのか、最初のバッターのジョシュ・バンミーターには3球連続でボール。4球目に初ストライクを奪うも5球目のシンカーが外れ、フォアボールで歩かせます。

 しかし、ここから大きなことをやってのけます。まず、ブライアン・レイノルズを3球三振に。ウィニングショットはスライダーでした。つづくベン・ギャメルにも勝負が早く、3球で追い込み、最後は80mphのスライダーで三振。トラブルによる緊急事態を最高の形で沈めました。

 7回表、左打者のダニエル・ボーゲルバックをスライダーで三振に。同じく左打者の筒香選手もスライダーで三振。つづく、マイケル・チャビスにはチェンジアップが枠を外れ、ボールが先行したことで結果、四球を与えます。

 最後は、ロドルフォ・カストロもスライダーで三振を奪い、前のイニングから5つのアウトを全て三振で仕留めました。

 デビューして最初の5アウトを全て三振で奪ったのは、近代野球ではブランドン・ヒューズが初めて。

大きなことを成し遂げた26才ルーキー

 ブランドン・ヒューズは1995年12月1日生まれ。ドラフトは2017年でカブスの16巡目指名。

最初の2年は打者として

 ミシガン大学では打者兼リリーフ投手だったブランドン・ヒューズ。ポジションはLFかCFを守っていました。打席はスイッチ・ヒッティングです。

 2017年のドラフト後はクラスAマイナスで打者として出場。打率.248でOPSは.669、HR1。そしてフルシーズンとなった2018年も打者ONLYとして出場。レベルはクラスA。HR4本をマークしたものの、打率は.233、OPSは.610。とにかく三振が多く、375ABで111SO。

 この成績があったため、2019年は投手としてルーキー、クラスAマイナス、クラスAのゲームに出場。3つのレベルを合わせて21試合、32.2イニングでERAは3.31。BB9は3.0でしたが、SO9は11.6をマーク。

 2020年はマイナーがキャンセルでレコードはなし。

 2021年は、ほぼ投手として出場。打者としては2打数0安打。投手ではクラスAプラスとダブルAで登板。42.0イニングでERAは2.14。SO9は12.9。

ERA0.00でメジャーへ

 2022年はダブルAでスタート。5試合をスコアレスに抑え、トリプルAに。トリプルAでも5試合をスコアレス。つまり今季はERA0.00でメジャーに上がったのでした。ちなみに今季のマイナーでのSO9は11.9、BB9は1.6と四球の数も減った上での昇格でした。

 この日はスタンドに家族も呼び、いいところを見せることが出来ました。

 ファストボールは93-95mphというところ。スライダーが80-83mph、チェンジアップ、シンカーと横幅と前後を使う投球。右打者は外のバックドアから枠へ入ってくるスライダー、フロントドアのシンカー、チェンジアップが有効。そして膝下へのスライダーですね。左打者にはもちろん逃げるように遠くなるアウトコースへのスライダーが抜群です。

 いいリリーバーが上がって来ました。

クリストファー・モレルもデビュー

 この日、もうひとり、デビューとなったのがクリストファー・モレル。

Christopher Morel Stats | Baseball-Reference.com
2022: 1 HR, 1.000 BA, 1 RBI,Career: 1 HR, 1.000 BA, 1 RBI, PH/3B, Cubs 2022, b:R/t:R, born in Dominican Republic. 1999

 ドミニカ共和国出身で1999年6月24日生まれの22才(現地2022年5月17日時点)。右投げ右打ちの3Bです。

クリストファー・モレルとは?

 クリストファー・モレルは2015年にカブスとマイナー契約。プロデビューは2017年、18才の時です。2020年のマイナー・キャンセルの影響は受けました。しかし、2021年はダブルAからスタートし、トリプルAにまで昇格。両レベルを合わせて打率.223、OBP .303、SLG .427、OPS.729。HR18、RBI 66、二塁打18、盗塁18。403ABで134SOを喫しているものの、BB45といういい数字をマーク。

 オフにはドミニカ・ウィンター・リーグに参加。

 2022年はダブルAでスタート。打率.306、OBP .380、SLG .565、OPS.945という素晴らしい数字を残していました。HRは7、RBIは20、二塁打は5、盗塁3。108ABで30SO。

 そしてダブルAからいきなりメジャーへ。

いい雰囲気の中、初ABでHR 

 野手プロスペクトでごぼう抜きをして上がってきたクリストファー・モレルは、そもそもニック・マドリガルとニコ・ホーナーの2人が10Day ILに入ったことが招集されたきっかけでもありました。 

 ちなみにこの間のカブスのSSは、元Dバックスのイルデマロ・バルガスが担っております。そしてアンドレルトン・シモンズも控えで入っています。

 クリストファー・モレルは8回裏、2アウトからパトリック・ウィズダムの代打として登場。

 この時、カブス・ベンチがリードしてスタンドを大いに盛り上げ、ルーキーの初打席を後押し。

 モレルはフルカウント後の6球目、甘いコースに来たボールを見逃さす、強振。これがLFスタンドに入るHRとなり、メジャー初打席が初HRとなりました。いい雰囲気を作って上げた先輩達に感謝ですね。

 いい素材の選手だと思います。ロスター次第ではまたマイナーへオプションされるかもしれませんが、いいチャンスなのでアピールしてもらいたいですね。

ルーキー、鈴木誠也選手も攻守に活躍

 なお、このゲームは鈴木誠也選手が4回表に強肩を披露。

 これはダニエル・ボーゲルバックが三塁打で出塁。フェンスのいいところに当たってボールが転がるラッキーな当たりでした。

 筒香選手がRFへ犠牲フライを放ったのですが、それを鈴木誠也選手が本塁でアウトにしました。

 この後、ウィルソン・コントレラスとダニエル・ボーゲルバックが揉めてベンチクリアーにはなったのですが、大事には至らず。

 直後の4回裏、鈴木誠也選手はランナーを2人置いて、左中間へタイムリー二塁打。この日はいい一本を放ちました。

 調子を落としていた鈴木誠也選手でしたが、直近7試合ではHRは出ていないものの、打率.261、OBP .320、SLG .391と調子を戻しつつあります!

パイレーツ、守乱でJ.T. ブルベイカーを見殺し

 このゲームはスコアだけを見ると、7-0でカブスの圧勝でしたが、そもそもパイレーツ側から見れば、守備の乱れが敗因。4回は先頭のウィルソン・コントレラスの打球をSSのロドルフォ・カストロが悪送球を投げ出塁を許し、さらに直後、三遊間に上がったポップフライをマイケル・チャビスとカストロがお見合いをするというエラー。これは投手はがっくりくるエラーでした。

 さらに2アウトからは筒香選手が1塁ゴロをファンブル。

 イニングに3つもエラーがあっては投手はかわいそうですね。

 以上、色々なことがあったリグレーでのパイレーツ@カブス戦でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました