スポンサーリンク

【MLB2022FA】ツインズ、ローテーション強化でクリス・アーチャーを獲得!

もう33才。2度のオールスター

 現地2022年3月28日、ミネソタ・ツインズは、レイズからFAとなっていたベテラン右腕のクリス・アーチャーと1年契約で合意したことを明らかにしました。

Chris Archer Stats | Baseball-Reference.com
2021: 1-1, 4.66 ERA, 21 SO,Career: 61-81, 3.87 ERA, 1370 SO, P, 2xAllStar, Rays/Pirates 2012-2021, t:R, born in NC 1988, Flaco Fuerte

契約内容

 契約内容は、以下の通り。

  • 1年/$2.75M (2022) + 2023 $10M ミューチュアル・オプション($0.75Mバイアウト)
    • トータル:$3.5M保証
    • パフォーマンス・ボーナスで2022年のサラリーは最大$9.5Mに

 やや特殊な項目が入っているのがパフォーマンス・ボーナス。先発もしくは3イニング以上投げたゲームに基づいて、2022年のサラリーは最大で$9.5Mになるという設定です。

 それがどうやれば$9.5Mになるのかは明らかになっていません。ただ、「3イニング以上投げたゲーム」というのはどうやら、オープナーの後のロングリリーフのことを指しているようで、忘れ去られがちなオープナー時の2番手として登板した際も、しっかりと評価してくださいねという項目のようです。

直近2シーズンをほぼ投げていないアーチャー

 クリス・アーチャーはここ2シーズン、怪我のためほとんど投げていません。

 クリス・アーチャーは2020シーズンの開幕がコロナパンデミックでどんどんズレて行った最中の現地2020年6月2日(火)に胸郭出口症候群の矯正手術を受けました。

 よって、2020シーズンは登板はありません。オフシーズンにはレイズと1年/$6.5Mでサイン。古巣とは言え、サラリーにシビアなレイズが$6.5Mも出したのですから、復帰の見込みは立っているのだろうと期待しましたが、4月に2度登板したところで、肩からの影響か、前腕部のハリを訴え、サイドラインに退きました。8月22日に復帰したものの、シーズン後半も4試合のみの登板となり、シーズンの結果は6試合、5スタートで19.1イニングしか登板できませんでした。1勝1敗で、ERAは4.66。

 このような状態だったのでポストシーズンはもちろん、登板していません。

2014年から2018年までの5年間はよく投げた

 クリス・アーチャーがこのような怪我に見舞われたのは、最盛期の疲労の影響といえるでしょう。

 レイズ時代の2014年、アーチャーは194.2イニングに登板し、10勝9敗、ERA 3.33。2015年から2017年までの3年間はいずれも200イニング超えを果たし、先発試合数も皆勤賞とも言える33以上のスタートを3年連続でこなしました。

 2016年は9勝19敗と大いに負け越してしまいましたが、レイズがリビルドしている最中のことで、クラブが苦しいときにかなり奮闘していた投手でもありました。もっと強いクラブにいれば、数字もついてきていたのにと思わせる投手でもありました。

 2015年はサイ・ヤング賞の投票で5位。2015年と2017年の34スタートはア・リーグトップです。

史上、もっとも切ないトレードの1つ

 2018年、クリス・アーチャーは前半だけで17スタート、96.0イニング登板をマーク。ただ、勝敗は3勝5敗。そんなクリス・アーチャーでしたが、トレードデッドラインで動きました。

 2018シーズンはポストシーズンの見込みもなかったパイレーツがクリス・アーチャーを獲得しました。これがポストシーズンのコンテンダーだったらわかるディールなのですが、どうして獲得に至ったのか不明です。

グラスノー、メドウズ、バズを出したPIT

 このトレードがあまりにも有名なのは、パイレーツがレイズに出したプロスペクト達が逸材ばかりだったからです。もはや泣けてくるレベル。

 パイレーツはタイラー・グラスノー、オースティン・メドウズそしてシェーン・バズ、この3名をレイズに出したのです。シェーン・バズはまだ今季もトップ・プロスペクトですが、グラスノー、メドウズと言ったら今の強いレイズの象徴のような選手達ですね。

 パイレーツ移籍後のクリス・アーチャーですが、2018年は10試合に先発し、3勝3敗。2019年は上記のリンクの通り、腕の不調が明るみに出たシーズンで、結局、23スタート、119.2イニングで3勝9敗、ERA 5.19。

怪我が治っていれば期待は出来る

 カルロス・コレアを獲得したツインズ。他にもトレードでヤンキースからジオ・アーシェラとゲイリー・サンチェスを獲得。攻撃陣は厚みができました。しかもかなりの厚みです。

 やはり課題は投手。ソニー・グレイを獲得したとは言え、前田投手は2022年はトミージョン手術からの復帰は最速で秋。むしろ、2023シーズンに期待する方がいいでしょう。

 若いのにいぶし銀の投球をするランディー・ドブナクは右手中指を故障し、60Day ILに入りました。

 ディラン・バンディーも獲得しましたが、やはり先発陣は薄かったです。

 今回のクリス・アーチャーの加入がいい戦力になればと思います。腕がヘルシーならゲームメイクに大きく貢献してくれると思います。今回の契約のパフォーマンス・ボーナスとオプションの設定はクリス・アーチャーの復帰への自信の顕れかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました