スポンサーリンク

【ALDS 2022】ガーディアンズ、序盤の失点が響き、敗退!ヤンキースはジャッジにHR!

2022 ALDS Game 5 (CLE 1-5 NYY)

 現地2022年10月18日、前日に雨で流れたガーディアンズ@ヤンキースのALDS Game5が快晴の下、無事に行われました。

 ヤンキースがネスター・コルテス・Jr.、ガーディアンズがアーロン・シバーリの先発で始まったこのゲームは、ヤンキースが序盤からガーディアンズを攻め、常に優位に立つ展開に。

 初回の攻撃がゲームの趨勢を決めた戦いになりました。

アーロン・シバーリ、1回持たず

 Game4が終わった後、ガーディアンズの首脳陣はアーロン・シバーリをGame5の先発に指名。ところが、予定されていた17日が激しい降雨で中止になったため、一旦はシバーリの名前を取り消しました。

 負ければ敗退のGame5ゆえ、エースのシェーン・ビーバーの先発も頭によぎったようです。ただ、1日の猶予が出来たとは言え、シェーン・ビーバーは現地14日のALDS Game2に先発し、101球を投げたばかり。Game5で先発するには中3日しか空いておらず、ショート・レストの状況には変わりがなかったため、結局は当初通りにシバーリの先発で行くことに決めました。

 ガーディアンズはブルペンに休養が出来た関係で、アーロン・シバーリをおそらくショート・イニングで起用したかったと思われ、なんとか序盤を切り抜けて欲しいと願って送り出しましたが、結果は厳しいものになりました。

ジャンカルロが先制3ランHR

 シバーリは先頭のグレイバー・トーレスにストレートの四球。つづくアーロン・ジャッジは三振に打ち取り1アウト。しかし次打者のアンソニー・リッゾには死球を与え、なかなかリズムに乗れません。シバーリはランナーを2人背負った状態で4番のジャンカルロ・スタントンを迎えます。

 独特のスタンスで待つスタントンに対し、バッテリーは徹底的にアウトコースを選択。1、2球はカットボールが枠を大きく外れ、2ボール0ストライクになったところで、シバーリはストライクを欲しがるかのように甘いボールを投げてしまいました。これを待ってましたとばかり強く叩いたジャンカルロ・スタントンの打球は、右中間への弾丸ライナー。これがスタンドに入り、3ランHR。ヤンキースが初回に3-0とリードし、一気にゲームを優位な展開に持ち込みました。

 さらにシバーリはつづくジョシュ・ドナルドソンにもSSへの内野安打を打たれ、これ以上深傷を負いたくなかったフランコーナ監督はここでシバーリを諦めました。

 アーロン・シバーリは枠ギリギリを狙った慎重な投球を試みていたものの、ストライクとボールがはっきりし、奪ったのは1アウトのみで、被安打2、四死球2、奪三振1、HR1で降板となりました。

ジャッジにも一発(PS2本目)

 ガーディアンズはシバーリに代わり、左腕のサム・ヘンゲスをマウンドに送りました。High-90mphを出す長身左腕です。このいい投手を序盤に出さざるを得なくなったのは痛いところでしたが、Game5ゆえ、そうも言っていられなくなりました。

 そのサム・ヘンゲスは初回こそ切り抜けたものの、2回裏に失点。2アウトまで奪った後、アーロン・ジャッジを迎え、外角へのカーブが高めに浮きました。それをジャッジは右中間スタンドまで運び、4点目。このようにしてヤンキースは序盤2回に4得点を上げます。

ガーディアンズ、反撃も1点のみ

 一方、ガーディアンズの打撃陣はは3回裏に反撃。先頭のオースティン・ヘッジスがシングルで出塁。それを皮切りに満塁のチャンスを作ります。ここでバッターはホセ・ラミレス。絶好のシチュエーションとなりました。ガーディアンズとしてこのチャンスに2点は奪っておきたかったところでしたが、そのホセ・ラミレスはネスター・コルテスにタイミングを外され、CFへフライに。これが犠牲フライとなり、1点を返します。

 一方、ヤンキースは5回裏にも得点。先頭のグレイバー・トーレスが四球で出塁し、2塁に成功。ここでアンソニー・リッゾを迎え、ガーディアンズはまたしてもピンチに。そのトーレスはCFへタイムリーシングルを放ち、計5点目。

 ヤンキースは先発のコルテスが5イニングを1失点に締め、ゲームメイクに成功。

 その後はロアイシガが2イニング、クレイ・ホームズが1イニング、そして最後はワンディー・ペラルタが9回表を無失点でしのぎ、見事にALCS進出を果たしました。

 ガーディアンズはコツコツとシングルを放ち、チャンスメイクをするも、そこからの1点が遠いゲームとなりました。

ガーディアンズ、ヤンキースにまたも阻まれる

 ガーディアンズは2016年以降7シーズンで5度のポストシーズン進出を果たしています。この間、ほぼリビルドの状態で、主力を放出しつつという状況の中での5度のポストシーズン進出です。

 戦績はご覧の通り。

  • 2022年:ALDS でヤンキースに2勝3敗
  • 2020年:WCシリーズでヤンキースに0勝2敗
  • 2018年:ALDSでアストロズに敗戦
  • 2017年:ALDSでヤンキースに2勝3敗
  • 2016年:ワールドシリーズでカブスに3勝4敗(戦力が充実していたシーズン)

 しかし、3度までもヤンキースに跳ね返されております。しかも今回の敗退で2回連続でヤンキースに敗れました

 ガーディアンズは投手力がよく善戦するのですが、ここ一発というところでの得点力が上がらないのは、やはり投下しているペイロールの差が如実に出ていると言わざるを得ません。

 投手の育成力で秀でているだけに、惜しいです。

 ヤンキースですが、移動日なしでALCSへ突入です。アストロズとの初戦はジェイムソン・タイヨンが投げます!

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました