スポンサーリンク

【MLBアウォード2021】ナ・リーグMVPはブライス・ハーパーに決定!

ナ・リーグはブライス・ハーパーが受賞

 現地2021年11月18日、BBWAA(全米野球記者協会)の投票によるシーズンMVPが決定し、ア・リーグは大谷翔平選手が受賞。

 そしてナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー(Bryce Harper)が受賞しました!おめでとうございます!

2度めのMVP 

 ブライス・ハーパーはナショナルズ時代の2015年にもMVPを受賞。この時は満票での受賞でした。

 そして今回はフィリーズでの受賞となり、2つのクラブでの受賞はアレックス・ロドリゲスやバリー・ボンズと並んで5人目の快挙となります。

NLMVPの投票結果

投票方法

 MVPも30人の記者が投票するところまでは他のAwardと変わりありませんが、ROY、MOYが3位まで、サイ・ヤング賞が5位までの記載であったのに対し、MVPは10位までの記載です。

 ポイントは1位には14ポイント、2位には9ポイント、3位には8ポイントが与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1というふうに割り振られます。

 ナ・リーグの投票結果は以下の通りです。

12345678910Points
1. B・ハーパー(PHI)179211348
2. J・ソト(WSH)61172211274
3. F・タティス・Jr.(SDP)2515512244
4. B・クロフォード(SFG)42178431213
5. T・ターナー(WSH/LAD)1331034211185
2021 NL MVP 上位5名の得票結果

 6位以下は下記のプレーヤー達です。

  • P・ゴールドシュミット(STL): 128
  • オースティン・ライリー(ATL): 111
  • T・オニール(STL): 62
  • F・フリーマン(ATL): 43
  • M・マンシー(LAD): 38
  • B・レイノルズ(PIT) : 33
  • N・カステヤーノス(CIN): 24
  • O・アルビーズ(ATL): 12
  • M・シャーザー(WSH/LAD) : 11
  • C・バーンズ(MIL): 9
  • J・ボット(CIN): 8
  • W・アダムス(MIL):8
  • M・マチャード(SDP): 7
  • Z・ウィーラー(PHI): 6
  • A・ウェインライト(STL): 3
  • L・ウェイド・Jr. (SFG)/ K・ゴーズマン(SFG)/ B・ポージー(SFG): 1

シーズン主要成績

 ちなみにレギュラー・シーズンの主要打撃部門の成績はこのような結果となりました。

ナ・リーグ
【HR】 F・タティス (SDP): 42
【RBI】 A・デュバル (ATL): 112
【Av.】 T・ターナー (LAD): .328
【OPS】1. ハーパー (PHI): 1.039
    2. ソト(WSH): 1.005
【SB】 T・ターナー(LAD):32
2021 NL Hitting Leaders

ソトとの争いに

 ブライス・ハーパーを最初に見た時に、こんなすごい選手が出るから、MLBを見るのを止められないと思った次第ですが、そうこうしているうちに同じクラブからまたすごいのが出てきました。それがフアン・ソト。

OPSがNO.1、2の2人ですが、成績を比べるとこのような感じになります。

  • ハーパー:488-151/ .309/ .429/ .615/ OPS 1.044/ HR 35/ RBI 84/ BB 100
  • ソ ト : 502-157/ .313/ .465/ .534/ OPS .999/ HR 29/ RBI 95 / BB 145

 長打力でハーパーが獲ったような数字となりました。フアン・ソトの場合、シーズン終盤に上位クラブとの対戦があると、必ず四球攻めにあったのは気の毒な面がありました。

 あと、タティス・Jr.の投票は多くの記者が3位ならというところでしたね。

重心を下げるフォーム変え、再びMVPに

 ブライス・ハーパーと言えば、非常に美しい打撃フォームの持ち主。特に軸足の左足が宙に浮くような形となる点や、いわゆる割れをつくった後にやや首が傾くような動作が入るのも特徴的でした。

 しかし、今季はフォームが変わりました。重心を下げ、軸足もしっかりと地面を掴むスタイル。そう、よく見るとフアン・ソトのフォームと近いものになりました。

 なかなかモデル・チェンジは難しいものですが、うまく結果につなげましたね。

 今季、打撃フォームの改修に成功した分、来季はもっといい結果を出すかもしれませんね。来季以降も注目の選手ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました