スポンサーリンク

【MLB2019】カブス、カイル・ヘンドリックスと4年の延長へ!

カイル・ヘンドリックスも延長へ

現地2019年3月26日、有名投手が相次いで契約延長を勝ち取る中、シカゴ・カブスも囲い込みを実行。

コンスタントに結果を出し続けるカイル・ヘンドリックスKyle Hendricks)と契約延長で合意しました。5年、5,550万ドルです。

2019年分は1月に更新済み

カブスとカイル・ヘンドリックスは2019年1月に1年、740万5,000ドルですでに更新済みでした。

2019年1月でMLSタイムが4.081年だったカイル・ヘンドリックスは今季は調停イヤーの真っ最中。1月の更新は調停を避けてのもの。

今回はそれ以降の複数年での契約延長です。

契約延長の内容

今回の契約延長の内容は、2020年から2023年までの4年間。2019年分は1月の更新分がいきています。

5年めの2024年がVesting Optionで、延長1年めの2020年にサイヤング賞の得票で3位以内に入れば2024年も更新してくれというものです。

更新となった場合は2024年のサラリーは$16M。

更新しない場合はバイアウト(途中解除)となって、カイル・ヘンドリックス側に150万ドル支払われるというものです。

2019 (29才)
$7.405M
(延長期間)
1. 2020 (30才)
2. 2021 (31才)
3. 2022 (32才)
4. 2023 (33才)
バイアウト
.
(延長の金額)
$12.0M
$14.0M
$14.0M
$14.0M
$1.5M
計$55.5M
5. 2024 (34才)
Vesting Option
$16M

Vesting Optionの成績の対象となる年が、直前の年とか期間での指定ではなく、延長開始年であるというのが珍しいところですね。

サイヤング・エスカレーターも

また、サイヤング賞のランキング次第でインセンティブも支払われます。

もし1位となればその年のサラリーは200万ドルプラス、2位から3位は100万ドル、4位から5位は75万ドル、6位から10位は50万ドルプラスというサイヤング・エスカレーターというインセンティブが敷かれてもおります。

スカウトの目が正しかった!

カイル・ヘンドリックスは2011年レンジャーズの8巡目指名の投手。

2012年のトレードデッドラインでレンジャーズがライアン・デンプスターを獲得した時の交換要員の一人がカイル・ヘンドリックスでした。

ベロシティーもないプロスペクトで本当にいいのか

この時、カブスのフロントはカイル・ヘンドリックスでいいのか?という疑問がわきました。

なぜならハイエンドのプロスペクトとして持つべきベロシティーもフィジカルの特徴もなかったからです。

しかし、スカウトはヘンドリックスのバックグラウンドを詳細に調査。自らのデータとともに、レンジャーズのコーチ、チームメイトからのヒアリングも行い、彼の練習熱心さや性格を絶賛されていることを突き止めます。

そして、カイル・ヘンドリックスを獲得。

そのスカウトの調査通り、カイル・ヘンドリックスは投手としてまさに有能な成績を残して今日に至っています。

スタッツ
Kyle Hendricks Stats | Baseball-Reference.com
2021: 14-7 (5th), 4.77 ERA, 131 SO,Career: 83-55, 3.36 ERA, 1013 SO, P, Cubs 2014-2021, t:R, 1x ERA Leader, born in CA 1989, The Professor

MLB通算5年で、52勝33敗、ERA 3.07。

2016年には16勝8敗、ERA 2.13。この年、サイヤング賞の得票で3位。2018年は2回目の二桁勝利となる14勝11敗を上げ、ERAは3.44。

投手としてのフィールディングパーセンテージは2015年と2016年は1位。守備でもミスが少ないのは練習量が豊富ということですから、こういうところにも性格が現れているのかもしれませんね。

2022年のカブスのFA

カブスは今後、ハビアー・バイエス、クリス・ブライアント、カイル・シュワーバー、アンソニー・リッゾが2021年終了後の2022年FA。

エプスタイン社長はまだまだこれからが囲い込みの本番です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました