スポンサーリンク

【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!

W・ビューラー、3戦目で復調

 現地2024年5月18日、レッズ@ドジャースの4ゲームシリーズのGm3で、ドジャースのウォーカー・ビューラー(Walker Buehler)がトミージョン手術から復帰3戦目のマウンドに上がりました。

 ウォーカー・ビューラーの過去2戦はご覧のような内容でまだまだ本調子にはほど遠い結果となっていました。

#DateOppIPHRERBBSOHRHBPERAPit
15/6MIA4.063304116.7577
25/12@ SDP3.153322217.3677
Walker Beuhlerの復帰2戦の投球

 そんな中でもBBが2戦で2個しか出ていなかったのはさすがで、リハビリ登板でもコントロールを中心に調子を上げてきたのだなというのはわかりました。コントロールはゲームを作る上でも必要ですし。ただ、被本塁打が3本もあることや被安打がイニングの割には多かったところが、ボールの強さをはじめ、まだまだ手探りでチューンナップしているなという印象でもありました。

 よって、5月中はまだまだ本調子には戻らないとたかをくくっていたのですが、なんと復帰3戦目に結果が出ました。

ウォーカー・ビューラー、7回スコアレス投球

 過去2戦はいずれも77球で降板したウォーカー・ビューラー。たまたま同じ球数になりましたが、ドジャースはおそらく80球を目処に球数制限をかけている模様。よって、これまでコントロールを重視してきた理由は無駄球を減らしてイニングを稼ぐという目的もあったのでしょう。

MAX 97.1mphをマーク

 この日のウォーカー・ビューラーは、過去2戦同様、ナックル・カーブをうまく使い、4シームを速く見せる工夫を実施。特に良かったのはコマンドで、甘いボールが極端に少なく、ゾーンの出し入れは出来ていたと思います。

 4シームはやはり94-95mphというのが多かったですが、3回表にウィル・ベンソンから3アウト目の三振を奪ったボールは97.1mphをマーク。徐々に本来の強いボールも出てきました。

 4回まで被安打1に抑えたビューラーは5回表、1アウトからこの日2本めのヒットをジェイク・フレイリーに打たれます。カット・ボールが甘いところに入ってきて、記録上は左中間への3塁打となりましたが、実質はエラーです。CFのアンディー・パレスとLFのミゲル・バルガスの声の連携がうまく行かず、パヘスのキャッチをバルガスが邪魔する形となってしまい、パベスのグラブから離れたボールがフェンスまで届き、フレイリーを3塁まで行かせてしまいました。ただ、このピンチもビューラーはジェイマー・キャンデラリオとジョナサン・インディアを打たせて取り、無失点で切り抜けています。

 ビューラーは6回表も無失点で切り抜けて、ここで降板。6イニングを被安打3,スコアレス、BB 0、SO7という良い結果を出したのでした。この日の球数は78球。

まだチューンナップ中

 ビューラーはまだまだ本来の強烈なほど強いボールを投げておらず、上述のように球数制限もある中、ゲームメイクを優先している投球内容。技術で今回の結果を出したという感じです。故障前よりも腕が下がったようにも見えますが、まだチューンナップ中かと思います。繰り返しますが、その段階でこの投球内容はやはりウォーカー・ビューラーはすごいなと思う次第です。

 下記は2020年までのビューラーの投球。4シームが非常に強いです。

1番大谷選手

 この日、ドジャースはムーキー・ベッツを休ませ、リードオフに大谷選手が入りました。ただ、大谷選手はこの日は4-0でした。

 ドジャースはレッズ先発のグラハム・アッシュクラフトに苦戦。特にスライダーに苦戦しました。しかし、先制点を奪ったのはドジャースで4回裏に2つの四球をきっかけにアンディー・パヘスのタイムリーでとギャビン・ラックスの投手ゴロの間に2点を先制。

 さらに5回にはフレディー・フリーマンのシングル、8回にはテオスカー・ヘルナンデスのシングルでそれぞれ1点ずつを追加。

 ビューラー降板後はマイケル・グローブ、ダニエル・ハドソン、最後はJ.P.ファイヤライゼンにつないでレッズ打線を封じ、4-0のスコアでドジャースが勝ち、ビューラーに復帰後初勝利がつきました。

MLB Gameday: Reds 0, Dodgers 4 Final Score (05/18/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ドジャースはこれで31勝目。NL西地区で首位を独走中。2位パドレスに7.5ゲームをつけています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました