スポンサーリンク

【MLB移籍2017】カブスが左腕ブレット・アンダーソンと合意

カブスが左腕を補強

こんにちは。

現地2017年1月24日はマリナーズがかつてのスラッガー、エドガー・マルチネスのつけていた背番号11を永久欠番にしたなどの素晴らしい話題もあったのですが、カブスのいい補強について取り上げたいと思います。

ブレット・アンダーソンを獲得

複数のソースによりますと、カブスがドジャースからFAとなっていた左腕のブレット・アンダーソン( Brett Anderson)を獲得した模様です。

フィジカル・チェック待ちです。目的はブルベン強化。

ブレット・アンダーソンと言えばOAK時代の活躍が目を引きましたね。

キャリア・ハイはルーキー・イヤー

それが数字にも現れていて、勝ち星で行くとルーキー・イヤーがキャリア・ハイです。

YearAgeTmLgWLERAGGS
200921OAKAL11114.063030
201022OAKAL762.801919
201123OAKAL364.001313
201224OAKAL422.5766
201325OAKAL146.04165
201426COLNL132.9188
201527LADNL1093.693131
201628LADNL1211.9143
Brett Anderson Stats | Baseball-Reference.com
2021: 4-9, 4.22 ERA, 58 SO,Career: 67-74, 4.07 ERA, 772 SO, P, Athletics/Dodgers/... 2009-2021, t:L, born in TX 1988, Noon

右打者の方が相性がいい

実績もあり、投げ方も美しい左腕です。左打者に強いとばかり思っていたのですが、通算では右打者の方が相性がいいようです。

右打者に対しては.258、左打者に対しては.304。

いい左腕に違いないのですが、フィジカル・チェックが問題です。

2016シーズンは11.1イニング

手首、腰、すぐにできるマメに悩まされた2016シーズンは11.1イニングで終わっています。

キャリア8年の大半を先発として過ごしているものの、ふた桁勝利をあげたのはルーキーイヤーの2009年と2015年のみ。あとは故障に泣かされてきた経緯があります。

したがってカブスは獲得にあたり、アリゾナで実際の投球を見て決めたようです。非常に念入りですね。

契約は年350万ドルで、インセンティブを入れると1000万ドルを超える金額になりそう。

昨シーズン1勝にとどまっている投手に対する契約としては破格の待遇です。それくらいカブスはブレット・アンダーソンに期待しているということですね。

リリーバーとして期待

カブスは先発でというよりはリリーフで起用するプランを考えているようです。

ブレット・アンダーソンはルーキーイヤーに投げすぎたせいか、以降、故障がちです。実際、その年以降は登板試合数も減っていますし、怪我と戦ってきたのがよくわかります。

仮にブレット・アンダーソンがヘルシーなら、カブスのプルペンは非常に厚くなりますね。


Amazon タイムセール

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました