スポンサーリンク

【MLB2023】レンジャーズ、”ディフェンス力”が冴え渡り、ALCS1勝目!モンゴメリー、カーターが勝利に貢献

ALCS Gm1: TEX 2 @ 0 HOU (TEX1勝)

 現地2023年10月15日のレンジャーズ@アストロズのALCS Gm1は締まったゲームとなりました。

 先発投手が調子の良いジョーダン・モンゴメリーとジャスティン・バーランダーがだったがゆえに、前半はそうなることも十分に予想出来ましたが、それでも中盤以降のどこかのタイミングで打ち合いになることを予想していただけに、まさかのロースコアでのフィニッシュに驚かされた次第です。

 それを実現したのはレンジャーズの高いディフェンス力でした。球際の強いこと、強いこと。

ALCSロスター

 ゲーム前に判明したロスターでは、レンジャーズはALDSで外れていたマックス・シャーザーとジョン・グレイが入りました。

スタメン

 スタメンはレンジャーズはALCS Gm3と変わらず。アストロズは、若干の変更がありました。マイケル・ブラントリーがベンチに下がり、LFにチャズ・マコーミック。チャズ・マコーミックが守っていたCFにはマウリシオ・ドゥバンが入って7番。カイル・タッカーとホセ・アブレイユの打順がスワップしました。当たっていないカイル・タッカーが復活するか?というのところもこのゲームの注目点の1つでした。

#TEX
12B: セミエン2B: アルトゥーベ
2SS: シーガー3B: ブレグマン
3DH: ガーバーDH: Y・アルバレス
4RF: アドリス・ガルシア1B: J・アブレイユ
5LF:カーターRF: タッカー
6C: ハイムLF: マコーミック
71B: N・ロウCF: ドゥバン
83B: ヤングSS: ペーニャ
9CF:タベラスC: マルドナード
PJ・モンゴメリーJ・バーランダー

ジョーダン・モンゴメリーがスコアレス投球

 まず、ゲームを作ったレンジャーズ先発のジョーダン・モンゴメリーを讃えないといけません。素晴らしい投球でした。

カーブが有効

 ジョーダン・モンゴメリーは大きな70mph後半のカーブをうまく使い、アストロズ打線を翻弄。おそらく捕手のジョナ・ハイムのリードだったと思いますが、カウントの若い段階でカーブを見せ、最後はシンカーで打ち取るというシナリオのリードでした。

 アストロズ打線はファストボール系を芯で捉えることがあってもこのカーブのおかげで微妙にタイミングをずらされ、良い当たりも野手の正面を衝くということが繰り返されました。

 ジョーダン・モンゴメリーの最大のピンチは4回裏2アウトから。チャズ・マコーミック、マウリシオ・ドゥバン、ジェレミー・ペーニャに3連続シングルを打たれ、2アウト満塁のピンチを迎えました。このイニングはやや単調になっていて、1、2球のどちらかで間違いなく大きなカーブが来る配球となっており、的を絞られてしまいました。

 しかし、マーティン・マルドナードにはギアを上げて最後はインハイに強い4シームを投じ、三振を奪いこのピンチを切り抜けました。

 ジョーダン・モンゴメリーは7回1アウトまで投げ、90球で被安打5、スコアレス、BB 1、SO 6。

 4HRと当たっているヨルダン・アルバレスから3三振を奪う好投でした。

光ったレンジャーズのディフェンス

 とにかくこのゲームはレンジャーズの守備の良さが目立ったゲームで、上述した通り、その球際の強さに驚かされました。打撃のイメージが強かっただけに新たな1面を見た思いがします。

マーカス・セミエン

 レンジャーズはセミエン&シーガーの二遊間、捕手のジョナ・ハイム、そしてCFのレオディー・タベラスと、とにかくセンター・ラインが強いです。

 この日はマーカス・セミエンが再三にわたり好守備を披露。特に2回裏のノーアウト1塁からカイル・タッカーの強いゴロを後ろにそらさず、2塁でアウトに取ったプレーが素晴らしかったです。

エバン・カーター 

 レンジャーズのルーキーと言えば、3Bのジョシュ・ヤングの名前がすぐに浮かびますが、このポストシーズンではエバン・カーターの方が目立つ活躍をしています。

 まずは1回裏のLFウォール際のリーピング・キャッチ。これが抜けていればジョーダン・モンゴメリーの投球もどうなっていたかわかりません。非常に価値のあるプレーだったと思います。

カーターを軸に2得点

 レンジャーズの攻撃ですが、2回表、好守備をしたエバン・カーターがジャスティン・バーランダーの94.4mphのインコースの厳しい4シームを1、2塁間に弾き返してチャンスメイク。1Bのホセ・アブレイユがグラブに当てた分、打球に勢いが無くなり、RFへ転がる隙にカーターは2塁を陥れました。

 この直後、ジョナ・ハイムがCFへタイムリーを放ち、レンジャーズがまずは1点を先制。

 4回裏にジョーダン・モンゴメリーが満塁のピンチを脱した直後の5回表、レンジャーズは1アウトからレオディー・タベラスがRFへ豪快はソロHRを放ち、2点目。これはバーランダーの失投でした。

【YOUTUBE】Leodys Taveras homers to give the Rangers a 2-0 lead in ALCS Game 1!

 バーランダーが奪われたのはこの2点のみ。7回2アウトまで投げ、被安打6、失点2、BB 2、SO 5,HR1でした。

アルトゥーベが重大なミス

 モンゴメリーの後を継いだジョシュ・スボルツは、7回をなんとか無失点に。8回裏のマウンドにも上がりましたが、先頭のホセ・アルトゥーベを歩かせたところで降板。

またもチャップマン劇場

 3番手でマウンドに上がったのはアロルディス・チャップマン。不安定ではありますが、このポストシーズンは未だERA0.00。

 そのチャップマンは、代わりばなアレックス・ブレグマンに左中間に大きな当たりを打たれます。これは同点2ランHRだとかなりの人が思ったことでしょう。ところが打球はウォール際で落ちてきて、これをLFのエバン・カーターが見事にキャッチ。素早く内野に返しました。大きく離塁していた1Bランナーのホセ・アルトゥーベは慌てて1Bへ帰塁。しかし、2Bのマーカス・セミエンと3Bのジョシュ・ヤングがアルトゥーベの帰塁がベースにリタッチしていないことを確認。アピール・プレーとなりましたが、一旦はセーフに。

 そしてVTR判定の結果、アルトゥーベは2Bベースを踏み越えた後、リタッチせずに1Bに帰塁したことが確認されアルトゥーベはアウトとなりダブルプレーに。

 その後、チャップマンは次打者のヨルダン・アルバレスを1Bゴロに打ち取り、ピンチを脱しました。またしてもひやひやするチャップマン劇場となりましたが、未だERAは0.00。

 9回裏、ホセ・レクラクがスコアレスで締め、レンジャーズが2-0でシャットアウト勝利。ALCS1勝目を上げたのでした。

MLB Gameday: Rangers 2, Astros 0 Final Score (10/15/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ALCS Gm1はジョーダン・モンゴメリーとエバン・カーターの2人がゲームMVPですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました