【MLB移籍2017】ドジャースが2Bにローガン・フォーサイスを獲得

ローガン・フォーサイスがLADに

本当によく冷えていますね。寒いを通り越して痛いです。

あと1ヶ月足らずでスプリング・トレーニングが始まりますが、ここにきてドジャースが2B候補を決めました!

現地2017年1月23日、2Bとリードオフマンを探していたドジャースはレイズのローガン・フォーサイス(Logan Forsythe)を獲得しました。

ドージャーを獲れず

ドジャースがずっと追っていた2Bはツインズのブライアン・ドージャー。

2016シーズン、42HRを放った打力と守備力を兼ね備えたリードオフマン。しかし、ここにきて方針を変更。金銭的な問題とドラフトへの影響を考慮し、実績のある仕事人のフォーサイスに白羽の矢を立てたということのようです。

ローガン・フォーサイスとは

ローガン・フォーサイスは2017シーズンで30才。選手としてと旬な年齢ですね。

2008年アマチュアドラフトでパドレスから1巡目(全体順位46位)で指名受けプロ入り。2011年にメジャー・デビュー。パドレスで3シーズンを過ごした後、2014年にレイズへ移籍。

2015シーズンには153試合に出場。メジャー6年で通算519安打。1シーズンあたり136安打という選手です。

OBP(出塁率)が3割半ばといういい選手です。さすがにドージャーと同じ破壊力まではいきませんが、実践向きのいい選手です。

LAD→TBRにはホセ・デレオン

ドジャースからレイズには ホセ・デレオン(Jose De Leon)が動きます。

レイズへ動く ホセ・デレオンは2017シーズンで24才を迎える右腕のプロスペクト。

2016年にデビュー済みです。90マイル半ばのファストボールとチェンジアップがいい投手です。

ドジャース、2Bにローガン・フォーサイスを獲得したことで FAのチェイス・アトリーをどうするのでしょうか??

フィリーズ黄金時代を支えた選手がまたひとり危機に立たされています。メジャーは我々サラリーマン以上に年齢に厳しい世界です。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク