スポンサーリンク

【MLB2018】20年前の1998年5月6日はカブスのケリー・ウッドが20奪三振を達成した日

ケリー・ウッドの「伝説の試合」

 20年前の1998年5月6日。この日は一つの伝説が生まれた日でした。

 シカゴ・カブスの先発投手、ケリー・ウッドがアストロズ打線を相手に20奪三振を記録した日です!

 もう20年も経つんですね!! 早いです。

20奪三振を上げた日

 ケリー・ウッドはクレイグ・ビジオ、ジェフ・バグウェルがいるアストロズ打線を相手に9イニング、122球を投げて、被安打1、無失点、奪三振20、与四球0の快投を演じました。

 まさに伝説の日。

ゲーム内容

 特筆すべきはゲーム時間がなんと高校野球並みの2時間19分だったことです。これは20奪三振に隠れて案外見落としがちなポイントかもしれません。

  • Wednesday, May 6, 1998
  • 観衆: 15,758
  • @リグレー・フィールド
  • ゲーム時間: 2時間19 分
Houston Astros at Chicago Cubs Box Score, May 6, 1998 | Baseball-Reference.com
Chicago Cubs beat Houston Astros (2-0). May 6, 1998, Attendance: 15758, Time of Game: 2:19. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by-pl...

20個の三振をまとめた動画はこちらです↓。

ここ100年で1番のピッチング(2018年まで)

 アリソン・フーター(Alyson Footer)さんという女性記者が書いているのですが、その日のゲームの活躍の指標を示すゲームスコアというのが各選手につけられるのですが、特に先発投手には顕著にスコアがつきます。

 スコア50からスターとして様々な要素を足し引きするというもの。下記は50ポイントからのスタートですが、40ポイントからスタートする更新版もあります。

Game Score formula (created by Bill James)

Start with 50 points
Add 1 point for each out recorded (or 3 points per inning)
Add 2 points for each inning completed after the fourth
Add 1 additional point for every strikeout
Remove 2 points for each hit allowed
Remove 4 points for each earned run allowed
Remove 2 points for each unearned run allowed
Remove 1 point for each walk allowed

 なんとこの日のケリー・ウッドのピッチングはここ100年間で1番のスコアを示す105をマーク(2018年当時)。

 50スタートですからそこから足し引きして平均で50程度と言われています。

 ケリー・ウッドのこの日のスコアはもう飛び抜けているということに。

 1908年から2018年までの100年間に行われた9イニング・ゲームでのゲームスコアの上位はこちら。

RankPitcherDatevsHRBBSOGame Score
1Kerry Wood1998-05-06HOU10020105
2Max Scherzer2015-10-03 (2)NYM00017104
3Clayton Kershaw2014-06-18COL00015102
4Matt Cain2012-06-13HOU00014101
5Nolan Ryan1991-05-01TOR00216101
6Sandy Koufax1965-09-09CHC00014101
7Nap Rucker1908-09-05 (2)BSN00014101
8Gerrit Cole2018-05-04ARI10116100
9Max Scherzer2015-06-14MIL10116100
10Brandon Morrow2010-08-08TBR10217100

 いかにインパクトのあったゲームかがわかりますね。

その後のケリー・ウッド

 ケリー・ウッドですが、ルーキーイヤーのこの年に13勝6敗でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。しかし、翌年にはトミー・ジョン手術を受けることに。

その後、2001年から3年連続で二桁勝利を上げるも、その後は故障に泣かされました。2012年に現役引退。35才でした。

 通算86勝75敗。キャリアを通じて奪三振率は高く、SO9(9回まで投げたとしていくつ三振を取るか)は二桁の10.3。比較対象としてはふさわしくないかもしれませんが、ノーラン・ライアンの9.5を上回る数字(投球回数が違い過ぎますね)。

 そのケリー・ウッドが日本時間2018年5月7日のゲームでファースト・ピッチを担当します!

 同じ日、大谷翔平投手はフェリックス・ヘルナンデスと投げあいます。

 両方楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました