スポンサーリンク

【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に

2022 WS Game2 (PHI 2-5 HOU)

 現地2022年10月29日、ワールドシリーズGame2が行われました。前日に5点差を跳ね返したフィリーズ。このゲームもまたしてもアストロズが5点をリードする展開に。またあるか!?という期待とは裏腹にこの日はフランバー・バルデスがフィリーズ打線の前に立ちはだかり、ことごとくチャンスの芽を摘んで行きました。

【YOUTUBE】Valdez and Bregman lead Astros to Game 2 victory | Top of the Order

アストロズ、4球で3ダブル!

 先発はザック・ウィーラーとフランバー・バルデス。非常に興味深い顔合わせとなったのですが、ゲームが動いたのは初回。しかも、アストロズが電光石火のごとく、ザック・ウィーラーを攻め立てました。

 1回裏、先頭のホセ・アルトゥーベがウィーラーの初球の96.4mphのシンカーをLFへラインドライブで弾き返し、2塁打で出塁。つづく、ジェレミー・ペーニャも初球からしかけ、82.2mphのハンギング・カーブを捉え、2塁打。これでアルトゥーベが還り、アストロズが1点を奪います。

 さらに、ヨルダン・アルバレスも初球から手を出し、これはファウルになったものの、2球目もスライダーが甘く入ったところを左中間に二塁打。これでペーニャが生還し、アストロズはたった4球で2点を奪ったのでした。

フィリーズ、守備のミス1つめ

 アレックス・ブレグマンをSSゴロに抑え、1アウト奪ったウィーラーはようやく落ち着きを取り戻します。

 つづくカイル・タッカーをCFフライに打ち取り2アウト。フィリーズはここで1つ目の守備のミスが出ます。

 この日のCFはマット・ベアリング。左腕のフランバー・バルデスが登板ということで右打者のベアリングが出場し、左打者のブランドン・マーシュはベンチ・スタートでした。そのベアリングがCFフライを獲った場所はほぼ定位置。カイル・タッカーのCFフライがかなり高く上がったこともあり、ベアリングは捕球に集中してしまいます。浅い打球にもかかわらず、ヨルダン・アルバレスは3Bへタッチアップ。助走なしに投げたベアリングの送球は浮き上がってしまい、ランナーと交錯し、バックアップに入っていたウィーラーのグラブに。

 これはアウトに出来る捕球位置だっただけにベアリングのミスと言っていいと思います。

フィリーズ、2つ目の守備のミス

 2アウト3塁となり、つづくユリ・グリエルはSSゴロを放ったのですが、これをこの日SSとして先発したエドゥムンド・ソーサが1塁へショートバウンドのスローイング・エラー。これで3Bランナーが還り、アストロズが3点目を上げます。

 1Bがフレディー・フリーマンなら余裕ですくい上げていたでしょうが、リース・ホスキンスですので、それは厳しい注文かもしれません。記録はSSのスローイング・エラーです。

 フィリーズは今シーズン、チーム・ディフェンスでMLB最下位近くにランクされ、FanGraphsによるディフェンス値では25位(-20.3)。ポストシーズンでかなり我慢していたのですが、このゲームでは細かいところで出てしまいましたね。

 ウィーラーは3ダブルの2失点以降はなんとか冷静な投球をしていただけにもったいない1失点でした。

ウィーラー、球速が落ちる!

 ザック・ウィーラーのこの日の初回のファスト・ボールの平均は96.2マイル(約153キロ)。それ以前のポストシーズンでの先発では、初回に平均98.3mphをマークしていました。パドレスとのNLCSでは2試合に投げ、初回に97mph以上を27球も投げています。

 この日のMAXが96.8mphでしたから、シーズン平均と比較しても低下していました。

 なお、古傷の右肘も左膝も今のところは特に故障はしていません。3連続ダブルもその影響が大きいと言えるでしょう。96mph でも十分に速いのですが、特にNLCSがえげつなかったので、ギャップを感じた方も多かったのではないかと思います。

ブレグマンが2ランHR

 堪えていたウィーラーでしたが、5回裏にヨルダン・アルバレスを1塁に置いて、アレックス・ブレグマンに中押しとなる2ランHRを打たれてしまいます。

 これでアストロズは5-0とフィリーズをリード。

 前日と似た展開では!?と多くの人が思ったと思いますが、そうは簡単に点を与えなかったのが、フランバー・バルデスです。

 なお、ザック・ウィーラーは5回で降板。69球で被安打6、失点5、自適点4、BB3、SO3、HR1という成績でした。

フィリーズ、F・バルデスに苦戦

 やはりというか、フィリーズ打線であってもフランバー・バルデスは打てませんでしたね。

 テイクバックが小さく、腕のスイングが速いフランバー・バルデスはおそらくボールが急に出てくるのだと思います。しかもシンカーとスライダーの見分けがつきにくく、途中までどちらが来るのかわからないほどの腕のスイングです。ALの打者と同様にフィリーズも大苦戦しました。

 バルデスが不調なときはボールが暴れる時なのですが、そのような兆候は一切なく、ノーチャンスというくらいにバルデスの投球は良かったです。

中盤でDPを連発

 フィリーズはチャンスも作っていました。5回表には先頭のジーン・セグラが出塁。しかし、つづくマット・ベアリングがダブルプレーでチャンスを潰し、さらに6回表にはノーアウトでランナー1、2塁の大チャンスを作ったにもかかわらず、リアルミュートが三振に倒れて1アウト、つづくブライス・ハーパーがダブルプレーに倒れ、またしても得点ならず。

 ここはフランバー・バルデスの見せ所でもありましたね。

 フランバー・バルデスは6.1イニングで104球を投げ、被安打4、失点1、BB3、SO9という成績。ナイスピッチングでした。

F・バルデス、ペドロと並ぶ!

 フランバー・バルデスは、7回1アウトで降板した際、42,926名の大観衆から大きな拍手を受けました。スタンドには両親も見に来ていたようです。このゲームでバルデスはポストシーズン通算6勝目を上げたのですが、これはHOF入りした元レッドソックスのペドロ・マルティネスと並ぶ数字で、ドミニカ人投手としてのポストシーズン最多勝でもあります。

シュワーバー、あと数センチ!

 ゲームが盛り上がりを見せたのは8回表。この時点でスコアは5−1でアストロズがリード。

 フィリーズはブライソン・ストットが0-2から12球も粘って、ラファエル・モンテロから四球をもぎ取り、ノーアウトで出塁しチャンスメイク。ここでバッターはカイル・シュワーバー。

 シュワーバーは2-2カウント後の5球目のインコースの難しいボールを強打。これが大飛球となり、線審も一度はホームランコールをしました。ところがVTRレビューとなり、その結果、わずかにファウル。

 打ち直しとなったシュワーバーは7球目の4シームも捉えましたが、これがフェンス直前でカイル・タッカーのグラブに納まり、惜しくも2ラン・ホームランにならず。差し込まれた分だけわずかに届きませんでした。シュワーバーが1打席で2度も惜しい当たりを放つも、このイニングでの追い上げはならず。

 9回表はアレク・ボームが2塁打を放ち、ブランドン・マーシュの1塁への強打でユリ・グリエルのエラーを誘い、1点を追加するも、追い上げもここまで。

 5-2でアストロズがGame2を獲りました。

 Game3はフィラデルフィアでの開催。またしても大応援団がお目見えとなります。

 先発は、ノア・シンダーガードとランス・マッカラーズ・Jr.です。

 ノア・シンダーガードの調子が良いだけにフィリーズとしてはものにしたい一戦ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました