スポンサーリンク

【HOF2019】マリアーノ・リベラ、ロイ・ハラデー、エドガー・マルチネス、マイク・ムッシーナの4名が殿堂入り(追記あり)

マリアーノ・リベラが満票で殿堂入り

現地2019年1月22日、2019年のHall Of Fame(ホール・オブ・フェイム)、野球殿堂入りの投票が発表され、表題の4名が見事に殿堂入りとなりました。

Congratulations!

投票のルールなど

投票結果を記しておきたいと思います。

その前に殿堂入りとなる条件は下記に記しております。

簡単にまとめますと

  • 得票率が75%以上を得た選手が晴れて殿堂入りとなる
  • この際、得票率5%未満だった選手はその年限りで殿堂入りの機会は無くなる(^_^;)
  • 得票率が5%から74%の間で、その年に選ばれなかった候補者は次年度の審査・選考に持ち越される。
  • 持ち越しは最大10年(2014年にルール改正。それまでは15年だった)。11年目からはリストに名前がなくなる。

2019年のニューカマーの人たちは下記のリンクにまとめております。

投票結果

75%以上獲得(殿堂入り)

  • マリアーノ・リベラ(Mariano Rivera): 425 票(100%) — 初年度
  • エドガー・マルチネス(Edgar Martinez): 363票 (85.4%) — 10度目
  • マイク・ムッシーナ(Mike Mussina): 326票 (76.7%) — 6度目

74%〜5%(持ち越し)

  • カート・シリング: 259票 (60.9%) — 6度目
  • ロジャー・クレメンス: 253票 (59.5%) — 7度目
  • バリー・ボンズ: 251票 (59.1%) — 7度目
  • ラリー・ウォーカー: 232票 (54.6%) — 9度目
  • オマール・ビスケル: 182票 (42.8%) — 2度目
  • フレッド・マグリフ: 169票 (39.8%) — 10度目(ラスト)
  • マニー・ラミレス: 97票 (22.8%) — 3度目
  • ジェフ・ケント: 77票 (18.1%) — 6度目
  • ビリー・ワグナー: 71票 (16.7%) — 4度目
  • トッド・ヘルトン: 70票 (16.5%) — 初年度
  • スコット・ローレン: 73票 (17.2%) — 2度目
  • ゲイリー・シェフィールド: 58票 (13.6%) — 5度目
  • アンディー・ペティット: 42票 (9.9%) — 初年度
  • サミー・ソーサ: 36票 (8.5%) — 7度目
  • アンドリュー・ジョーンズ: 32票 (7.5%) — 2度目

5%以下(今後投票にかけられない)

  • マイケル・ヤング: 9票 (2.1%) — 初年度
  • ラリー・バークマン: 5票 (1.2%) –初年度
  • ミゲル・テハダ: 5票 (1.2%) — 初年度
  • ロイ・オズワルド: 4票 (0.9) — 初年度
  • プラシード・ポランコ: 2票 (0.5) — 初年度
  • リック・アンキール: 0票 –初年度
  • ジェイソン・ベイ: 0票 –初年度
  • フレディ・ガルシア: 0票 –初年度
  • ジョン・ガーランド: 0票 –初年度
  • トラビス・ハフナー: 0票 –初年度
  • テッド・リリー: 0票 –初年度
  • デレク・ロウ: 0票 –初年度
  • ダレン・オリバー: 0票 –初年度
  • フアン・ピエール: 0票 –初年度
  • ヴァーノン・ウェルズ: 0票 –初年度
  • ケビン・ユーキリス: 0票 –初年度

殿堂入りとはやはり重い

75%以上獲得の選手

もうマリアーノ・リベラは文句なしですね。よくぞ自己主張の強いひねくれ者がいなかったものだと思います。よかったです。

エドガー・マルチネスは2018年の投票で70.4%であと一步のところで殿堂入りを逃しておりました。マイク・ムッシーナも63.5%の獲得であと一步のところで殿堂入りになれずにおりました。

2018 HOF Vallot (Baseball Reference.com)

持ち越しの人たち

守備の達人のオマール・ビスケルが48%を獲得しております。なんとかHOFに入ってもらいたいです。

5%以下の人の中に

マイケル・ヤング、ロイ・オズワルド、ケビン・ユーキリスが初年度で落ちてしまいましたね。

さすがに殿堂となるとどうかとは思ったものの、数年は持ち越しになると思っていただけにちょっと残念。

クレメンスとボンズ

禁止薬物の問題でかなり拒絶感の強かったボンズとクレメンスですが、毎年その拒否感が薄らいでいるように思います。10年かけて入れるつもりではないかと予想します。

禁止薬物は反則ですから、事実なら入れるべきではないですね。

追記:2019年7月22日

現地2019年7月21日、選ばれた4名のHOF入りのセレモニーが行われました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました