スポンサーリンク

【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出

スペシャル・イベント

ブレーブスが3年連続のNLCSへ

 現地2021年10月12日、ブルワーズ@ブレーブスのNLDSも決着がつきました。ブレーブスが接戦を制し、5-4のスコアで勝利。

 ブレーブスはGame2以降、3連勝を上げ、見事に3年連続でNLCS進出を決めました。おめでとうございます!

決めたのはフレディー・フリーマン

 4−4のタイスコアで迎えた8回裏、ブルワーズは今シリーズ、Game1以来の登板となるジョシュ・ヘイダーを早くも投入。ヘイダーは期待通りの投球を見せ、エディー・ロザリオを4球で三振。つづくダンスビー・スワンソンも三球三振に仕留め、2アウト。ダンスビー・スワンソンはこの日、リードオフを任されていました。

 この2奪三振でブルワーズが一気に流れを取るか?と思われました。

ジョシュ・ヘイダーとの真剣勝負

 ここで2番のフレディー・フリーマンが打席に。なんとも絶妙な打線の巡りでした。

 2アウトランナー無しで、ジョシュ・ヘイダーとフレディー・フリーマンの言わばガチンコ対決が実現。野球の神様が用意した最高の場面ですね。

 しかし、勝負はあっさりとつきました。ジョシュ・ヘイダーが投じた初球の真ん中付近に来たスライダーをフレディー・フリーマンが見逃さず、CFへ大飛球。これがHRとなり、ブレーブスが5-4と勝ち越しに成功したのでした。さすがのチームリーダーの活躍。フレディー・フリーマンの凄さたるや、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 最終回、ブレーブスはウィル・スミスを投入。先頭のエドゥアルド・エスコバーにシングルを許したものの、コルテン・ウォンが痛恨のバントミス。これで投げやすくなったウィル・スミスはつづくウィリー・アダムスとクリスチャン・イェリッチから連続三振を奪い、ゲームセット。

 ブレーブスが5-4で勝利し、NLCS進出を決めたのでした。

ブレーブス、失点直後に追いつく!

 Game2、3で2試合連続でシャットアウトを食らったブルワーズ。この日は、かなり入れ込んでいました。1,2回は得点にはつながらなかったものの、ブレーブス先発のチャーリー・モートンに食らいつくべく、ランナーを出し、なんとか得点につなげようという意欲がありありと見えました。

 チャンスは4回に巡ってきました。オマール・ナルバエスがタイムリーシングルで1点を先制。ブレーブスはここでモートンからジェシー・チャベスにスイッチ。ちょっと早かったですね。直後に、ロレンゾ・ケインにもタイムリーを放ち、スコアは2-0に。

 しかし、ブレーブスは4回裏、エディー・ロザリオの2点タイムリーですぐに同点に(2-2)。

5回表、ブルワーズは期待のロウディ・テレスがブレーブス3番手のワスカル・イノア(Huascar Ynoa)から2ランHRを放ち、4-2と勝ち越し。

 5回裏、ブレーブスはジョク・ピダーソンの3塁への痛烈な当たりで、3塁ランナーのアルビーズが生還。さらにトラビス・ダーノーがタイムリーを放ち、2得点。再び、同点に追いついたのでした(4-4)。

  この粘りはさすがですね。話は飛びますが、ALDSで敗れたホワイトソックスに足りなかったのはこのような粘り。特に四球を取る効果を実感してもらいたいですね。

モートン、早めに降板

 モートンの降板は早すぎたと思いましたが、良いように考えれば、NLCSに向け球数をセーブできたとも言えますね。チャーリー・モートンは3.1イニングで被安打4,失点2(チャベスが打たれたので2失点に)、奪三振5。球数は69球に達していました。

ウッドラフも投入したブルワーズ

 後がないブルワーズは、6回裏2アウトからブランドン・ウッドラフを投入しました。8回でしかも同点の場面でジョシュ・ヘイダーを投入したことも含めて1イニング必勝という体勢で臨みました。おそらく打線に、奮起せよとのメッセージもあったと思います。

ブルワーズ、シリーズ6得点

 NLDSの計4試合でブルワーズは6得点しか上げることが出来ませんでした。バツグンの投手力もこれでは活かしきれませんでしたね。

 チーム打率は125-24で.192。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました