【MLB移籍2017】カブスが左腕ブレット・アンダーソンと合意

カブスが左腕を補強

こんにちは。

現地2017年1月24日はマリナーズがかつてのスラッガー、エドガー・マルチネスのつけていた背番号11を永久欠番にしたなどの素晴らしい話題もあったのですが、カブスのいい補強について取り上げたいと思います。

ブレット・アンダーソンを獲得

複数のソースによりますと、カブスがドジャースからFAとなっていた左腕のブレット・アンダーソン(Brett Anderson)を獲得した模様です。

フィジカル・チェック待ちです。目的はブルベン強化。

ブレット・アンダーソンと言えばOAK時代の活躍が目を引きましたね。

キャリア・ハイはルーキー・イヤー

それが数字にも現れていて、勝ち星で行くとルーキー・イヤーがキャリア・ハイです。

YearAgeTmLgWLERAGGS
200921OAKAL11114.063030
201022OAKAL762.801919
201123OAKAL364.001313
201224OAKAL422.5766
201325OAKAL146.04165
201426COLNL132.9188
201527LADNL1093.693131
201628LADNL1211.9143
2019: 13-9, 3.89 ERA (10th), 90 SO,Career: 59-61, 4.05 ERA, 682 SO, P, Athletics/Dodgers/... 2009-2019, t:L, born in TX 1988

右打者の方が相性がいい

実績もあり、投げ方も美しい左腕です。左打者に強いとばかり思っていたのですが、通算では右打者の方が相性がいいようです。

右打者に対しては.258、左打者に対しては.304。

いい左腕に違いないのですが、フィジカル・チェックが問題です。

2016シーズンは11.1イニング

手首、腰、すぐにできるマメに悩まされた2016シーズンは11.1イニングで終わっています。

キャリア8年の大半を先発として過ごしているものの、ふた桁勝利をあげたのはルーキーイヤーの2009年と2015年のみ。あとは故障に泣かされてきた経緯があります。

したがってカブスは獲得にあたり、アリゾナで実際の投球を見て決めたようです。非常に念入りですね。

契約は年350万ドルで、インセンティブを入れると1000万ドルを超える金額になりそう。

昨シーズン1勝にとどまっている投手に対する契約としては破格の待遇です。それくらいカブスはブレット・アンダーソンに期待しているということですね。

リリーバーとして期待

カブスは先発でというよりはリリーフで起用するプランを考えているようです。

ブレット・アンダーソンはルーキーイヤーに投げすぎたせいか、以降、故障がちです。実際、その年以降は登板試合数も減っていますし、怪我と戦ってきたのがよくわかります。

仮にブレット・アンダーソンがヘルシーなら、カブスのプルペンは非常に厚くなりますね。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク