スポンサーリンク

【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出

2023年野球殿堂(HOF: Hall of Fame)結果

 現地2023年1月24日、2023年のHall of Fame(HOF:野球殿堂)の投票が行われ、フィリーズ、カージナルスでプレーしたスコット・ローレン( Scott Rolen )が6度目の投票資格で見事に殿堂入りとなりました。

【YOUTUBE】Hot Corner Hall of Famer: Scott Rolen Highlights | St. Louis Cardinals

 2023年に殿堂入りとなったのはスコット・ローレンと、2022年12月の野球殿堂入り委員会(Era Committee)で選ばれたフレッド・マグリフ(Fred McGriff)の2名となります。

資格選手、投票方法

 野球殿堂の投票はBBWAA(全米野球記者協会)に所属する記者によって投票され、現役を10年以上重ね、引退後5年が経過した選手が対象。

 殿堂入りとなるには、

  • 得票率が75%以上を得た選手が晴れて殿堂入りとなる
  • この際、得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる
  • 得票率が5%から74%の間で、その年に選ばれなかった候補者は次年度の審査・選考に持ち越される。
  • 持ち越しは最大10年(2014年にルール改正。それまでは15年だった)。11年目からはリストに名前がなくなる。

 詳細は下記の記事をご覧ください。

投票結果

 現地2023年1月24日に行われた投票の結果です。

Player得票数得票率 %投票回数
スコット・ローレン(Scott Rolen)29776.30%6th
トッド・ヘルトン(Todd Helton)28172.20%5th
ビリー・ワグナー(Billy Wagner)26568.10%8th
アンドリュー・ジョーンズ(Andruw Jones)22658.10%6th
ゲイリー・シェフィールド(Gary Sheffield)21455%9th
カルロス・ベルトラン(Carlos Beltran)18146.50%1st
ジェフ・ケント(Jeff Kent)18146.50%10th
アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)13935.70%2nd
マニー・ラミレス(Manny Ramirez)12933.20%7th
オマール・ビスケル(Omar Vizquel)7619.50%6th
アンディー・ペティット(Andy Pettitte)6617%5th
ボビー・アブレイユ(Bobby Abreu)6015.40%4th
ジミー・ロリンズ(Jimmy Rollins)5012.90%2nd
マーク・バーリー(Mark Buehrle)4210.80%3rd
フランシスコ・ロドリゲス(Francisco Rodriguez)4210.80%1st
トリイ・ハンター(Torii Hunter)276.90%3rd
ブロンソン・アローヨ(Bronson Arroyo)10.30%1st
R. A. ディッキー(R.A. Dickey)10.30%1st
ジョン・ラッキー(John Lackey)10.30%1st
マイク・ナポリ(Mike Napoli)10.30%1st
ヒューストン・ストリート(Huston Street)10.30%1st
マット・ケイン(Matt Cain)00%1st
ジャコビー・エルズベリー(Jacoby Ellsbury)00%1st
アンドレ・イーシア(Andre Ethier)00%1st
J.J.ハーディー(J.J. Hardy)00%1st
ジョニー・ペラルタ(Jhonny Peralta)00%1st
ジャレッド・ウィーバー(Jered Weaver)00%1st
ジェイソン・ワース(Jayson Werth)00%1st
2023 HOF Voting Results

 トッド・ヘルトンはわずかに75%に届かず、次回の投票に持ち越しとなりました。10度目の投票となったジェフ・ケントは、46.5%でこちらも届かず。一旦はお預けとなり、今後マグリフのように殿堂入りとなる可能性は残っています。

 初年度で大きく入ってきたのがカルロス・ベルトラン。サイン・スティーリングの問題で、どうなるか?と思いましたが、記者たちはむしろ影響は薄いと考えたようです。初年度ではK・ロッドことフランシスコ・ロドリゲスもなかなかの得票です。

 しかし、トリイ・ハンターが伸びませんね。

 なお、青文字の選手は5%に満たなかったということで次回からは投票の対象ではなくなります。

スコット・ローレンの実績

 スコット・ローレンの実績を簡単に。

  • MLB 通算 17シーズン
    • フィリーズ:1996-2002前半
    • カージナルス: 2002-2007
    • ブルージェイズ:2008後半 – 2009
    • レッズ:2009-2012
  • 通算成績
    • 2077 安打/ 316 HR/1287 RBI /118 SB/ 1211 RUN
    • 打率.281、OBP .364、SLG .490、OPS .855、OPS+ 122
    • rWAR: 70.1
  • 1997 NL ROY(Rookie of the Year)
  • NL オールスター出場:7度 (2002-2006, 2010 & 2011)
  • NL ゴールドグラブ賞受賞:8度 (1998, 2000-2004, 2006 & 2010)
  • NL シルバー・スラッガー賞受賞:1度 (2002)
  • 20HR以上のシーズン: 10度 (1997-2004, 2006 & 2010)
  • 30HR上のシーズン: 3度 (1998, 2002 & 2004)
  • 100 RBI 以上のシーズン: 5度 (1998 & 2001-2004)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 2 度(1998 & 2004)
  • ワールドシリーズ制覇(2006 STL)

フレッド・マグリフ

 フレッド・マグリフは2022年12月に行われたEra Committeeによる投票で16票を集め、殿堂入りを果たしました。

 なお、この時のERA COMMITEEではヤンキースのドン・マッティングリー氏が8票、カート・シリングが7票を獲得。しかし、選出に必要な12票には届きませんでした。ブレーブスで2度のMVPを獲得したデール・マーフィーは6票を獲得しています。

 なお、ERA COMMITTEの対象となったMVP7度受賞のバリー・ボンズとサイヤング賞を7度受賞したロジャー・クレメンスは、4票以上を集めることができませんでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【WBC2023準決勝】日本、メキシコとのラリーを制し、9回裏に劇的サヨナラ勝ち!USAとの決勝へ
【WBC2023準々決勝】アメリカ、敗色濃厚からトレイ・ターナーのグランドスラムで逆転勝ち
【WBC2023準々決勝】メキシコ、0−4から逆転で準決勝へ!アロウザリナ、パレデスが活躍
【MLB Pre2023】メッツ・千賀投手、順調にチューンナップ中!けが人続出で増々期待が高まる!
【WBC2023】侍ジャパン、大谷 & ダルビッシュの登板でイタリアに快勝!準決勝の地、マイアミへ
【WBC2023】”歓喜一転”プエルトリコ、E・ディアスが右膝を負傷!ドミニカ共和国は敗退へ(追記あり)
【MLB2023】ホセ・キンタナ(メッツ)が肋骨移植術で開幕アウト。復帰は7月以降に。
【WBC2023】プエルトリコが8イニング、コンバインド・パーフェクトを達成!
【FA 2023】横浜DeNAベイスターズがトレバー・バウアーと1年で合意。ここまでの経緯も
【WBC2023】大谷が先制3ランHR!侍ジャパンがPool Bを1位通過して準々決勝進出決定(追記あり)
【WBC2023】大注目のドミニカ共和国@ベネズエラ戦は、5-1でベネズエラが勝利
【WBC2023】佐々木投手、160km連発!侍ジャパン、中盤にチェコ投手陣を捉えて3勝目!
【MLB Pre2023】レンジャー・スアレスとアンドリュー・ペインターが前腕部を傷める!しかし、フィリーズは楽観視
【WBC2023】先取点を奪われスイッチオン!侍ジャパンが波状攻撃で2勝目(KOR@JPN)
【MLB移籍2023】マーリンズ、ホセ・イグレシアスとユリ・グリエルと合意
【MLB Pre2023】カルロス・ロドンが前腕部を傷め、開幕をILで迎えることが決定
【WBC2023】大谷、ヌートバーが躍動し、侍ジャパンがまず1勝!
【MLB Pre2023】5番目のOF、ジョー・アデル、勝負のシーズンに向け2安打を放つ
【MLB Pre2023】レッドソックスのジャスティン・ターナーが顔面に死球を受け病院へ
【MLB 2023】ロッキーズ、マイク・ムスターカスとブラッド・ハンドを獲得!
【MLB 2023】レンジャーズ、ウィル・スミスと1年でサイン
【WBC2023】V・ゲレロ・Jr.が右膝の故障でWBCを欠場。気になるドミニカ共和国のロスターも
【MLB Pre2023】カブス、7人の投手でコンバインド・ノーヒッターを達成
【MLB2023】ゴールド・グラバーのブレンダン・ロジャース、左肩脱臼でシーズンエンディングの危機
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、ジャッキー・ブラッドリー・Jr.を獲得!
【MLB 2023】ギャビン・ラックスをシーズン・エンディングの怪我で欠くことになったドジャースのSSは?
【MLB移籍2023】パドレス、ルーグネッド・オドーアをマイナー・ディールで獲得
【MLB Pre2023】腹斜筋を傷めたタイラー・グラスノーが開幕アウトに
【MLB 2023】パドレスとマニー・マチャードが11年/350Mドルの契約延長へ!
【MLB2023】ブルージェイズの100マイル右腕、ネイト・ピアソンはリリーバーとして稼働予定
タイトルとURLをコピーしました