スポンサーリンク

【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出

ブレーブスが3年連続のNLCSへ

 現地2021年10月12日、ブルワーズ@ブレーブスのNLDSも決着がつきました。ブレーブスが接戦を制し、5-4のスコアで勝利。

 ブレーブスはGame2以降、3連勝を上げ、見事に3年連続でNLCS進出を決めました。おめでとうございます!

決めたのはフレディー・フリーマン

 4−4のタイスコアで迎えた8回裏、ブルワーズは今シリーズ、Game1以来の登板となるジョシュ・ヘイダーを早くも投入。ヘイダーは期待通りの投球を見せ、エディー・ロザリオを4球で三振。つづくダンスビー・スワンソンも三球三振に仕留め、2アウト。ダンスビー・スワンソンはこの日、リードオフを任されていました。

 この2奪三振でブルワーズが一気に流れを取るか?と思われました。

ジョシュ・ヘイダーとの真剣勝負

 ここで2番のフレディー・フリーマンが打席に。なんとも絶妙な打線の巡りでした。

 2アウトランナー無しで、ジョシュ・ヘイダーとフレディー・フリーマンの言わばガチンコ対決が実現。野球の神様が用意した最高の場面ですね。

 しかし、勝負はあっさりとつきました。ジョシュ・ヘイダーが投じた初球の真ん中付近に来たスライダーをフレディー・フリーマンが見逃さず、CFへ大飛球。これがHRとなり、ブレーブスが5-4と勝ち越しに成功したのでした。さすがのチームリーダーの活躍。フレディー・フリーマンの凄さたるや、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 最終回、ブレーブスはウィル・スミスを投入。先頭のエドゥアルド・エスコバーにシングルを許したものの、コルテン・ウォンが痛恨のバントミス。これで投げやすくなったウィル・スミスはつづくウィリー・アダムスとクリスチャン・イェリッチから連続三振を奪い、ゲームセット。

 ブレーブスが5-4で勝利し、NLCS進出を決めたのでした。

ブレーブス、失点直後に追いつく!

 Game2、3で2試合連続でシャットアウトを食らったブルワーズ。この日は、かなり入れ込んでいました。1,2回は得点にはつながらなかったものの、ブレーブス先発のチャーリー・モートンに食らいつくべく、ランナーを出し、なんとか得点につなげようという意欲がありありと見えました。

 チャンスは4回に巡ってきました。オマール・ナルバエスがタイムリーシングルで1点を先制。ブレーブスはここでモートンからジェシー・チャベスにスイッチ。ちょっと早かったですね。直後に、ロレンゾ・ケインにもタイムリーを放ち、スコアは2-0に。

 しかし、ブレーブスは4回裏、エディー・ロザリオの2点タイムリーですぐに同点に(2-2)。

5回表、ブルワーズは期待のロウディ・テレスがブレーブス3番手のワスカル・イノア(Huascar Ynoa)から2ランHRを放ち、4-2と勝ち越し。

 5回裏、ブレーブスはジョク・ピダーソンの3塁への痛烈な当たりで、3塁ランナーのアルビーズが生還。さらにトラビス・ダーノーがタイムリーを放ち、2得点。再び、同点に追いついたのでした(4-4)。

  この粘りはさすがですね。話は飛びますが、ALDSで敗れたホワイトソックスに足りなかったのはこのような粘り。特に四球を取る効果を実感してもらいたいですね。

モートン、早めに降板

 モートンの降板は早すぎたと思いましたが、良いように考えれば、NLCSに向け球数をセーブできたとも言えますね。チャーリー・モートンは3.1イニングで被安打4,失点2(チャベスが打たれたので2失点に)、奪三振5。球数は69球に達していました。

ウッドラフも投入したブルワーズ

 後がないブルワーズは、6回裏2アウトからブランドン・ウッドラフを投入しました。8回でしかも同点の場面でジョシュ・ヘイダーを投入したことも含めて1イニング必勝という体勢で臨みました。おそらく打線に、奮起せよとのメッセージもあったと思います。

ブルワーズ、シリーズ6得点

 NLDSの計4試合でブルワーズは6得点しか上げることが出来ませんでした。バツグンの投手力もこれでは活かしきれませんでしたね。

 チーム打率は125-24で.192。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました