スポンサーリンク

【MLB2020FA】MILで2度復活!のジョーダン・ライルズがレンジャーズと2年16Mドルの契約をゲット!

ライルズ、高評価の2年M

 実力を発揮できずに思うような活躍ができなかった選手が、頭角を現して好条件の契約を勝ち取るというストーリーはやはり目にするだけで嬉しくなってしまいます。

 逆転のサクセス・ストーリーという意味ではドリュー・ポメランツもそうでした。マイク・ムスターカスは実力は発揮しつつも、市場の動向に振り回されてしまったケースになるかと思います。

契約内容

 ジョーダン・ライルズ(Jordan Lyles)とレンジャーズが合意した内容は2年/$16M。フィジカルチェックの結果後にオプションなどの詳細が判明するかと思います。

 筆者が注目したいのはブルワーズでの2度の復活。

ライルズ、2年連続でブルワーズで復活

 もともとジョーダン・ライルズは2008年ドラフトのアストロズ1巡目指名の投手。2020年は29才のシーズンを迎えます。筆者はロッキーズのイメージが強いのですが、2013年12月にアストロズがデクスター・ファウラーを獲得したトレードでロッキーズへ移籍。

20才でデビュー

 前後しますが、高卒でアストロズと契約したライルズは20才のシーズンである2011年にメジャーデビューしました。しかもセプテンバー・コールアップではなく、5月31日のデビューです。この年は結局2勝8敗、ERA 5.36という成績で、苦しみながらも15スタート、94.0イニングに登板したのでした。この時期はアストロズのいわゆる暗黒時代で2011シーズンはナ・リーグセントラル(当時)の最下位に沈みました。

ロッキーズをリリース、パドレスへ

 その後も二桁勝利を上げることなく、なんと2017年8月1日にロッキーズをリリースされたのでした。ただ、FAとしてすぐにパドレスとサイン。マイナー契約です。2017年はパドレスで1勝3敗、ERA 9.39。そのオフにFAとなり、再びパドレスとサイン。

 2018年はスターター、中継ぎをこなし、24試合、8スタートで2勝4敗を上げるも6月に肘痛を発症。アウトライト・ウェーバーとなったところを2018年8月にブルワーズがクレームオフ(獲得)したのでした。

2018年、ブルワーズで1度目の復活

 ブルワーズに移籍して以降、11試合に登板。すべてリリーフでしたが、16.1イニングでERA 3.31を記録。残念ながらポストシーズンのロスターには入れませんでしたが、十分に自信を遂げた復活でした。2018年10月にFA。12月にパイレーツと契約を結んだのでした。1年/$2.05M。

2019年、パイレーツで先発に復帰するも・・・

 パイレーツでは先発に復帰しましたが、17スタートで5勝7敗、ERA 5.36。パイレーツはごたごたしたチーム状態であったとも言えますが、ライルズの今ひとつな出来もパイレーツの不調の要因の一つでもありました。開幕から右半身の痛みがあったり、左ハムストリングス痛を患ったりと怪我にも悩まされてはいました。

2019年のTDLで再びブルワーズへ

 結局、2019年のトレードデッドラインで再びブルワーズへ。右腕のコディー・ポンスとのトレードでした。

2019年後半、ブルワーズで再び輝く

 ブルワーズへの2度目の移籍後、先発不足で頭を痛めていたチームに貢献。11スタート、58.2イニングでなんと7勝1敗、ERA 2.45の成績に!オープナーを多用したブルワーズでしたが、ライルズの登板はブルペンの休養日とばかりに最長で7.0イニング、最短で4.1イニングを任せる安定感を出したのでした。

 結局、2019シーズンはキャリア初の二桁となる12勝8敗、ERA 4.15、141イニング、WAR 1.7に。

 ブルワーズくらいに勝率が高くて、切羽詰まった役割だとうまく行く選手なのかもしれませんね。

大幅なサラリーアップ

 ライルズのこれまでのサラリーの最高額は2016年11月に調停を避けてロッキーズとサインした1年/3.175M。

 2019年は上記の通り、パイレーツと1年/$2.05Mでブルワーズが残り期間を引き継いだ格好となっています。

 そして2020-21年の2年で$16Mですから、均等割であったとしても2020年は$8M。2019年のラスト2ヶ月で見事に4倍の価値をもたらしたのでした。

レンジャーズのローテション

 ライルズはレンジャーズではスターター候補です。マイク・マイナー、ランス・リン、そして12月6日に正式サインとなったカイル・ギブソンに続く4人目のスターター候補です。

 22才の左腕、コルビー・アラード(Kolby Allard )、23才の左腕、ブロック・バーク(Brock Burke)が5人目の枠を争うような格好となっています。

 レンジャーズはゲリット・コールも狙っていますが、さてどうなるのでしょうか!エージェントのボラス氏がまたウインターミーティングで注目を集めそうです。そして出揃った条件で2月後半あたりに決定というブライス・ハーパーの時と同じようなスケジュールになるのでしょうか!? 注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました