スポンサーリンク

【MLB移籍2019】カブス、カルロス・ゴンザレスとマイナーディールへ

スポンサーリンク

CarGo(カーゴ)のラスト・チャンス

現地2019年5月30日、カブスがカルロス・ゴンザレスCarlos González )とマイナーディールで合意した模様です。

5月22日にインディアンスをDFAに

カルロス・ゴンザレスの今シーズンのここまでの契約履歴ですが、まず2018年10月にFAとなりました。

今オフの遅いFA市場の影響でゴールド・グラブ賞3度、シルバースラッガー賞2度受賞のカーゴでさえもその余波を蒙り、なかなか移籍先が決まりませんでした。

そしてようやく決まったのがインディアンスとのマイナーディール。これが開幕10日前の3月19日。

ロッキーズからFAのカルロス・ゴンザレスのインディアンスとのマイナーディール詳細を書いています。カルロス・ゴンザレスのスタッツと際立っていた2015年の動画つきです。

インディアンスではスプリング・トレーニングの招待選手としてメジャーキャンプに参加していましたが、マイナーで開幕を迎えました。

4月14日にメジャーに上がり、30試合に出場。

しかし、1ヶ月経過後の5月22日にDFAに。そして26日にリリースとなっていました。

4月にメジャーに上がるも成績が奮わず

カーゴの2019年の成績は30試合に出場、105打数22安打、打率.210、OBP.282、SLG.276、HR 2本、RBI 7。

若手でリビルド中のインディアンスにとっては、ベテランの活躍で若手を刺激したかったのでしょうが、これではさすがに若手を使おうというふうになりますね。

さらに競争の厳しいカブスでチャンスを探る

非常に厳しい状況のカーゴですが、カブスでははさらに厳しい競争に晒されます。

【カブス外野陣】

  • クリス・ブライアント(3Bも守りますが)
  • カイル・シュワーバー
  • ジェイソン・ヘイワード
  • ベン・ゾブリスト
  • アルベルト・アルモラ・ジュニア
  • ジム・アドゥチ

今季はクリス・ブライアントは外野を守るケースも多いことから、クリス・ブライアント、カイル・シュワーバー、ジェイソン・ヘイワードの3人でほぼ決まっています。

そしてゲームの状況でクリス・ブライアントが本職の3Bについたり、ベン・ゾブリストが外野に回ったりする中で、先日のファウルボールが幼い女の子を直撃してしまったアルモラ・ジュニアがおり、34才のジム・アドゥチもおります。

まだ33才のカルロス・ゴンザレスですが、ここを乗り越えないと向こう3年はより厳しくなってしまいます。

2015年には40HRで2度めのシルバースラッガー賞を獲得したカルロス・ゴンザレス。

2019: 3 HR, .200 BA, 10 RBI,Career: 234 HR, .285 BA, 785 RBI, OF, 3xAllStar, 3xGG, Rockies/Athletics/... 2008-2019, b:L/t:L, 1x BA Leader, born in Venezuela. 19...

ここでベテランの味を発揮するか、注目したいと思います。

守備はさすがにいいです。打撃が上がればいいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク