スポンサーリンク

【MLB HOF(野球殿堂) 2018】チッパー、ゲレロ、トーミ、ホフマンが殿堂入り!

現地2018年1月24日、BBWA(全米野球記者協会)の投票により2018年のHall of Fame(野球殿堂)入りとなった選手が発表されました。

チッパー・ジョーンズ、ウラディミール・ゲレロ、ジム・トーミ、トレバー・ホフマンの4氏です。

Congratulations!

【HOFの決め方】

【MLB用語集】HOF(Hall of Fame)「野球殿堂」の投票
MLBのHOF(Hall of Fame)「野球殿堂」の投票について解説
  • 得票率が75%以上を得た選手が晴れて殿堂入りとなる
  • この際、得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる(^_^;)
  • 得票率が5%から74%の間で、その年に選ばれなかった候補者は次年度の審査・選考に持ち越される。
  • 持ち越しは最大10年(2014年にルール改正。それまでは15年だった)。11年目からはリストに名前がなくなる。

投票結果

投票結果は以下のような数字になりました。75%以上でHOF入りです。

  • チッパー・ジョーンズ:97.2%
  • ウラディミール・ゲレロ:92.9%
  • ジム・トーミ:89.8%
  • トレバー・ホフマン:79.9%。

禁止薬物使用により賛否が問われているバリー・ボンズは56.4%、ロジャー・クレメンスは57.3%を獲得しています。彼らの訴えにより毎年少しずつ票が伸びているように思います。

チッパー・ジョーンズ

チッパー・ジョーンズはブレーブス一筋でメジャー通算19年。通算成績が、打率が.303、HR 468、安打数 2726、打点1623。オールスター8度出場、MVP1度、シルバースラッガー賞2度受賞。なんと言ってもインパクトがあったのは2008年の打率.364ですね。

ウラディミール・ゲレロ

ウラディミール・ゲレロは1996年から2011年まで通算16年在籍。通算成績は、安打数2590、打率.318、HR 449、打点1496。オールスター出場が9度、MVPが1度(2004年)、シルバースラッガー賞を8度受賞。通算打率はチッパーより上だったんですね!この人はなんと言ってもすごい肩でした。守備での評価も非常に高いです。

ジム・トーミ

ジム・トーミは1991年から2012年まで22年間MLBでプレー。通算成績は、打率が.276、HR 612、打点1699、安打2388。オールスター出場5度、シルバースラッガー賞1度受賞。2003年に47本でHRタイトルを獲りました。612本のホームランは歴代8位の成績。左打席でのパワフルなスイングが印象的なスラッガーです。

トレバー・ホフマン

トレバー・ホフマンは1993年から2010年までメジャーで登板。通算の成績は、登板試合数が1035、601セーブ、61勝75敗、2.87ERA。オールスター出場7度、セーブのタイトルを2度受賞。鉄腕ですね。

90年代に活躍した選手が今回の受賞でした。ファンとしても馴染み深い面々です。

2018 Voting Result

Baseball Writers Table
RkNameYoBVotes%voteYrsWARWAR7
1y Chipper Jones1st41097.2%1985.246.8
2y Vladimir Guerrero2nd39292.9%1659.441.2
3y Jim Thome1st37989.8%2272.941.5
4y Trevor Hoffman3rd33779.9%1828.019.4
5y Edgar Martinez9th29770.4%1868.443.7
6y Mike Mussina5th26863.5%1883.044.6
7y Roger Clemens6th24257.3%24139.666.0
8y Barry Bonds6th23856.4%22162.872.7
9y Curt Schilling6th21651.2%2079.648.7
10y Omar Vizquel1st15637.0%2445.626.8
11y Larry Walker8th14434.1%1772.744.7
12y Fred McGriff9th9823.2%1952.636.0
13y Manny Ramirez2nd9322.0%1969.440.0
14y Jeff Kent5th6114.5%1755.435.7
15y Gary Sheffield4th4711.1%2260.538.0
16y Billy Wagner3rd4711.1%1627.719.8
17y Scott Rolen1st4310.2%1770.243.7
18y Sammy Sosa6th337.8%1858.643.8
19y Andruw Jones1st317.3%1762.846.5
20y X-Johan Santana1st102.4%1251.645.0
21y X-Jamie Moyer1st102.4%2549.932.9
22y X-Johnny Damon1st81.9%1856.433.0
23y X-Hideki Matsui1st40.9%1021.221.3
24y X-Chris Carpenter1st20.5%1534.129.4
25y X-Kerry Wood1st20.5%1427.624.9
26y X-Carlos Lee1st10.2%1428.323.3
27y X-Livan Hernandez1st10.2%1730.227.5
28y X-Brad Lidge1st00.0%117.912.1
29y X-Kevin Millwood1st00.0%1629.824.9
30y X-Aubrey Huff1st00.0%1320.422.6
31y X-Jason Isringhausen1st00.0%1613.012.0
32y X-Orlando Hudson1st00.0%1130.927.3
33y X-Carlos Zambrano1st00.0%1244.038.4

松井秀喜選手、HOFから漏れる

「得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる」というルールから、上の投票結果の20以下の選手は今回でチャンスが無くなりました。

ヨハン・サンタナ、ジョニー・デーモンなどと並んで松井秀喜選手も入ってしまいました。残念。

その他、ケリー・ウッド、カルロス・リー、カルロス・ザンブラーノも今回限りでチャンスが無くなりました。残念。

読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました