【MLBアーカイブ】20年前の1998年5月6日はケリー・ウッドが20Kを上げた日

良いなと思ったらシェアお願いします

20年前の1998年5月6日は、シカゴ・カブスのケリー・ウッドがアストロズを相手に20奪三振を記録した日です!

もう20年も経つんですね!! 早いです。

この日のケリー・ウッドは9回122球、被安打1、無失点、奪三振20、与四球0。

対戦ログを上げるとこのような感じでした。ビジオ、バグウェルがいる打線を相手に素晴らしいピッチングでした。

Wednesday, May 6, 1998

Attendance: 15,758
Venue: Wrigley Field
Game Duration: 2:19

Inn Pit
(cnt)
Batter Play Description
Top of the 1st, Astros Batting, Tied 0-0, Cubs’ Kerry Wood facing 1-2-3
t1 5,(2-2) Craig Biggio Strikeout Swinging
t1 4,(0-2) Derek Bell Strikeout Swinging
t1 5,(2-2) Jeff Bagwell Strikeout Looking
Top of the 2nd, Astros Batting, Tied 0-0, Cubs’ Kerry Wood facing 4-5-6
t2 4,(1-2) Jack Howell Strikeout Swinging
t2 4,(1-2) Moises Alou Strikeout Swinging
t2 2,(1-0) Dave Clark Flyball: CF
Top of the 3rd, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 7-8-9
t3 5,(1-2) Ricky Gutierrez Single to 3B (Ground Ball to Deep SS-3B Hole)
t3 7,(3-2) Brad Ausmus Strikeout Swinging
t3 1,(0-0) Shane Reynolds Bunt Groundout: 1B-2B/Sacrifice; Gutierrez to 2B
t3 1,(0-0) Craig Biggio Balk; Gutierrez to 3B
t3 3,(1-1) Craig Biggio Groundout: SS-1B
Top of the 4th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 2-3-4
t4 5,(2-2) Derek Bell Flyball: RF (Short RF Line)
t4 6,(3-2) Jeff Bagwell Strikeout Looking
t4 5,(2-2) Jack Howell Strikeout Looking
Top of the 5th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 5-6-7
t5 3,(0-2) Moises Alou Strikeout Looking
t5 3,(0-2) Dave Clark Strikeout Looking
t5 6,(2-2) Ricky Gutierrez Strikeout Looking
Top of the 6th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 8-9-1
t6 5,(2-2) Brad Ausmus Groundout: 2B-1B
t6 3,(0-2) Shane Reynolds Strikeout Looking
t6 4,(1-2) Craig Biggio Hit By Pitch
t6 1,(0-0) Derek Bell Foul Popfly: 1B
Top of the 7th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 3-4-5
t7 6,(3-2) Jeff Bagwell Strikeout Swinging
t7 6,(3-2) Jack Howell Strikeout Swinging
t7 4,(1-2) Moises Alou Strikeout Swinging
Top of the 8th, Astros Batting, Behind 0-1, Cubs’ Kerry Wood facing 6-7-8
t8 7,(3-2) Dave Clark Strikeout Swinging
t8 3,(0-2) Ricky Gutierrez Strikeout Swinging
t8 3,(0-2) Brad Ausmus Strikeout Looking
Top of the 9th, Astros Batting, Behind 0-2, Cubs’ Kerry Wood facing 9-1-2
t9 6,(1-2) Bill Spiers Strikeout Swinging
t9 2,(1-0) Craig Biggio Groundout: SS-1B
t9 4,(1-2) Derek Bell Strikeout Swinging

20個の三振をまとめた動画はこちらです↓。

アリソン・フーターさんという女性記者が書いているのですが、その日のゲームの活躍の指標を示すゲームスコアというのが各選手につけられるのですが、特に先発投手には顕著にスコアがつきます。

なんとこの日のケリー・ウッドのピッチングはここ100年間で1番のスコアです。

1908年から2018年までの100年間に行われた9イニング・ゲームでのゲームスコア

Results
Rk Player Dat
e
Opp H R BB SO GSc
1 Kerry Wood 1998-05-06 HOU 1 0 0 20 105
2 Max Scherzer 2015-10-03 (2) NYM 0 0 0 17 104
3 Clayton Kershaw 2014-06-18 COL 0 0 0 15 102
4 Matt Cain 2012-06-13 HOU 0 0 0 14 101
5 Nolan Ryan 1991-05-01 TOR 0 0 2 16 101
6 Sandy Koufax 1965-09-09 CHC 0 0 0 14 101
7 Nap Rucker 1908-09-05 (2) BSN 0 0 0 14 101
8 Gerrit Cole 2018-05-04 ARI 1 0 1 16 100
9 Max Scherzer 2015-06-14 MIL 1 0 1 16 100
10 Brandon Morrow 2010-08-08 TBR 1 0 2 17 100

Provided by Baseball-Reference.com:

Game Score formula (created by Bill James)

Start with 50 points
Add 1 point for each out recorded (or 3 points per inning)
Add 2 points for each inning completed after the fourth
Add 1 additional point for every strikeout
Remove 2 points for each hit allowed
Remove 4 points for each earned run allowed
Remove 2 points for each unearned run allowed
Remove 1 point for each walk allowed

いかにインパクトのあったゲームかがわかりますね。

ケリー・ウッドですが、ルーキーイヤーのこの年に13勝6敗でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。しかし、翌年にはトミー・ジョン手術を受けることに。

その後、2001年から3年連続で二桁勝利を上げるも、その後は故障に泣かされました。2012年に現役引退。35才でした。

通算86勝75敗。キャリアを通じて奪三振率は高く、SO9(9回まで投げたとしていくつ三振を取るか)は二桁の10.3。比較対象としてはふさわしくないかもしれませんが、ノーラン・ライアンの9.5を上回る数字(投球回数が違い過ぎますね)。

そのケリー・ウッドが日本時間2018年5月7日のゲームでファースト・ピッチを担当します!

同じ日、大谷翔平投手はフェリックス・ヘルナンデスと投げあいます。

両方楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

Amazon タイムセール

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!