スポンサーリンク

【MLB2020FA】MILで2度復活!のジョーダン・ライルズがレンジャーズと2年16Mドルの契約をゲット!

ライルズ、高評価の2年M

 実力を発揮できずに思うような活躍ができなかった選手が、頭角を現して好条件の契約を勝ち取るというストーリーはやはり目にするだけで嬉しくなってしまいます。

 逆転のサクセス・ストーリーという意味ではドリュー・ポメランツもそうでした。マイク・ムスターカスは実力は発揮しつつも、市場の動向に振り回されてしまったケースになるかと思います。

契約内容

 ジョーダン・ライルズ(Jordan Lyles)とレンジャーズが合意した内容は2年/$16M。フィジカルチェックの結果後にオプションなどの詳細が判明するかと思います。

 筆者が注目したいのはブルワーズでの2度の復活。

ライルズ、2年連続でブルワーズで復活

 もともとジョーダン・ライルズは2008年ドラフトのアストロズ1巡目指名の投手。2020年は29才のシーズンを迎えます。筆者はロッキーズのイメージが強いのですが、2013年12月にアストロズがデクスター・ファウラーを獲得したトレードでロッキーズへ移籍。

20才でデビュー

 前後しますが、高卒でアストロズと契約したライルズは20才のシーズンである2011年にメジャーデビューしました。しかもセプテンバー・コールアップではなく、5月31日のデビューです。この年は結局2勝8敗、ERA 5.36という成績で、苦しみながらも15スタート、94.0イニングに登板したのでした。この時期はアストロズのいわゆる暗黒時代で2011シーズンはナ・リーグセントラル(当時)の最下位に沈みました。

ロッキーズをリリース、パドレスへ

 その後も二桁勝利を上げることなく、なんと2017年8月1日にロッキーズをリリースされたのでした。ただ、FAとしてすぐにパドレスとサイン。マイナー契約です。2017年はパドレスで1勝3敗、ERA 9.39。そのオフにFAとなり、再びパドレスとサイン。

 2018年はスターター、中継ぎをこなし、24試合、8スタートで2勝4敗を上げるも6月に肘痛を発症。アウトライト・ウェーバーとなったところを2018年8月にブルワーズがクレームオフ(獲得)したのでした。

2018年、ブルワーズで1度目の復活

 ブルワーズに移籍して以降、11試合に登板。すべてリリーフでしたが、16.1イニングでERA 3.31を記録。残念ながらポストシーズンのロスターには入れませんでしたが、十分に自信を遂げた復活でした。2018年10月にFA。12月にパイレーツと契約を結んだのでした。1年/$2.05M。

2019年、パイレーツで先発に復帰するも・・・

 パイレーツでは先発に復帰しましたが、17スタートで5勝7敗、ERA 5.36。パイレーツはごたごたしたチーム状態であったとも言えますが、ライルズの今ひとつな出来もパイレーツの不調の要因の一つでもありました。開幕から右半身の痛みがあったり、左ハムストリングス痛を患ったりと怪我にも悩まされてはいました。

2019年のTDLで再びブルワーズへ

 結局、2019年のトレードデッドラインで再びブルワーズへ。右腕のコディー・ポンスとのトレードでした。

2019年後半、ブルワーズで再び輝く

 ブルワーズへの2度目の移籍後、先発不足で頭を痛めていたチームに貢献。11スタート、58.2イニングでなんと7勝1敗、ERA 2.45の成績に!オープナーを多用したブルワーズでしたが、ライルズの登板はブルペンの休養日とばかりに最長で7.0イニング、最短で4.1イニングを任せる安定感を出したのでした。

 結局、2019シーズンはキャリア初の二桁となる12勝8敗、ERA 4.15、141イニング、WAR 1.7に。

 ブルワーズくらいに勝率が高くて、切羽詰まった役割だとうまく行く選手なのかもしれませんね。

大幅なサラリーアップ

 ライルズのこれまでのサラリーの最高額は2016年11月に調停を避けてロッキーズとサインした1年/3.175M。

 2019年は上記の通り、パイレーツと1年/$2.05Mでブルワーズが残り期間を引き継いだ格好となっています。

 そして2020-21年の2年で$16Mですから、均等割であったとしても2020年は$8M。2019年のラスト2ヶ月で見事に4倍の価値をもたらしたのでした。

レンジャーズのローテション

 ライルズはレンジャーズではスターター候補です。マイク・マイナー、ランス・リン、そして12月6日に正式サインとなったカイル・ギブソンに続く4人目のスターター候補です。

 22才の左腕、コルビー・アラード(Kolby Allard )、23才の左腕、ブロック・バーク(Brock Burke)が5人目の枠を争うような格好となっています。

 レンジャーズはゲリット・コールも狙っていますが、さてどうなるのでしょうか!エージェントのボラス氏がまたウインターミーティングで注目を集めそうです。そして出揃った条件で2月後半あたりに決定というブライス・ハーパーの時と同じようなスケジュールになるのでしょうか!? 注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました