スポンサーリンク

【NLDS2019Gm1】ドジャース、ウォーカー・ビューラーを擁してナッツに6-0で先勝!

LAD、1988以来のチャンプへ好スタート

現地2019年10月3日、ナ・リーグ勝利1位クラブとワイルドカードを勝ち上がったクラブの対決が行われました。

ナショナルズ@ドジャースは、ドジャー・スタジアムにて午後5時38分にプレーボール。まだ明るいうちからのスタートとなりました。

ロスター

25人のロスターですが、ドジャースの特筆はルーキーが4人も登録されていること。ピッチャーのダスティン・メイ、野手のマット・ビーティー、ギャビン・ラックス、ウィル・スミスが入りました。

ルーキーOFのアレックス・ベルドゥーゴ(左打ち)は腹斜筋を傷めてILに入っており、予定ではポストシーズンに出て来れるはずでしたが、このNLDSでは無理をさせませんでした。ただでさえ、左打ちのいいバッターが揃っているのでその意味でも厳しかったかもしれません。

一方のナッツは、ベストな25人を入れることが出来たと思います。

スターター

NationalsDodgers
1.ターナー-SS-(R)
2.イートン-RF-(L)
3. レンドン-3B-(R)
4.ソト-LF-(L)
5. ケンドリック-1B-(R)
6. A・カブレラ-2B-(S)
7. ロブレス-CF-(R)
8. ゴームズ-C-(R)
9.コービン-P-(L)
1.ポロック-LF-(R)
2. フリース-1B-(R)
3. ターナー-3B-(R)
4. ベリンジャー-CF-(L)
5. テイラー-RF-(R)
6.マンシー-2B-(L)
7. シーガー-SS- (L)
8.スミス-C-(R)
9. ビューラー-P-(R)

ドジャースはナショナルズの先発がレフティーのパトリック・コービンということで上位に右打者を多用。一方のナッツはライティーのビューラーが相手ということでベストなオーダーを作ることが出来ました。

(サマリー)LAD、投手力でナッツに圧倒

初回、順調にゲームインしたビューラー(Walker Buehler)に対し、ナショナルズのパトリック・コービン(Patrick Corbin)は1回裏に4四球を与え、押出で先取点を献上。ビューラーは4回表に3つの四球を出してくずれかけますが、A・カブレラを力で押し切って無失点。

5回裏、ドジャースはランナーを一人置いてクリス・テイラーが1塁へ強いゴロを放ち、これをナショナルズのハウイー・ケンドリック(Howie Kendrick)がトンネル。1塁ランナーが一気に還り2点目。

ナショナルズはドジャースの投手陣にチャンスを作ることができず。

一方のドジャースは7回裏にM・マンシーのタイムリーで2点を追加、さらに8回裏にはルーキーのギャビン・ラックスとマックス・マンシーにソロHRが飛び出し6−0。最後はジョー・ケリーが抑え、ドジャースが6−0で初戦を取りました。

Game Score

初戦を獲ったクラブが勝ち進む確率は72%

もう一つのSTL@ATL戦の記事でも触れましたが、5ゲームシリーズでは初戦を取った方のクラブが72%でCSに勝ち進みます。

データ上、ドジャースは有利になりました。

2つのポイント

1. ナッツ、守備が乱れる!7 Walk、2エラー

ワイルドカードでブルワーズに劇的勝利で勝ち上がり、勢いをキープしたままかと思ったナショナルズでしたが、むしろ固さが見られました。

投手陣はパトリック・コービンの初回の4四球を始め、4人で計7四球。ハンター・ストリックランドは四球は出していないのですが、8回にラックスとマンシーにHRを浴び、2被弾。

そして痛かったのが、ハウイー・ケンドリックのタイムリー・エラーですね。これは本人も悔しがっていました。

この前に2回にビューラーの打球処理にも失敗し、ケンドリックは2エラーとなってしまいました。

2. ドジャース投手陣の球威勝ち

このゲーム、ナショナルズが放ったのは2安打のみ。ドジャースのリレーに完全に封じられました。

アンソニー・レンドン、フアン・ソトは特別にマークされていたとも言えます。

3番手で出てきた前田投手は1.2イニングをパーフェクト。

ビューラー、PS5連続7K以上達成!

ウォーカー・ビューラーですが、ポストシーズンのマイル・ストーンを達成しています。

2018年の登板から続いている記録として以下の2つを達成。

  • 5試合連続 7SO以上
  • 16イニング連続無失点
    1. 2018-10-20 : NLCS vs MIL 3.0 IP (Score)
    2. 2018-10-26: WS vs BOS 7.0 IP (Score)
    3. 2019-10-3: NLDS vs WSH 6.0 IP

ビューラーは非常に勝負強く、2018年もタイブレーカーで圧巻のピッチングを見せました。

Game2はストラスバーグとカーショウの投げあいです。

右投手登板ゆえ、ドジャースの強力なレフティー陣がフルに稼働するガチンコの対決が見ものです!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました