スポンサーリンク

【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!

電光石火のサイクル安打!

 現地2021年9月19日、NLCSの前哨戦!?の様相を呈しているブレーブス@ジャイアンツ戦で、ブレーブスのエディー・ロザリオ(Eddie Rosario)が、サイクル安打を達成しました。

 Congratulations!

 今季のサイクル安打達成は4度目。しかも3度めはフレディー・フリーマンの達成でしたから、なんとブレーブスから2連続でサイクル安打達成者が生まれました!

わずか5球!

 ジャイアンツの先発は、アンソニー・デスクラファニー。8月に足首の故障でILに入っていて、やや停滞したものの、今季12勝を上げている右腕。

 そのデスクラファニーから、二塁打と三塁打を放ったのですから、価値のあるサイクルでしたね。

2打席目で難関のトリプルを放つ

 6番LFで先発出場したエディー・ロザリオは、まず2回表にRFへの二塁打で出塁。

 サンフランシスコのオラクル・パークでサイクル安打を達成しようと思えば、まず右中間のトリプルエリアと呼ばれているところに打たなければなりません。

 5回の第2打席。エディー・ロザリオはRFのクリス・ブライアント左を抜く、大きな当たりを放ち、見事に三塁打をマーク。やはりトリプル・エリアに落ちましたね。

 7回表、アダム・デュバルがデスクラファニーから2ランHRを放ち、先制。その直後、投手がザック・リッテルに変わった直後、エディー・ロザリオは、初球をRFスタンドに叩き込み、バック・トゥ・バックのHR。

 ゲームが投手戦となったため、6番のロザリオの第4打席が回ってきたのは9回表。残りはシングルだけとは言え、もうこれを逃せばゲームが終了しかねない中で、先頭打者として打席に入ったエディー・ロザリオは、ケルビン・カストロからCFシングルを放ち、見事にサイクル安打を達成しました。

 計4打席でエディー・ロザリオが費やしたのはわずか5球!電光石火のサイクル安打を達成したのでした。

歴代サイクル達成者(2010年から)

 以下、歴代のサイクル安打達成者のリストです。数が多いので2010年から記載しています。

歴代NOTeamTeamTeamM-D-Year
334エディー・ロザリオEddie RosarioATL09-19-2021
333フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL08-18-2021
332ジェイク・クロネンワースJake CronenworthSDP07-16-2021
331トレイ・ターナーTrea TurnerWSH06-30-2021
330キャバン・ビジオCavan BiggioTOR09-17-2019
329ジョナサン・ビヤーJonathan VillarBAL08-05-2019
328トレイ・ターナーTrea TurnerWSH07-23-2019
327ジェイク・バウアーズJake BauersCLE06-14-2019
326大谷翔平Shohei OhtaniLAA06-13-2019
325ホルヘ・ポランコJorge PolancoMIN04-05-2019
324ブロック・ホルトBrock HoltBOS10-08-2018
323チャーリー・ブロックモンCharlie BlackmonCOL09-30-2018
322クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL09-17-2018
321クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL08-29-2018
320ムーキー・ベッツMookie BettsBOS08-09-2018
319ホセ・アブレイユJose AbreuCWS09-09-2017
318エバン・ロンゴリアEvan LongoriaTBR08-01-2017
317コディー・ベリンジャーCody BellingerLAD07-15-2017
316ノーラン・アレナドNolan ArenadoCOL06-18-2017
315カルロス・ゴメスCarlos GomezTEX04-29-2017
314トレイ・ターナーTrea TurnerWSH04-25-2017
313ウィル・マイヤーズWil MyersSDP04-10-2017
312ジョン・ジェイソJohn JasoPIT09-28-2016
311ラージャイ・デービスRajai DavisCLE07-02-2016
310フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL06-15-2016
309マット・ケンプMatt KempSDP08-14-2015
308エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-03-2015
307チェ・シンスShin-Soo ChooTEX07-21-2015
306ブロック・ホルトBrock HoltBOS06-16-2015
305マイケル・カダイヤーMichael CuddyerCOL08-17-2014
304アレックス・リオスAlex RiosTEX09-23-2013
303ブランドン・バーンズBrandon BarnesHOU07-19-2013
302マイク・トラウトMike TroutLAA05-21-2013
301エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-24-2012
300アーロン・ヒルAaron HillARI06-29-2012
299アーロン・ヒルAaron HillARI06-18-2012
298スコット・ヘアストンScott HairstonNYM04-27-2012
297パブロ・サンドバルPablo SandovalSFG09-15-2011
296ジョージ・コターレスGeorge KottarasMIL09-03-2011
295カルロス・ゴンザレスCarlos GonzalezCOL07-31-2010
294ケリー・ジョンソンKelly JohnsonARI07-23-2010
293ベンジー・モリーナBengie MolinaTEX07-16-2010
292ジョディ・ゲラットJody GerutMIL05-08-2010

TDLでアトランタへ

 今季、非常に翻弄されたエディー・ロザリオ。コロナ禍が影響したのか、ツインズがコスト削減を実施。調停でサラリーが上がるであろう、エディー・ロザリオをピックアップし、まずはアウトライトへ。そして結局、ノンテンダーを出しました。

 2019年はMVP投票の18位に、そして2020年にもMVP投票の17位に入った、いわば仕事の出来る選手に対して、厳しい決断をしました。

 そしてスプリング・トレーニングが迫っていた1月29日に、FAとしてインディアンスと1年/$8Mで合意。

 インディアンスでは78試合に出場し、打率.254、OBP .296、SLG .389、HR7、RBI46をマーク。ロザリオにすれば物足りない数字でしたね。

 そして、トレードデッドラインで、パブロ・サンドバルとのトレードでブレーブスへ。

 ブレーブス移籍後は、19試合で、打率.320、OBP .375、SLG .740、OPS 1.115と当たっています。ブレーブスはマーセル・オズーナが妻へのDVで出場できなくなりましたから、その穴を埋める活躍を見せています。

 さて、ゲームの方はブレーブスが3-0で勝利。マックス・フリードがジャイアンツ打線に対し、7イニング、3ヒッター、スコアレスという素晴らしい投球を見せ、このシリーズに一矢報いました。

 ブレーブスは現地2021年9月19日時点で、77勝70敗。フィリーズに追い上げられており、残り試合15に対し、マジックは13。ほぼないような状態ですね。

 ロザリオの活躍が今後の戦いにも影響してきそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました