スポンサーリンク

【MLB2019】カブス、カイル・ヘンドリックスと4年の延長へ!

カイル・ヘンドリックスも延長へ

現地2019年3月26日、有名投手が相次いで契約延長を勝ち取る中、シカゴ・カブスも囲い込みを実行。

コンスタントに結果を出し続けるカイル・ヘンドリックスKyle Hendricks)と契約延長で合意しました。5年、5,550万ドルです。

2019年分は1月に更新済み

カブスとカイル・ヘンドリックスは2019年1月に1年、740万5,000ドルですでに更新済みでした。

2019年1月でMLSタイムが4.081年だったカイル・ヘンドリックスは今季は調停イヤーの真っ最中。1月の更新は調停を避けてのもの。

今回はそれ以降の複数年での契約延長です。

契約延長の内容

今回の契約延長の内容は、2020年から2023年までの4年間。2019年分は1月の更新分がいきています。

5年めの2024年がVesting Optionで、延長1年めの2020年にサイヤング賞の得票で3位以内に入れば2024年も更新してくれというものです。

更新となった場合は2024年のサラリーは$16M。

更新しない場合はバイアウト(途中解除)となって、カイル・ヘンドリックス側に150万ドル支払われるというものです。

2019 (29才)
$7.405M
(延長期間)
1. 2020 (30才)
2. 2021 (31才)
3. 2022 (32才)
4. 2023 (33才)
バイアウト
.
(延長の金額)
$12.0M
$14.0M
$14.0M
$14.0M
$1.5M
計$55.5M
5. 2024 (34才)
Vesting Option
$16M

Vesting Optionの成績の対象となる年が、直前の年とか期間での指定ではなく、延長開始年であるというのが珍しいところですね。

サイヤング・エスカレーターも

また、サイヤング賞のランキング次第でインセンティブも支払われます。

もし1位となればその年のサラリーは200万ドルプラス、2位から3位は100万ドル、4位から5位は75万ドル、6位から10位は50万ドルプラスというサイヤング・エスカレーターというインセンティブが敷かれてもおります。

スカウトの目が正しかった!

カイル・ヘンドリックスは2011年レンジャーズの8巡目指名の投手。

2012年のトレードデッドラインでレンジャーズがライアン・デンプスターを獲得した時の交換要員の一人がカイル・ヘンドリックスでした。

ベロシティーもないプロスペクトで本当にいいのか

この時、カブスのフロントはカイル・ヘンドリックスでいいのか?という疑問がわきました。

なぜならハイエンドのプロスペクトとして持つべきベロシティーもフィジカルの特徴もなかったからです。

しかし、スカウトはヘンドリックスのバックグラウンドを詳細に調査。自らのデータとともに、レンジャーズのコーチ、チームメイトからのヒアリングも行い、彼の練習熱心さや性格を絶賛されていることを突き止めます。

そして、カイル・ヘンドリックスを獲得。

そのスカウトの調査通り、カイル・ヘンドリックスは投手としてまさに有能な成績を残して今日に至っています。

スタッツ
Kyle Hendricks Stats | Baseball-Reference.com
2021: 14-7 (5th), 4.77 ERA, 131 SO,Career: 83-55, 3.36 ERA, 1013 SO, P, Cubs 2014-2021, t:R, 1x ERA Leader, born in CA 1989, The Professor

MLB通算5年で、52勝33敗、ERA 3.07。

2016年には16勝8敗、ERA 2.13。この年、サイヤング賞の得票で3位。2018年は2回目の二桁勝利となる14勝11敗を上げ、ERAは3.44。

投手としてのフィールディングパーセンテージは2015年と2016年は1位。守備でもミスが少ないのは練習量が豊富ということですから、こういうところにも性格が現れているのかもしれませんね。

2022年のカブスのFA

カブスは今後、ハビアー・バイエス、クリス・ブライアント、カイル・シュワーバー、アンソニー・リッゾが2021年終了後の2022年FA。

エプスタイン社長はまだまだこれからが囲い込みの本番です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました