スポンサーリンク

【MLBトレード2020】コーリー・クルーバーはトレードでレンジャースへ!CLEは剛速球右腕とNO.1韋駄天を獲得

CLEにとって大成功のトレードでは!?

 現地2019年12月15日もトレード市場は動きましたね!10月2日にコーリー・クルーバー(Corey Kluber )の$17.5Mの2020年のクラブオプションを行使したインディアンスですが、結局、大エースをレンジャースにトレードに出しました。

 インディアンス、どうするの?と思った第一報でしたが、交換要員で受け取った選手がなかなかの逸材でした。

トレード詳細

 今回のトレードの詳細について記載します。

レンジャースGet

  • コーリー・クルーバー:サイヤング賞2度
  • キャッシュ:$50K(サイニング・ボーナスの半分)

 今回のトレードでレンジャースはコーリー・クルーバーの2020年のサラリー$17.5Mを全て引き継ぎます。そしてインディアンスとのクラブオプションで設定されていたサイニング・ボーナス$1Mのうち、半分の$50Kをキャッシュコンシダレーションとしてインディアンスから受け取ります。

コーリー・クルーバーとは

 あらためて、コーリー・クルーバーの実績をリストアップします。コーリー・クルーバーは4月10日が誕生日で、2020シーズンは34才のシーズンを迎えます。

  • オールスター:3度出場(2016-2018)
  • サイヤング賞:2度 (2014 & 2017)
  • AL ERA タイトル:1度 (2017)
  • AL最多勝タイトル:2度 (2014 & 2017)
  • AL 勝率タイトル:1度 (2017)
  • AL イニング数1位:1度 (2018)
  • AL 完投数タイトル:3度 (2015, 2017 & 2018)
  • AL 完封数タイトル:3度(2016-2018)
  • 15勝以上: 4シーズン (2014 & 2016-2018)
  • 20勝: 1度 (2018)
  • 200 IPシーズン: 5シーズン (2014-2018)
  • 200 SO: 5シーズン (2014-2018)
  • 通算98勝58敗、ERA 3.16、HR9 0.9、BB9 2.0、SO9 9.8、IP平均 222

 もう輝くばかりのスタッツが並びます。2019シーズンは5月1日のマーリンズ戦でカムバッカーが右腕の一番太い骨である尺骨を直撃し、骨折となりそのままシーズンエンド。7試合、2勝3敗、ERA 5.80 に終わりました。

  2020年は復帰を狙います。

インディアンスGet

 インディアンスがゲットしたのは以下の2名。

 一応、プロフィールを記載しておきます。

インディアンスがお得だと思える理由

 インディアンスは大エースの放出と引き換えによい選手をゲットできました。

エマニュエル・クラセとは

 とくにこのエマニュエル・クラセですね。ドミニカ共和国出身で1998年3月18日生まれの21才。2019年8月4日にデビューしました。21試合、1スタートで23.1イニングを投じ、2勝3敗、ERA 2.31。奪三振は21で与四球6。BB9は2.3、SO9は8.1。

 50イニング以内の投球だったので2020年はまだルーキーステータスです。

100マイル右腕

 魅力は100mphのファストボール。球種は2019年はファストボールとスライダーしか投じていませんでしたが、オフの間にチェンジアップでも覚えればかなり投球の幅が広がりそうです。

 わかっているだけでもMax 102.0mphを計測するほどのえげつないボールを投げます。インディアンスが交渉で欲しがったのでしょうが、レンジャースはなぜ手放したのかというほどの逸材。故障対策だけしっかりとやれば、長期に渡る戦力になることは間違いありません。

デリーノ・デシールズとは

 もう一人、お得なのがデリーノ・デシールズですね。2010年アストロズ1巡目指名のCF。1992年8月16日生まれで2020シーズン中に28才になる外野手。

 2014年のルール5ドラフトでレンジャースから指名され、レンジャース入りとなっています。デビューはルール5ドラフト翌年の2015年で、ここまで5シーズンを経験しています。

 2019年までの通算成績は539試合、打率.246、OBP .326、SLG .342、HR18、RBI 126、Runs 288、盗塁106。この選手の武器は足。2016年1月の時点では、ビリー・ハミルトンより俊足というデータが出たほどの選手。

 送りバントをしながら自分も生きたというSH(Sacrificed Bunt Hit)は2017年は13、2018年は12。もちろん2年連続でMLB1位です。

 長打はほぼないと見られてしまうスタッツですが、彼がいることでインディアンスの走力はアップ。攻撃の幅が広がりますし、仮にスターターでなくともゲーム終盤での彼の起用は相手ベンチへのプレッシャーがすごいと思います。インディアンス、いい選手をゲットできました。

レンジャーズ、ローテーション王国へ

 今回、コーリー・クルーバーを獲得したことでレンジャーズのローテーションはご覧のメンバーに。

  • コーリー・クルーバー:サイ・ヤング賞2度
  • ランス・リン:16-11 ERA 3.67
  • マイク・マイナー(L): 14-10 ERA 3.59
  • カイル・ギブソン:13-7、ERA4.84
  • ジョーダン・ライルズ: 12-8、ERA 4.15

これはかなりいいローテーションですね。

CLE、クルーバー無しで首位争いの自信か

 インディアンスがコーリー・クルーバーを放出したのは、サラリー削減もさることながら、やはり2019シーズンにコーリー・クルーバーがほぼいない状態でツインズと首位争いをできた自信というのが大きいのではないかと思います。

ローテーション

  • マイク・クレビンジャー
  • シェーン・ビーバー
  • アダム・プルートゥコ
  • ザック・プリサック
  • アーロン・シバーリ

 体調次第ではカルロス・カラスコも戻れるかもしれませんから、これだけでも十分に強いローテーションですね。

CLEのOF/INF

 外野はCFにオスカー・メルカド、バックアップにデシールズ、LFにジョナサン・ルプロー、そしてRFにフランミル・レイエス。いいですね。

 内野のコーナースポットにホセ・ラミレスとカルロス・サンタナがいる中で、SSのリンドーアの移籍話が上がっています。誰を受け取るかにもよるとは思いますが、リンドーアは出さないでもらいたいですね。2Bはいまのところ、クリスチャン・アローヨです。

 インディアンスにお得感のあるトレードだったとは思いますが、均衡はよかったのではないかと思います。あとはレンジャーズは火災のあったグローブライフフィールドがどうなるかですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました