スポンサーリンク

【NLセントラル決戦2019】カブス、併殺網につかまりダブルプレー4つでカージナルスに連敗(2019年9月)

カブス、チャンスを活かせず4連敗

現地2019年9月20日、カージナルス@カブスのラスト10ゲームで7対戦のうちの2戦目が行われました。

Game1でカブスが敗れたことにより直接対決ではなくなりましたが、それでもなお注目の1戦であることに変わりありません。

カブスはここまで全て惜敗ではあるものの、3連敗中です。

カブス、この日もA・リッゾを1番で起用

前日のGame1では、右足首を激しく捻挫したアンソニー・リッゾを1番に起用したカブス。さらに、左手親指にヒビが入っているハビアー・バイエスまで代走に使い、勝利への執念を見せています。

カブスはGame2でもリッゾを1番で起用し、チームの士気高揚を図りますが、この日はダブルプレーの嵐となってしまいました。

先制点はカブス

先制したのはカブスでした。2回裏、カージナルス先発のマイケル・ワカからカイル・シュワーバーが二塁打を放ち、チャンスメイク。1アウト後、デビッド・ボートの放った当たりは1・2塁間を破ろうかというコースへ。これをカブスの2B、トミー・エドマンがはじいてしまい、この間にカイル・シュワーバーがホームイン。

幸先よく先制点をうばいました。

アレク・ミルズが好投

カブス先発のアレク・ミルズ(Alec Mills)は先発もやりつつですが、リリーバーと考えていい投手です。この日はよかったです。4.2イニングまで投げ、被安打2、無失点、奪三振6でマウンドを降りました。中盤まで持ちこたえました。

カブス、四球がらみで逆転を許す

今のカブスの辛いところは薄氷を踏むように勝利をもぎ取らないといけないところ。つまり、打線に心配を抱えているがゆえに、エラーと四球などのミスが致命的になるのですが、6回表、3番手のデービッド・フェルプスがやってしまいました。

ポール・ゴールドシュミット、マーセル・オズーナと2者連続四球。カブス・ベンチはたまらず、スティーブ・シーシェックを送りましたが、そのシーシェックもマット・カーペンターに四球を出し、ノーアウト満塁に。強打者と対するターンでもあったわけですが、この3連続四球はちょっとまずかったですね。

ここでカージナルスの打席は配球を読むことに長けているヤディアー・モリーナ。

モリーナは2ストライクを奪われるも、シンカーを弾き返しこれがCF前2点タイムリーヒットに。カブス、四球がらみで逆転を許してしまいました。

カブス、ダブルプレーの山

投手陣の失点は6回表の2点のみで、四球がらみだったとは言え、最小限の被害にとどめてはおりました。しかし、この日は打線がダブルプレーの山。

1つ目は、1回表。四球で出塁したリッズを1塁に置いて、ニコラス・カステヤーノスの当たりはヒット性だったものの、これがSSライナーに。

足を怪我しているリッゾは早く走らないいけないという焦りから打球判断を誤ってしまい、1塁ベースに帰塁できずダブルプレー。リッゾは右足首の捻挫の影響で足のふんばりが効きません。Game1でもバント処理が出来なかったという痛々しい場面がありました。

2つ目は2回裏。先制点を上げた後ですが、ジェイソン・ヘイワードもシングルで続き、1アウト1・3塁という押せ押せのいいチャンスだったのですが、ニコ・ホーナーがSSゴロを放ち、これがダブルプレーとなり、追加点を逃してしまいます。

3つ目は3回裏。1アウト後、リッゾ、カステヤーノス、ブライアントと3連続シングルで満塁の大チャンス!これは流れ的にも非常によかったです。しかし、つづくカイル・シュワーバーの当たりは2B正面に行き、4−6−3のダブルプレーで追加点ならず。このチャンスが潰えたのは本当に痛かったです。

4つ目は8回裏。先頭のカイル・シュワーバーがシングルで出塁し、チャンスメイクするも、ウィルソン・コントレラスの当たりは2Bゴロ。またしても4−6−3のダブルプレーとなり、チャンスがしぼんでしまいました。

カブスは「こうもチャンスを潰してしまうか!?」という状態で、挽回のチャンスがあったのものの、打線が自滅気味という敗戦でした。

ゲームは2−1でカージナルスが勝利。

BOX SCORE

勝てていたゲームでしたね。

カブス、WC3枠目に後退

この日、ブルワーズはパイレーツ相手に10-1で大勝。

順位ですが、2位ブルワーズともゲーム差が開いてしまいました。

NL中地区WLG.B.
STL8767
MIL84703.0
CHC82725.0
ワイルドDIVWL
 WSNE8468
 MILC8470
 CHCC8272
 NYME8073
 ARIW7975
 PHIE7874

カブス、2位でないとカージナルスとの残り5戦の効果はないので、ここは踏ん張りたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました