スポンサーリンク

【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ

ベリンジャー、4月5日以来の復帰

 現地2021年5月29日(土)、ロサンゼルス・ドジャースのOF兼1Bのコディー・ベリンジャー(Cody Bellinger)が左足の怪我から約2ヶ月ぶりに復帰しました。

 ベリンジャーはジャイアンツ戦に4番CFで先発出場。

トリプルAでは2HR

 復帰前には22日からトリプルAオクラホマシティー・ドジャースのゲームに5試合出場。20打数4安打で打率.200ながらも、HR2本を放ち、これならということで上がったのですが、この日は4−0で2三振に終わりました。

 しかし、ベリンジャーが打線に復帰したことにより、ドジャース打線の相手投手への圧は増すばかりですね。

左足腓骨のヒビからの復帰

 コディー・ベリンジャーが傷めめていたのは左足の腓骨ひこつ。腓骨とは足の大きな骨の細い方。

スパイクされて傷む 

 4月5日のアスレチックス戦での9回表、1、2塁間へのゴロを放ったベリンジャーは1塁ベースを駆け抜けようとしたしたところ、ちょうどベース・カバーに入とうとした投手のレイミーン・グドゥアン(Reymin Guduan)と交錯。グドゥアンはベリンジャーの足首をスパイク。ベリンジャーはこのままゲームから離脱していたのでした。

 当初はふくらはぎ痛と見られていましたが、診断の結果、腓骨にヒビが入っていることが判明。このまま10 Day ILとなっていました。

ロスタームーブ

 ベリンジャーは10 day ILから復帰したのですが、そもそも10 Day ILは26人のアクティブ・ロスターから外れる必要がある制度。復帰したことにより、誰かが外れるわけで、ひょっとして筒香選手が外れるのでは?という憶測も飛んでいましたが、筒香選手はなんとかサバイブしました。

ノイジー、ピータースがトリプルAに

 マイナーに行きとなったのは、2Bのショルドン・ノイジー(Sheldon Neuse )とOFのD.J.ピータース( DJ Peters )。

 ショルドン・ノイジーは今季アスレチックスから移籍してきた選手で、アスレチックスの内野の層が厚く、出場機会に恵まれなかったこともあり、ドジャースがトレードで獲得。今季のパドレスとの死闘でも活躍した選手で、体が大きい割には身のこなしが軽やかで、いい内野手でもあったのですが、打率が.172、OBPが.186と数字が伸びなかったことから今回は一度下で調整ということに。

 D.J.ピータースは今季デビューのOFで18試合に出場し、OBPも.382とチャンスメイクも果たしていたのですが、いかんせん、こちらも打率が.192と上がらず、一旦は下で調整ということになりました。

ザック・マッキンストリーも昇格

 コディー・ベリンジャーとともにMLBに昇格したのは、2020年デビューのユーティリティー・マン、ザック・マッキンストリー(Zach McKinstry)。ザック・マッキンストリーは今季はMLBで開幕を迎え、4月20日まで17試合に出場していました。このうち13試合で先発出場し、54打数16安打、打率.296と良い数字を残していました。

 しかし、右腹斜筋を傷め、10 Day IL入りで一旦はアクティブ・ロスターから外れていました。約1ヶ月の後、再びビッグリーグに上がってきたのでした。

筒香選手、まだ試練が続く

 まだ打率が上がって来ない筒香選手にはいましばらくは試練が続きそうです。ベリンジャーの復帰による一つの壁は乗り越えましたので、復調するのを待つばかりです。技術的な点はコーチなどから指摘があるでしょうから、ファンとしてはとにかくリラックスして打席に立てれば良いなと思う次第です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました