スポンサーリンク

【MLBアウォード2021】ナ・リーグMVPはブライス・ハーパーに決定!

ナ・リーグはブライス・ハーパーが受賞

 現地2021年11月18日、BBWAA(全米野球記者協会)の投票によるシーズンMVPが決定し、ア・リーグは大谷翔平選手が受賞。

 そしてナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー(Bryce Harper)が受賞しました!おめでとうございます!

2度めのMVP 

 ブライス・ハーパーはナショナルズ時代の2015年にもMVPを受賞。この時は満票での受賞でした。

 そして今回はフィリーズでの受賞となり、2つのクラブでの受賞はアレックス・ロドリゲスやバリー・ボンズと並んで5人目の快挙となります。

NLMVPの投票結果

投票方法

 MVPも30人の記者が投票するところまでは他のAwardと変わりありませんが、ROY、MOYが3位まで、サイ・ヤング賞が5位までの記載であったのに対し、MVPは10位までの記載です。

 ポイントは1位には14ポイント、2位には9ポイント、3位には8ポイントが与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1というふうに割り振られます。

 ナ・リーグの投票結果は以下の通りです。

12345678910Points
1. B・ハーパー(PHI)179211348
2. J・ソト(WSH)61172211274
3. F・タティス・Jr.(SDP)2515512244
4. B・クロフォード(SFG)42178431213
5. T・ターナー(WSH/LAD)1331034211185
2021 NL MVP 上位5名の得票結果

 6位以下は下記のプレーヤー達です。

  • P・ゴールドシュミット(STL): 128
  • オースティン・ライリー(ATL): 111
  • T・オニール(STL): 62
  • F・フリーマン(ATL): 43
  • M・マンシー(LAD): 38
  • B・レイノルズ(PIT) : 33
  • N・カステヤーノス(CIN): 24
  • O・アルビーズ(ATL): 12
  • M・シャーザー(WSH/LAD) : 11
  • C・バーンズ(MIL): 9
  • J・ボット(CIN): 8
  • W・アダムス(MIL):8
  • M・マチャード(SDP): 7
  • Z・ウィーラー(PHI): 6
  • A・ウェインライト(STL): 3
  • L・ウェイド・Jr. (SFG)/ K・ゴーズマン(SFG)/ B・ポージー(SFG): 1

シーズン主要成績

 ちなみにレギュラー・シーズンの主要打撃部門の成績はこのような結果となりました。

ナ・リーグ
【HR】 F・タティス (SDP): 42
【RBI】 A・デュバル (ATL): 112
【Av.】 T・ターナー (LAD): .328
【OPS】1. ハーパー (PHI): 1.039
    2. ソト(WSH): 1.005
【SB】 T・ターナー(LAD):32
2021 NL Hitting Leaders

ソトとの争いに

 ブライス・ハーパーを最初に見た時に、こんなすごい選手が出るから、MLBを見るのを止められないと思った次第ですが、そうこうしているうちに同じクラブからまたすごいのが出てきました。それがフアン・ソト。

OPSがNO.1、2の2人ですが、成績を比べるとこのような感じになります。

  • ハーパー:488-151/ .309/ .429/ .615/ OPS 1.044/ HR 35/ RBI 84/ BB 100
  • ソ ト : 502-157/ .313/ .465/ .534/ OPS .999/ HR 29/ RBI 95 / BB 145

 長打力でハーパーが獲ったような数字となりました。フアン・ソトの場合、シーズン終盤に上位クラブとの対戦があると、必ず四球攻めにあったのは気の毒な面がありました。

 あと、タティス・Jr.の投票は多くの記者が3位ならというところでしたね。

重心を下げるフォーム変え、再びMVPに

 ブライス・ハーパーと言えば、非常に美しい打撃フォームの持ち主。特に軸足の左足が宙に浮くような形となる点や、いわゆる割れをつくった後にやや首が傾くような動作が入るのも特徴的でした。

 しかし、今季はフォームが変わりました。重心を下げ、軸足もしっかりと地面を掴むスタイル。そう、よく見るとフアン・ソトのフォームと近いものになりました。

 なかなかモデル・チェンジは難しいものですが、うまく結果につなげましたね。

 今季、打撃フォームの改修に成功した分、来季はもっといい結果を出すかもしれませんね。来季以降も注目の選手ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました