スポンサーリンク

【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ

ドジャース

ベリンジャー、4月5日以来の復帰

 現地2021年5月29日(土)、ロサンゼルス・ドジャースのOF兼1Bのコディー・ベリンジャー(Cody Bellinger)が左足の怪我から約2ヶ月ぶりに復帰しました。

 ベリンジャーはジャイアンツ戦に4番CFで先発出場。

トリプルAでは2HR

 復帰前には22日からトリプルAオクラホマシティー・ドジャースのゲームに5試合出場。20打数4安打で打率.200ながらも、HR2本を放ち、これならということで上がったのですが、この日は4−0で2三振に終わりました。

 しかし、ベリンジャーが打線に復帰したことにより、ドジャース打線の相手投手への圧は増すばかりですね。

左足腓骨のヒビからの復帰

 コディー・ベリンジャーが傷めめていたのは左足の腓骨ひこつ。腓骨とは足の大きな骨の細い方。

スパイクされて傷む 

 4月5日のアスレチックス戦での9回表、1、2塁間へのゴロを放ったベリンジャーは1塁ベースを駆け抜けようとしたしたところ、ちょうどベース・カバーに入とうとした投手のレイミーン・グドゥアン(Reymin Guduan)と交錯。グドゥアンはベリンジャーの足首をスパイク。ベリンジャーはこのままゲームから離脱していたのでした。

 当初はふくらはぎ痛と見られていましたが、診断の結果、腓骨にヒビが入っていることが判明。このまま10 Day ILとなっていました。

ロスタームーブ

 ベリンジャーは10 day ILから復帰したのですが、そもそも10 Day ILは26人のアクティブ・ロスターから外れる必要がある制度。復帰したことにより、誰かが外れるわけで、ひょっとして筒香選手が外れるのでは?という憶測も飛んでいましたが、筒香選手はなんとかサバイブしました。

ノイジー、ピータースがトリプルAに

 マイナーに行きとなったのは、2Bのショルドン・ノイジー(Sheldon Neuse )とOFのD.J.ピータース( DJ Peters )。

 ショルドン・ノイジーは今季アスレチックスから移籍してきた選手で、アスレチックスの内野の層が厚く、出場機会に恵まれなかったこともあり、ドジャースがトレードで獲得。今季のパドレスとの死闘でも活躍した選手で、体が大きい割には身のこなしが軽やかで、いい内野手でもあったのですが、打率が.172、OBPが.186と数字が伸びなかったことから今回は一度下で調整ということに。

 D.J.ピータースは今季デビューのOFで18試合に出場し、OBPも.382とチャンスメイクも果たしていたのですが、いかんせん、こちらも打率が.192と上がらず、一旦は下で調整ということになりました。

ザック・マッキンストリーも昇格

 コディー・ベリンジャーとともにMLBに昇格したのは、2020年デビューのユーティリティー・マン、ザック・マッキンストリー(Zach McKinstry)。ザック・マッキンストリーは今季はMLBで開幕を迎え、4月20日まで17試合に出場していました。このうち13試合で先発出場し、54打数16安打、打率.296と良い数字を残していました。

 しかし、右腹斜筋を傷め、10 Day IL入りで一旦はアクティブ・ロスターから外れていました。約1ヶ月の後、再びビッグリーグに上がってきたのでした。

筒香選手、まだ試練が続く

 まだ打率が上がって来ない筒香選手にはいましばらくは試練が続きそうです。ベリンジャーの復帰による一つの壁は乗り越えましたので、復調するのを待つばかりです。技術的な点はコーチなどから指摘があるでしょうから、ファンとしてはとにかくリラックスして打席に立てれば良いなと思う次第です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました