スポンサーリンク

【MLB2018】20年前の1998年5月6日はカブスのケリー・ウッドが20奪三振を達成した日

ケリー・ウッドの「伝説の試合」

 20年前の1998年5月6日。この日は一つの伝説が生まれた日でした。

 シカゴ・カブスの先発投手、ケリー・ウッドがアストロズ打線を相手に20奪三振を記録した日です!

 もう20年も経つんですね!! 早いです。

20奪三振を上げた日

 ケリー・ウッドはクレイグ・ビジオ、ジェフ・バグウェルがいるアストロズ打線を相手に9イニング、122球を投げて、被安打1、無失点、奪三振20、与四球0の快投を演じました。

 まさに伝説の日。

ゲーム内容

 特筆すべきはゲーム時間がなんと高校野球並みの2時間19分だったことです。これは20奪三振に隠れて案外見落としがちなポイントかもしれません。

  • Wednesday, May 6, 1998
  • 観衆: 15,758
  • @リグレー・フィールド
  • ゲーム時間: 2時間19 分
Houston Astros vs Chicago Cubs Box Score: May 6, 1998 | Baseball-Reference.com
Chicago Cubs beat Houston Astros (2-0). May 6, 1998, Attendance: 15758...

20個の三振をまとめた動画はこちらです↓。

ここ100年で1番のピッチング(2018年まで)

 アリソン・フーター(Alyson Footer)さんという女性記者が書いているのですが、その日のゲームの活躍の指標を示すゲームスコアというのが各選手につけられるのですが、特に先発投手には顕著にスコアがつきます。

 スコア50からスターとして様々な要素を足し引きするというもの。下記は50ポイントからのスタートですが、40ポイントからスタートする更新版もあります。

Game Score formula (created by Bill James)

Start with 50 points
Add 1 point for each out recorded (or 3 points per inning)
Add 2 points for each inning completed after the fourth
Add 1 additional point for every strikeout
Remove 2 points for each hit allowed
Remove 4 points for each earned run allowed
Remove 2 points for each unearned run allowed
Remove 1 point for each walk allowed

 なんとこの日のケリー・ウッドのピッチングはここ100年間で1番のスコアを示す105をマーク(2018年当時)。

 50スタートですからそこから足し引きして平均で50程度と言われています。

 ケリー・ウッドのこの日のスコアはもう飛び抜けているということに。

 1908年から2018年までの100年間に行われた9イニング・ゲームでのゲームスコアの上位はこちら。

RankPitcherDatevsHRBBSOGame Score
1Kerry Wood1998-05-06HOU10020105
2Max Scherzer2015-10-03 (2)NYM00017104
3Clayton Kershaw2014-06-18COL00015102
4Matt Cain2012-06-13HOU00014101
5Nolan Ryan1991-05-01TOR00216101
6Sandy Koufax1965-09-09CHC00014101
7Nap Rucker1908-09-05 (2)BSN00014101
8Gerrit Cole2018-05-04ARI10116100
9Max Scherzer2015-06-14MIL10116100
10Brandon Morrow2010-08-08TBR10217100

 いかにインパクトのあったゲームかがわかりますね。

その後のケリー・ウッド

 ケリー・ウッドですが、ルーキーイヤーのこの年に13勝6敗でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。しかし、翌年にはトミー・ジョン手術を受けることに。

その後、2001年から3年連続で二桁勝利を上げるも、その後は故障に泣かされました。2012年に現役引退。35才でした。

 通算86勝75敗。キャリアを通じて奪三振率は高く、SO9(9回まで投げたとしていくつ三振を取るか)は二桁の10.3。比較対象としてはふさわしくないかもしれませんが、ノーラン・ライアンの9.5を上回る数字(投球回数が違い過ぎますね)。

 そのケリー・ウッドが日本時間2018年5月7日のゲームでファースト・ピッチを担当します!

 同じ日、大谷翔平投手はフェリックス・ヘルナンデスと投げあいます。

 両方楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました