【MLB移籍2020】コール・ハメルズはブレーブスへ!1年/18Mドルで合意

HOT STOVE 2020

 現地2019年12月4日、ベテラン・レフティーでカブスからFAとなっていたコール・ハメルズ(Cole Hamels)がブレーブスと1年/ $18Mで合意しました。これは筆者の思い込みですが、てっきりフィリーズに来るものとばかり思っていたので、虚をつかれたような格好になってしまいました。

コール・ハメルズの契約

 現時点では1年/ $18M以外の情報はなく、オプションもついていない模様です。コール・ハメルズの2019年のサラリーは2012年7月にフィリーズと延長合意した6 years/$144M (2013-18)プラス2019クラブオプションがベースになっていて、カブスが$20Mで行使していました。よって、今回はそれより1割ほど少ないサラリーでの契約。

2019年のハメルズの成績

 コール・ハメルズの2019シーズンは27スタート、141.2イニングで7勝7敗、ERA 3.81。奪三振143、WHIP 1.391、WARは3.0。

 6月終盤から8月初旬まで約1ヶ月超、腹斜筋を傷めサイドラインに下がっていましたが、今まで肩肘に問題はなし。

通算163勝

2019: 7-7, 3.81 ERA, 143 SO,Career: 163-121, 3.42 ERA, 2558 SO (32nd), P, 4xAllStar, Phillies/Rangers/... 2006-2019, t:L, born in CA 1983, Hollywood

 言わずもがなですが、コール・ハメルズはMLB14シーズンを経験し、2020年1月時点でのMLSは13.143のベテラン。通算163勝121敗、勝率.574を誇る左腕です。勝利数のキャリアハイは2012年の17勝6敗。

 サイヤング賞はまだ獲っていませんが、オールスターには4度出場。フィリーズ時代の2008年にはNLCS MVPとワールドシリーズMVPをダブルで受賞。

思い出す、ハーパーとの初顔合わせ

 ブレーブス入りとなり、またしてもナ・リーグ東地区への参戦となったコール・ハメルズ。筆者はコール・ハメルズの投球もさることながら、エピソードとしてのブライス・ハーパーとの初顔合わせの時の投球が忘れられません。

 フィリーズ時代の2012年5月6日のゲームでした。

Philadelphia Phillies beat Washington Nationals (9-3). May 6, 2012, Attendance: 33058, Time of Game: 2:54. Visit Baseball-Reference.com for the complete box sc...

 ブライス・ハーパーはデビュー8戦目。あのハーパーでさえ、無我夢中でやっていた時期ですね。

 その評判からか、ハメルズはハーパーとの初顔合わせの初球に背骨付近に当たるデッドボールを投じます。これは洗礼のように思えました。

 痛がるハーパーでしたが、スポーツマンシップよろしく、すぐに1塁ベースへ。その後、2アウト1・3塁となり、ハーパーが3塁へ進塁。その状況でハメルズが1塁に牽制を送ったその時、ブライス・ハーパーが見事にホームスチールを決めたのでした。

 見事な形でリベンジされた、この時のコール・ハメルズがいつまでも忘れられません。

ブレーブス、左腕を補強

 ブレーブスにとって不安が残るのはスターター。今オフはダラス・カイケルをFAで手放し、おそらく再契約はないでしょう。よって、シーズンスタートからハメルズ・クラスの安定感のあるサウスポーがローテーションに入ってもらうのは非常にありがたいことです。

 また、フリオ・テヘラン( Teheran)のオプションも行使しなかったので( 6年$32.4M/2014-19プラス2020はオプション)、スターターが余計に足りていないところでした。

 リリーバーはもう万全。

現地2019年11月14日、ブレーブスがSFGからFAのウィル・スミスを獲得しました。

 ブレーブス、あとは3Bのドナルドソンの再契約とスターターがもう1枚ほどほしいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク