スポンサーリンク

【MLBアウォード2021】ナ・リーグMVPはブライス・ハーパーに決定!

ナ・リーグはブライス・ハーパーが受賞

 現地2021年11月18日、BBWAA(全米野球記者協会)の投票によるシーズンMVPが決定し、ア・リーグは大谷翔平選手が受賞。

 そしてナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー(Bryce Harper)が受賞しました!おめでとうございます!

2度めのMVP 

 ブライス・ハーパーはナショナルズ時代の2015年にもMVPを受賞。この時は満票での受賞でした。

 そして今回はフィリーズでの受賞となり、2つのクラブでの受賞はアレックス・ロドリゲスやバリー・ボンズと並んで5人目の快挙となります。

NLMVPの投票結果

投票方法

 MVPも30人の記者が投票するところまでは他のAwardと変わりありませんが、ROY、MOYが3位まで、サイ・ヤング賞が5位までの記載であったのに対し、MVPは10位までの記載です。

 ポイントは1位には14ポイント、2位には9ポイント、3位には8ポイントが与えられ、以下4位から10位までは7、6、5、4、3、2、1というふうに割り振られます。

 ナ・リーグの投票結果は以下の通りです。

12345678910Points
1. B・ハーパー(PHI)179211348
2. J・ソト(WSH)61172211274
3. F・タティス・Jr.(SDP)2515512244
4. B・クロフォード(SFG)42178431213
5. T・ターナー(WSH/LAD)1331034211185
2021 NL MVP 上位5名の得票結果

 6位以下は下記のプレーヤー達です。

  • P・ゴールドシュミット(STL): 128
  • オースティン・ライリー(ATL): 111
  • T・オニール(STL): 62
  • F・フリーマン(ATL): 43
  • M・マンシー(LAD): 38
  • B・レイノルズ(PIT) : 33
  • N・カステヤーノス(CIN): 24
  • O・アルビーズ(ATL): 12
  • M・シャーザー(WSH/LAD) : 11
  • C・バーンズ(MIL): 9
  • J・ボット(CIN): 8
  • W・アダムス(MIL):8
  • M・マチャード(SDP): 7
  • Z・ウィーラー(PHI): 6
  • A・ウェインライト(STL): 3
  • L・ウェイド・Jr. (SFG)/ K・ゴーズマン(SFG)/ B・ポージー(SFG): 1

シーズン主要成績

 ちなみにレギュラー・シーズンの主要打撃部門の成績はこのような結果となりました。

ナ・リーグ
【HR】 F・タティス (SDP): 42
【RBI】 A・デュバル (ATL): 112
【Av.】 T・ターナー (LAD): .328
【OPS】1. ハーパー (PHI): 1.039
    2. ソト(WSH): 1.005
【SB】 T・ターナー(LAD):32
2021 NL Hitting Leaders

ソトとの争いに

 ブライス・ハーパーを最初に見た時に、こんなすごい選手が出るから、MLBを見るのを止められないと思った次第ですが、そうこうしているうちに同じクラブからまたすごいのが出てきました。それがフアン・ソト。

OPSがNO.1、2の2人ですが、成績を比べるとこのような感じになります。

  • ハーパー:488-151/ .309/ .429/ .615/ OPS 1.044/ HR 35/ RBI 84/ BB 100
  • ソ ト : 502-157/ .313/ .465/ .534/ OPS .999/ HR 29/ RBI 95 / BB 145

 長打力でハーパーが獲ったような数字となりました。フアン・ソトの場合、シーズン終盤に上位クラブとの対戦があると、必ず四球攻めにあったのは気の毒な面がありました。

 あと、タティス・Jr.の投票は多くの記者が3位ならというところでしたね。

重心を下げるフォーム変え、再びMVPに

 ブライス・ハーパーと言えば、非常に美しい打撃フォームの持ち主。特に軸足の左足が宙に浮くような形となる点や、いわゆる割れをつくった後にやや首が傾くような動作が入るのも特徴的でした。

 しかし、今季はフォームが変わりました。重心を下げ、軸足もしっかりと地面を掴むスタイル。そう、よく見るとフアン・ソトのフォームと近いものになりました。

 なかなかモデル・チェンジは難しいものですが、うまく結果につなげましたね。

 今季、打撃フォームの改修に成功した分、来季はもっといい結果を出すかもしれませんね。来季以降も注目の選手ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました