スポンサーリンク

【MLB少ない投球数】まるでマダックス!カブスのカイル・ヘンドリクスが81球で完封!それを超えるのがアーロン・クック

カイル・ヘンドリクスが81球で完封

現地2019年5月3日、カブスのカイル・ヘンドリクスKyle Hendricks)がカージナルス相手に81球で完封勝利を演じました!

すごい!

Cardinals 0, Cubs 4 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Cardinals vs. Cubs at Wrigley Field

MAX88.3mph(142.1キロ)!

まるでグレッグ・マダックスのようでした。

カイル・ヘンドリクスが投じた投球はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダーの4種類。

驚くべきはそのベロシティー。

ファストボールのMAXはなんと88.3mph(142.1km/h)しか出ていませんでした。アベレージで86.8mph(139.7km/h)です。

【3日にカイル・ヘンドリクスが投じた球種】

  • ファストボール:15球(Av 86.8/ Max 88.3)
  • シンカー:37球(Av 86.5/Max 87.9)
  • チェンジアップ:20球(Av 78.3/Max 79.3)
  • カーブ:10球(Av 69.7=112.17kmh / Max 72.0=115.0kmh)

最も遅いカーブが112.17km/hから115.0km/hという球速でしたから27km/hから30km/hほどの差があったことが芸術的な投球の大きな要因だったかと思います。

近年で9回完封の最少投球数は78

シャットアウト勝利の球数で最少と言われているのが、ジョン・リーバーが2001年に記録した78球。

マダックスの76球は1失点、完投勝利でした

現地1997年7月22日に当時ブレーブスのグレッグ・マダックスが驚異的な76球での完投勝利を納めたのをご存じの方は多いと思いますが、この時のマダックスはカブスから1失点を喫しておりました。

今回、カイル・ヘンドリクスは完封ですので、その意味でマダックスのこの芸術的な投球とちょっと意味合いが違ってきます。

アーロン・クックは100球以下を2度達成

球数で言えば、すごいのがアーロン・クック。

Aaron Cook Stats | Baseball-Reference.com
Career: 76-79, 4.6 ERA, 578 SO, P, AllStar, Rockies/RedSox 2002-2012, t:R, born in KY 1979

アーロン・クックは2012年に引退した投手で、キャリア12年のうち、ロッキーズで11年を過ごしたスターター。通算76勝79敗。

そのアーロン・クックは、シャットアウトゲームにおいては「79球」でカイル・ヘンドリクスを上回り、コンプリート・ゲーム(完投)においては「74球」という数字を持ち、これは完投での最少投球数という意味においてグレッグ・マダックスより少ないです。

MLBには本当に色んなことをやった人がいるなと思います。

MLB最少投球数は”58”

なお、MLB歴代で1ゲームでもっとも少ない球数として記録されているのが、1944年8月10日、ボストン・ブレーブスのレッド・バレットがシンシナティ・レッズ相手に記録した数字です。

2−0で完封勝利をおさめたレッド・ブレットの投球数はなんと58球。これが最少と言われております。なお、この時のゲーム時間は1時間半だったそうです。

Fewest Pitches in a MLB Game | Research by Baseball Almanac
The fewest pitches in a Major League Baseball game, as researched by Baseball Almanac.

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました