スポンサーリンク

【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出

ブレーブスが3年連続のNLCSへ

 現地2021年10月12日、ブルワーズ@ブレーブスのNLDSも決着がつきました。ブレーブスが接戦を制し、5-4のスコアで勝利。

 ブレーブスはGame2以降、3連勝を上げ、見事に3年連続でNLCS進出を決めました。おめでとうございます!

決めたのはフレディー・フリーマン

 4−4のタイスコアで迎えた8回裏、ブルワーズは今シリーズ、Game1以来の登板となるジョシュ・ヘイダーを早くも投入。ヘイダーは期待通りの投球を見せ、エディー・ロザリオを4球で三振。つづくダンスビー・スワンソンも三球三振に仕留め、2アウト。ダンスビー・スワンソンはこの日、リードオフを任されていました。

 この2奪三振でブルワーズが一気に流れを取るか?と思われました。

ジョシュ・ヘイダーとの真剣勝負

 ここで2番のフレディー・フリーマンが打席に。なんとも絶妙な打線の巡りでした。

 2アウトランナー無しで、ジョシュ・ヘイダーとフレディー・フリーマンの言わばガチンコ対決が実現。野球の神様が用意した最高の場面ですね。

 しかし、勝負はあっさりとつきました。ジョシュ・ヘイダーが投じた初球の真ん中付近に来たスライダーをフレディー・フリーマンが見逃さず、CFへ大飛球。これがHRとなり、ブレーブスが5-4と勝ち越しに成功したのでした。さすがのチームリーダーの活躍。フレディー・フリーマンの凄さたるや、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 最終回、ブレーブスはウィル・スミスを投入。先頭のエドゥアルド・エスコバーにシングルを許したものの、コルテン・ウォンが痛恨のバントミス。これで投げやすくなったウィル・スミスはつづくウィリー・アダムスとクリスチャン・イェリッチから連続三振を奪い、ゲームセット。

 ブレーブスが5-4で勝利し、NLCS進出を決めたのでした。

ブレーブス、失点直後に追いつく!

 Game2、3で2試合連続でシャットアウトを食らったブルワーズ。この日は、かなり入れ込んでいました。1,2回は得点にはつながらなかったものの、ブレーブス先発のチャーリー・モートンに食らいつくべく、ランナーを出し、なんとか得点につなげようという意欲がありありと見えました。

 チャンスは4回に巡ってきました。オマール・ナルバエスがタイムリーシングルで1点を先制。ブレーブスはここでモートンからジェシー・チャベスにスイッチ。ちょっと早かったですね。直後に、ロレンゾ・ケインにもタイムリーを放ち、スコアは2-0に。

 しかし、ブレーブスは4回裏、エディー・ロザリオの2点タイムリーですぐに同点に(2-2)。

5回表、ブルワーズは期待のロウディ・テレスがブレーブス3番手のワスカル・イノア(Huascar Ynoa)から2ランHRを放ち、4-2と勝ち越し。

 5回裏、ブレーブスはジョク・ピダーソンの3塁への痛烈な当たりで、3塁ランナーのアルビーズが生還。さらにトラビス・ダーノーがタイムリーを放ち、2得点。再び、同点に追いついたのでした(4-4)。

  この粘りはさすがですね。話は飛びますが、ALDSで敗れたホワイトソックスに足りなかったのはこのような粘り。特に四球を取る効果を実感してもらいたいですね。

モートン、早めに降板

 モートンの降板は早すぎたと思いましたが、良いように考えれば、NLCSに向け球数をセーブできたとも言えますね。チャーリー・モートンは3.1イニングで被安打4,失点2(チャベスが打たれたので2失点に)、奪三振5。球数は69球に達していました。

ウッドラフも投入したブルワーズ

 後がないブルワーズは、6回裏2アウトからブランドン・ウッドラフを投入しました。8回でしかも同点の場面でジョシュ・ヘイダーを投入したことも含めて1イニング必勝という体勢で臨みました。おそらく打線に、奮起せよとのメッセージもあったと思います。

ブルワーズ、シリーズ6得点

 NLDSの計4試合でブルワーズは6得点しか上げることが出来ませんでした。バツグンの投手力もこれでは活かしきれませんでしたね。

 チーム打率は125-24で.192。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました