スポンサーリンク

【NLDS2019-Gm2】フォルティーが7回シャットアウト投球、デュバルが殊勲の2ランHR!ブレーブスがNLDSタイ

レベルの高い投手戦となったGm2

現地2019年10月4日、NLDSのカージナルス@ブレーブス戦のGame2は非常にレベルの高い投手戦となりました。

前日のGame1ではカージナルスが先勝しました。ブレーブスがリードを奪いながらも後半の投手交代のトラブルから2点リードを守り抜けず、大量失点してしまい、カージナルスに7−6で惜敗。

カージナルス優位かと思われた先発

先発はカージナルスは8月に4勝1敗、ERA 0.71でピッチャー・オブ・ザ・マンスに選ばれ、9月も3勝1敗、ERA 0.82と絶好調を誇ったジャック・フラハーティー(Jack Flaherty)。

一方のブレーブスはレギュラーシーズン最後の登板では負け投手になったものの、9月は4勝1敗、ERA 1.50とこちらもグンと調子を上げてきたマイク・フォルティネビッツ(Mike Foltynewicz)。

フォルティーの9月のスタッツを見逃していれば、圧倒的にカージナルスが優位と判断してしまうところでした。

この両投手の出来が非常に素晴らしかったです。

(サマリー)

ゲームサマリーですが、投手戦をブレーブスが少ないチャンスをものにしたというゲームだったのでした。

1回裏、内野安打で出塁したオジー・アルビーズを1塁に置いて、ジャック・フラハーティーがワイルドピッチでスコアリングポジションに。つづくF・フリーマンの進塁打で3塁にランナーを置いて、ジョシュ・ドナルドソンがLFへ先制のタイムリーを放ち、ブレーブスが1点をリード。

その後、1-0のまま緊迫した投手戦が続き、7回裏、フォルティーの代打に送られたアダム・デュバルがブライアン・マッキャンを1塁に置いて、値千金の2ランHR。ブレーブスが3−0とし、ブレーブスがマックス・フリード、マーク・マランソンとつなぎシャットアウト勝ちをおさめました。

BOX SCORE

フォルティネビッツ、7回シャットアウト

このゲームはやはりマイク・フォルティネビッツの投球が光りました。

ファストボールもMaxで2シームが96mph(154.4kmh)を記録。常時、95mph(152.8kmh)が出ていて走っていました。

よかったのが、スライダーです。

打ち気を削ぐかのようにスイングコースから逃げていきました。ウィニングショットのスライダーが切れまくっていましたので、カージナルス打線もお手上げ状態でした。

フォルティネビッツはしかも7回を投げて81球で球数のセーブにも成功。これは後々よい貯金になってくると思われます。被安打はたったの3で与四球0、奪三振が7。完璧な内容でした。5回から7回まで3人ずつで斬って取ったところもよかったですね。

ジャック・フラハーティーは被安打8

一方のジャック・フラハーティーは4回までは毎回ランナーを背負う投球。5回と6回の2イニングは3人ずつで打ち取り、リズムが出てきたものの7回にブレーブスについに2度目の失点を許してしまったというところ。

7回、117球を投げて被安打が8、与四球1、奪三振8、失点3という結果でした。

J・ドナルドソンに待望の安打

前日、記録上は1打点がついたものの4-0だったジョシュ・ドナルドソンは初回にいきなりの先制タイムリー。この日は1安打だけでしたが、右打者のキーマンに1本出たことは大きいでしょうね。

アダム・デュバル、得意の長打力を発揮

やはり効いたのが代打で出たアダム・デュバル(Adam Duvall )の2ランHRでしたね。

ベンチとしてはダブルプレーだけは勘弁というつもりで送ったと思いますが、いい仕事をしたと思います。

ベンチの勝利でしたね。

やはり効果バツグン!M・フリードのリリーフ

ブライアン・スニッカー監督を中心としたブレーブスの戦略の話ですが、負けてはいけないシリーズで、もっとも信頼できるマックス・フリードを一番厳しい場面で投入するという作戦が奏功しました。Game1もマーティンのトラブルがなければ大成功だったと言えると思います。

マックス・フリード、浮いて止まるようなカーブがいいですね。

これで1勝1敗のタイに。

このカードは1日置いて、舞台をブッシュ・スタジアムに移してGame3が行われます。

Game3はブレーブスがマイク・ソロカ、カージナルスがアダム・ウェインライトです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました